J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    FC東京

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2018/04/24(火) 08:58:53.04 ID:CAP_USER9
    F東京のFW久保建英(16)が、日本サッカー界史上最年少でCMデビューすることが23日、分かった。日本協会関係者によると、キリンビバレッジ社と広告契約を結んだことが判明。今後全国で発売が予定される日本代表公式飲料のCMキャラクターに抜てきされた。5月下旬から放送予定で、Jリーグ最年少となる15歳5か月1日でデビューした神童が、今度はお茶の間を沸かせることになる。

     日本サッカーの将来を担う16歳が、早くもお茶の間デビューを果たす。複数の関係者によると、久保はキリンビバレッジ社がロシアW杯に向けて新たに販売する日本代表公式飲料のCMに出演することが決定。5月下旬から全国で放送する予定で、一両日中にも発表される見通しだ。

     日本代表メンバーでも、現在単独で全国放送のCMに出ているのはMF本田圭佑(パチューカ)やDF長友佑都(ガラタサライ)ら数えるほど。代表歴のない選手が起用されることはめったにない。10代では1996年にMF中田英寿が日清ラ王、99年にMF小野伸二がアクエリアスのCMに、ともに19歳で出たが、16歳での出演はサッカー界では前例がない。

     久保は2016年11月5日のJ3長野戦(駒沢)で、Jリーグ最年少となる15歳5か月1日でデビュー。昨年11月に16歳でF東京とプロ契約を結ぶと、今季は3月14日のルヴァン杯・新潟戦(味スタ)で、同杯史上最年少となる16歳9か月10日でトップチーム初得点をマーク。試合後には「いやぁ、今までの人生の中で一番うれしいです」とはにかみながら喜んだ。その爽やかな印象が企業イメージにマッチすると判断され、今回の出演に至ったもようだ。

     同社はF東京のクラブスポンサーにもなっているが、新たに練習着の胸スポンサーになることも判明。炭酸飲料「キリンレモン」のロゴが入る見込みで、今月中にもお披露目される予定だ。順調に成長を続ける16歳の注目度は、グラウンド内外でますます高まっていく。

     ◆主な10代スポーツ選手のCM出演

     ▽サッカー 中田英寿(19)→日清食品「日清ラ王」(96年)。小野伸二(19)→日本コカ・コーラ「アクエリアス」(99年)

     ▽フィギュアスケート 浅田真央(15)→王子製紙「ネピア」(06年)。

     ▽卓球 福原愛(6)→ハドソン社のゲームソフト「さめがめ」(95年)。張本智和(14)→教育サービス大手「学研教室」(18年)。

     ▽ゴルフ 石川遼(16)→ヨネックス(08年)

     ▽スキージャンプ 高梨沙羅(16)→森永製菓「ウイダーinゼリー」(13年)。

     ▽プロ野球 松坂大輔(19)→キリンビバレッジ、全日本空輸、日立製作所など5社(00年)。田中将大(19)→大塚製薬「オロナミンC」(07年)。藤浪晋太郎(19)→上新電機(14年)※敬称略。年齢は全て当時

    4/24(火) 5:06配信スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000215-sph-socc

    写真
    no title

    【<久保建英(FC東京)>CMデビュー!日本サッカー史上最年少!「16歳」キリンビバレッジ社と契約】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/10(火) 19:41:05.03 ID:CAP_USER9
    “多摩川クラシコ”でバナナ対決!? FC東京が新スポンサー契約を発表
    4/10(火) 17:35配信
    ゲキサカ

    バナナ企画で知られる川崎フロンターレ(Instagram on kawasaki_frontale)
    no title


    FC東京は10日、フレッシュ・デルモンテ・ジャパン株式会社とのスポンサー契約締結を発表した。
    フルーツを主に取り扱う同社はバナナが一大製品。ライバルの川崎フロンターレもバナナを使った名物企画で知られており、両者の動向に注目が集まりそうだ。

    FC東京の公式サイトを通じて、フレッシュ・デルモンテ・ジャパンは
    「FC東京に関わる皆様の毎日の健康的な「食」を、フルーツ& ベジタブルでサポートしてまいります」とコメント。
    同社サイトでは、バナナ、パイナップル、ブドウなどの製品が紹介されている。

    一方の川崎Fは2009年、バナナを主要品目とするドール株式会社とのスペシャルサプライヤー契約を締結した。
    トップチーム、アカデミーの選手が消費するバナナを提供する他、月間MVPの選手を『バロンDole』として表彰。
    さらに、同クラブに入団した選手がバナナ型のカツラをかぶる企画は恒例行事となっている。

    両者の対戦は“多摩川クラシコ”としてダービーマッチ化されており、今季は5月5日に川崎Fのホーム、11月24日にFC東京のホームで行われる予定。
    すでにSNSを通じて、一部サポーターからは「デルモンテ対ドール」「デルモンテしか買わない」などと話題になっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-01652529-gekisaka-socc

