J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    W杯

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2017/05/20(土) 12:09:19.50 ID:CAP_USER9
    「2017 FIFA U-20ワールドカップ」が5月20日から開催地の韓国で開幕する。

     5大会ぶりに出場を決めたU-20日本代表は、グループステージでは、南アフリカ、ウルグアイ、イタリアと対戦。試合はフジテレビのCS、BSチャンネルでテレビ放送される。放送日程は次のとおり。

    ●南アフリカvs日本
    5月21日(日)16:50~19:00 フジテレビNEXT[LIVE]
    5月21日(日)16:56~19:00 BSフジ[LIVE]

    ●ウルグアイvs日本
    5月24日(水)19:50~22:10 フジテレビONE[LIVE]
    5月24日(水)23:00~25:00 BSフジ[録画]

    ●日本vsイタリア
    5月27日(土)19:50~22:10 フジテレビTWO[LIVE]
    5月27日(土)19:55~22:10 BSフジ[LIVE]

    2017.05.16サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20170516/588058.html

    韓国開催のU-20ワールドカップが5月20日についに開幕する。今大会はブラジルとスペインが予選で敗れて不在ながら、フランスやドイツ、イタリア、アルゼンチンなど列強を軸に激戦は必至だろう。はたして韓国の地で、いかなるドラマが繰り広げられるのか。注目ポイントを絞って大会を展望する。

    60db9b87-s

    【<U-20W杯>日本代表戦、フジテレビCS、BSで生放送!日本は激戦区で茨の道が待っている!?】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/19(金) 18:46:47.02 ID:CAP_USER9
     親善試合シリア戦(6月7日、味スタ)、W杯アジア最終予選イラク戦(6月13日、テヘラン)に臨む日本代表メンバーが25日に発表されることが決まった。

     通常は23人前後を招集するが、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は「次回のリストは人数を増やすかもしれない。手もとに呼んでプレーできるかを見極めたい」と枠を拡大する方針を示している。左足小指骨折からの復帰を目指す今野(G大阪)らケガ人や、所属クラブで出場機会のない本田(ACミラン)ら欧州組の状態が不透明なため、事前合宿でコンディションを確認する狙いがある。

     イラク戦の会場となるシャヒード・ダストゲルディ・スタジアムはピッチ状態が悪いことが予想されるため、指揮官は「会場に関して心配なところがある。グラウンドは良い状態を期待しない方がいいかもしれない。グラウンドに合わせた部分の戦略も出てくる。悪いグラウンドでも戦える選手を考えないといけない」と攻撃オプションとして空中戦で力を発揮するタイプの選手を招集する可能性も示唆している。

     28日からはシーズンを終えた欧州組による国内合宿を予定。国内組の合流は6月4日のJリーグ第14節後になるため、シリア戦は欧州組中心のメンバー構成となる見通しだ。

    スポニチアネックス 5/19(金) 18:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000131-spnannex-socc

    1444360419

    【<ハリルJ>W杯アジア最終予選イラク戦、25日メンバー発表!「悪いグラウンドでも戦える選手」招集】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/19(金) 17:06:16.90 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3128790?act=all

    【5月19日 AFP】カタールの首都ドーハ(Doha)で19日、2022年のサッカーW杯(2022 World Cup)で会場となるスタジアム第1号がお披露目される。冷房完備の「ハリーファ国際スタジアム(Khalifa International Stadium)」だ。

     1976年に建設された同スタジアムは、W杯招致に当たって改修が行われ、最大4万人収容の施設に生まれ変わった。新設された冷房システムは、1キロ程離れた施設からパイプを通してスタジアムに冷水を送り、この水で冷やした風を約500か所の送風口から噴き出す仕組みで、客席の気温を23度に保つ。

     冷房システムを監督するカタール大学(Qatar University)のサウド・ガニ(Saud Ghani)教授は、「冷房完備の開放型スタジアムは世界に類を見ない」と述べ、世界初の設備だとたたえた。他の冷房設備と比べて最大40%のエネルギー節約になるという。

     ただ、皮肉なことに2022年W杯の開催時期は冬季の11月~12月に変更されたため、観戦客がこの冷房システムを体感する機会はないかもしれない。(c)AFP/David HARDING

    2017/05/19 14:09(ドーハ/カタール)

    公開されたカタール・ドーハの「ハリーファ国際スタジアム」(2017年5月18日撮影)。(c)AFP/KARIM JAAFAR
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/d/-/img_9df4b655c7174e13c9eb43f5606f6c24238629.jpg

    img_9df4b655c7174e13c9eb43f5606f6c24238629

    【 冷房完備のW杯スタジアムお披露目、カタール】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/19(金) 08:46:40.95 ID:CAP_USER9
    FIFA U-20W杯が5月20日から韓国で開催される。2007年のカナダ大会以来、10年ぶりの出場となるU-20日本代表は、予選グループで5月21日に南アフリカ、同24日にウルグアイ、同27日にイタリアと対戦する。

     U-20日本代表が再びこの大会に出場できた要因は、選手たちのポテンシャルの高さもあるが、20歳以下の選手たちが高いレベルで試合ができる環境を日本サッカー界が整えたことにもある。
     
     20歳以下の選手が実力を伸ばすには、試合を数多くこなす必要がある。練習してきたことを試合で試し、反省材料を得て再びトレーニングに取り組み、次の試合に臨む。このサイクルを繰り返すことで若い選手たちは成長していく。

