J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    レスター

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1:  2017/12/22(金) 14:04:53.29 ID:CAP_USER9
    レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司。クロード・ピュエル新監督のもとでも再びレギュラーの座を勝ち取りつつある。

    吉田麻也との日本人対決もあった先日のサウサンプトン戦では2ゴールの活躍を見せた。

    そんななか、EA Sportsのサッカーゲーム『FIFA18』のアルティメットモード内の「Team of the Week」に…。

    ネイマールやスアレスと一緒に岡崎もいるぞ!

    FUT(アルティメットモード)での通常時の能力と比較してみる。
    ▼岡崎慎司、FIFA18での能力値比較

    総合値:77⇒81

    ペース(スピード):74⇒78

    シュート:74⇒82

    パス:69⇒77

    ドリブル:78⇒85

    ディフェンス:45⇒50

    フィジカル:75⇒80

    その能力値を詳しく見てみるとこんな感じ。

    http://qoly.jp/control/files/b2a99984-5f2f-0381-3742-6c85f3bfb1ef.view

    シュート関連値では、攻撃ポジションが90。そして、ドリブル値がなんと85に!ここでは敏捷性が90、リアクションも91と高評価。

    また、ジャンプも97という驚異的な数値になっていた(通常時は91)。

    http://qoly.jp/2017/12/22/leicester-okazaki-ea-fifa-18-totw-14-iks-1

    yjimage

    【レスター岡崎、ゲームFIFA18の「TOTW」に!能力値はこんなことに 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/31(水) 10:46:39.60 ID:CAP_USER9
    レスター・シティのMFリヤド・マフレズは、クラブに退団希望を申し出たことが明らかになった。イギリス各紙が報じている。

    2014年1月にレスターに加入し、2015-16シーズンにクラブ史上初となるプレミアリーグ優勝に貢献したマフレズだが、今夏キングパワー・スタジアムから去ることを見据えている。現在ではモナコやアーセナルが、4000万ユーロ(約49億円)の移籍金を要するアルジェリア代表MFの獲得に乗り出したと報じられている。

    マスレズは、声明で「大きな愛情と敬意をレスター・シティFCに抱いている。クラブにここを離れる時間が来たと伝えた」とレスターから退団することを希望したを認め、以下のように続けた。

    「昨夏は会長と良い決断に至り、タイトルホルダーとしてプレミアリーグとチャンピオンズリーグを戦うクラブを全力で助けるため、もう1年ここに残ることに合意した。しかし僕には大きな目標があって、次なる挑戦を始めるために動き出す時だと感じている。会長やクラブに関わる全員と素晴らしい関係性を築き、その信頼に応えられるようピッチで常に全力を尽くしてきた」

    「レスターで最高の4年間を過ごし、全ての瞬間が素晴らしいものだ。このクラブでやって来たことに大きな誇りを持っている。もちろんプレミアリーグ王者になれたことが一番だ。クラブと素晴らしいサポーターとの関係は一生の宝物になる。みんなが僕の決断を理解し、尊重してくれることを願っている」

    GOAL 5/31(水) 7:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000039-goal-socc

    GettyImages-654926870-800x517

    【<“おとぎ話”の立役者>マフレズがレスター退団へ...モナコ、アーセナルが移籍先か】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/13(土) 10:40:44.21 ID:CAP_USER9
    レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督は、来シーズンに向けてチームを抜本的に変えることはないと語った。『スカイスポーツ』が報じている。

    レスターは2016-17シーズン、優勝した昨季から一転して、苦しいシーズンを過ごした。一時は17位まで順位を落とし、2月末には“おとぎ話”の立役者であったクラウディオ・ラニエリ監督を更迭。その後、シェイクスピア監督の下で持ち直し、35試合を終えた時点で9位に付けている。来季どのような戦いを見せるのかにも注目が集まるが、指揮官は移籍市場での大きな動きは必要ないと考えているようだ。

    「最低限の補強になると考えているよ。数人の入れ替えだと予想している。過去最高額の移籍もあり得ると考えているよ。選手の立場から言ったら、プレミアリーグはプレーすべき場所。多くの選手がこのリーグに来たがるだろう」

    レスターにとって最高額の移籍金は、昨夏スポルティングからFWイスラム・スリマニを獲得した際の2800万ポンド(約41億円)となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000001-goal-socc

    グレッグ・シェイクスピア

    【レスターのシェイクスピア監督、来季の補強戦略を暗示…量より質にこだわり?】の続きを読む

    このページのトップヘ