    【“多摩川クラシコ”で「デルモンテ対ドール」バナナ対決!? FC東京が新スポンサー契約を発表】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/25(日) 16:55:13.21 ID:CAP_USER9
    [3.25 J3第4節 F東23 3-0 富山 味フィ西]

     J3第4節が25日に行われ、FC東京U-23のMF久保建英がホームでのカターレ富山戦(3-0)で今季リーグ戦初ゴールを挙げた。J3では通算3得点目としている。

     FC東京U-23は前半をスコアレスで折り返すと、後半4分にDF小川諒也の左クロスをニアのFW前田遼一が頭で押し込んで先制。そして1点リードで迎えた同30分だった。

     前田がPA内中央のMF内田宅哉にパスを入れ、その落としに反応した久保が利き足とは逆の右足でシュート。相手DFをかすめたボールがゴール左隅に吸い込まれ、2-0とした。

     久保は今月14日に行われたルヴァン杯グループリーグ第2節・新潟戦(1-0)でトップチーム初ゴールを挙げ、大会最年少得点記録を16歳9か月10日に更新。ここまでトップチームで3試合に出場していたが、今季初めてFC東京U-23として出場した一戦で、いきなり初得点を決めてみせた。

     FC東京U-23はその後、富山MF才藤龍治が2度目の警告で退場し、数的優位に立つ。後半アディショナルタイム1分には前田がこの日2点目を奪い、3-0で今季初白星を手にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-01651915-gekisaka-socc

    【久保建英が“右足”で今季リーグ戦初ゴール!!FC東京U-23は富山を3発撃破で初白星】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/14(水) 20:50:51.74 ID:CAP_USER9
    ルヴァン杯は14日、グループステージ第2節を行い、FC東京はホームでアルビレックス新潟と対戦した。

    後半25分から途中出場したFW久保建英は右サイドハーフでプレー。
    後半31分、FW{{ディエゴ・オリヴェイラ}が落としたボールをドリブルで持ち込み、左足でゴール右隅に突き刺した。16歳9か月10日でルヴァン杯史上最年少得点記録を更新した。

    2005年3月19日にFW森本貴幸(現福岡)が記録した16歳10か月12日を抜き、大会最年少ゴールとなった。

    3/14(水) 20:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-01651486-gekisaka-socc

    写真
    no title

    【<ルヴァン杯>久保建英がトップチーム初ゴール!!ルヴァン杯史上最年少得点記録も更新】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/08(木) 19:05:50.48 ID:CAP_USER9
    FC東京は7日、YBCルヴァンカップのグループリーグ第1節で横浜F・マリノスと対戦し0-1で敗れた。

     この試合では、FC東京に所属する16歳のMF久保建英がJ1の公式戦で初の先発出場を飾った。チームは敗れたものの、随所に持ち味を発揮してチャンスを演出するなど、豊かな才能の片鱗を7170人の観客の前で披露した。

     FC東京の長谷川健太監督は、試合後の記者会見で久保のパフォーマンスについて「非常にタフにやっていた。最後は疲れていたが、チームの勝利のために戦う姿勢を見せてくれたんじゃないかと思う。今日の建英は非常に素晴らしかった」と高く評価していた。

     しかし、久保本人は「課題は自分のプレーが勝利に直結していないところだと思う」と、自身の出来に満足していなかった。初めてのトップチームでの先発フル出場は、勝利を逃したこともあり不完全燃焼に終わった。

     トップ下で先発した久保は、U-23チームで参戦しているJ3とは違い、より強度の高いJ1の公式戦での90分間でしっかりと課題を見つけていた。「1、2回、ドリブルの時にちょんと足を出されてボールの角度を変えられたりして、結果的に相手ボールになることがあった。そこは集中して油断せずにやれたらいいなと思う」と、一瞬の気の緩みも許されない厳しさを感じた様子。

     さらに「疲れた時に1回ちょっと変なパスを出してしまったので、パスの精度は疲れていても落としたくない」とも語る。トップレベルで90分間パフォーマンスを落とすことなく戦えるフィジカル面のタフさを、次に克服すべき課題と捉えているのかもしれない。

    「途中出場だとしても先発出場だとしても、チーム一丸となって勝利を狙っていけるように。今日の試合は本当に悔しいんですけど、次の試合に切り替えて、勝てるように頑張ります。少しでもチームの勝利に貢献できるようなプレーヤーになりたいと思います」

     まだ周囲との呼吸が合わず、狙ったタイミングでパスが回ってこないことや、ボールに触れない時間が続くこともある。それでも久保は食らいつき、チームの勝利につながるプレーを見せようと奮闘していた。

    3/8(木) 5:30配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180308-00259676-footballc-socc

    写真no title

    【<16歳の久保建英>J1公式戦初先発は不完全燃焼!「自分のプレーが勝利に直結していない」】の続きを読む

    このページのトップヘ