     2009年まで実施されていたJサテライトリーグは、トップチームで試合に出場することが難しい若い選手の実戦経験の場として存在したものの、実情は練習試合と変わらない状況にあり、真剣勝負には程遠かった。そこで、Jリーグは2014年からJ3リーグに「Jリーグ・U-22選抜チーム」を作り、2016年シーズンからはJ1・J2クラブ単位の「U-23チーム」がJ3リーグに参戦できるようにした。こうした若手育成のための改革が、今回のU-20代表で結実したといえる。

     U-20W杯に臨むメンバーの中で、最も注目されるのが久保建英(たけふさ)であることは間違いない。6月4日に16歳になる高校1年生は、まだ体が小さいこともあって、体格差がある海外選手との対戦で故障することを心配する声もある。だが、久保がJ1デビューを飾ったルヴァンカップの札幌戦を見た限りでは、それは杞憂だと感じている。

     確かに体はまだ小さい。体の大きな選手と正面衝突でぶつかればケガをすることもあるかもしれないが、久保は状況を把握する能力が高く、判断力も優れているため、そもそも相手選手と正面からぶつかる状況を作らない。元バルセロナのMFシャビが試合中、常に首を振って戦況を確認していたように、久保も絶えず首を振って周囲を確認する。このあたりが、10歳からバルセロナの下部組織で育ってきた彼の特長だ。だからこそ、どんな局面であっても質の高いボールテクニックやボディバランスを発揮できるのだろう。

     久保ばかりに話題がいきがちだが、今回のメンバーはレベルの高い選手が揃っている。守備陣に目を向けると、CBの中山雄太(柏)は昨シーズンからトップチームのレギュラーとして活躍しており、ボランチにも高卒1年目の昨シーズンから新潟でスタメンを張る原輝綺がいる。チームの中核をなすポジションに、J1での実戦経験が豊かな選手がいることは大きい。この大会でいい経験を積めば、両選手とも将来はA代表に名を連ねる可能性はかなり高くなるだろう。

    つづく

    webスポルティーバ 5/19(金) 8:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170519-00010001-sportiva-socc

    REDS-95-96-MIZUNO-home-red-white-black

    【新・黄金世代になれる! 福田正博も期待するU-20W杯代表】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/19(金) 09:40:23.17 ID:CAP_USER9
     【No Ball,No Life】

     9日に行われた国際サッカー連盟(FIFA)の理事会で、出場チームが現行の32から48へと拡大する2026年W杯の大陸別出場枠が決定した。アジアにはストレートイン枠8に加え、プレーオフ出場枠が1つ割り当てられ、最大で9チームの出場が可能となり、現状の4・5から倍増となった。

     日本は初出場だった1998年フランス大会以降、5大会連続でW杯本大会に出場しており、2018年ロシア大会の切符獲得も目前だ。すでにアジアで強豪の地位を築いた日本にとって、最大9にまで本戦出場枠が増えたアジア予選は“ぬるま湯”にも思えるが、予選開催方式次第でアジア予選の難しさは現状維持となる可能性もある。

     真っ先に考えられる不安要素は、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で採用されている東西分割案だ。決勝以外は東と西のクラブが対戦しないACL方式では、アウェー戦での移動距離が短くなり、選手の負担が軽減されるという利点がある。だが東西にそれぞれ4枠と割り振られた場合、日本は韓国、豪州、北朝鮮、中国といったW杯出場経験国に加え、タイのように今後のレベルアップが予想される東南アジア勢との戦いで4位以上をキープし続けなければならなくなる。

     日本協会の田嶋幸三会長も「そうすると本当に強い8チームが(本大会に)行くのか分からない」と安易な東西分割開催にはNOを突きつける方針だという。

     共催が認められやすくなったことも、不安材料となり得る。東南アジア4カ国共催で行われた2007年アジア杯は開催国枠が4となったため、本来なら前回大会王者として予選免除となるはずの日本が予選出場を強いられたケースがあった。

     韓国協会の鄭夢奎会長は2030年大会を日本、中国、韓国、北朝鮮の4カ国で共催しようというプランを勝手にぶち上げているという。さすがにこれが実現する可能性はかなり低いと思うが、本当に4カ国で共催したら、豪州あたりは予選で苦しむはずだ。勝手に共催仲間に組み込まれるのも迷惑な話だが、日本を含まない形でアジアで共催されると、予選は一気に厳しくなる。

     日本としてはFIFAランキング上位国はシード権を得て、最終予選のみの出場という形が理想だ。現行では日本はアジア予選を最低でも18試合も戦わなければならないが、予選期間が短くなれば欧州、南米勢との親善試合を増やせる。強豪との親善試合は強化だけでなく、日本協会の収入にも大きな影響を及ぼす。

     予選開催方式で外堀を埋められ、鄭夢奎会長の共催プランに乗らざるを得ないというのが一番怖い。“絶対に負けられない戦い”は、予選そのものではなく、開催方式を巡る外交だ。(清水公和)

    サンケイスポーツ 5/18(木) 15:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000530-sanspo-socc

    QF

    【<2026年W杯アジア予選>“絶対に負けられない戦い”は予選そのものではなく開催方式を巡る外交!】の続きを読む

    このページのトップヘ