J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    磐田

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2018/04/03(火) 13:34:28.88 ID:CAP_USER9
     ジュビロ磐田は3日、ウズベキスタン代表MFムサエフが右ひざ前十字じん帯損傷および外側半月板損傷と診断されたことを発表した。同選手は3月27日に行われた国際親善試合のモロッコ代表戦で負傷。浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、手術を受けてからトレーニング復帰まで約6カ月を要する見込みと発表されている。

     ムサエフは1989年生まれの29歳。昨季から磐田でプレーし、明治安田生命J1リーグでは全34試合中31試合に出場して4得点を挙げる活躍を見せた。今季は明治安田生命J1リーグ第5節終了時点で3試合に出場し、1得点を記録していた。

     磐田は先月21日にもブラジル人MFアダイウトンの負傷を発表。右ひざ前十字じん帯断裂と半月板損傷都の診断で、トレーニング合流まで約6カ月を要する見込みとなっている。

     強力な外国籍2選手が相次いで長期離脱を強いられることとなった磐田は今季、明治安田生命J1リーグ第5節を終えて2勝1分け2敗。勝ち点「7」で10位となっている。次戦は4日、JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第3節でヴァンフォーレ甲府とホームで対戦。J1の次節は7日、清水エスパルスとのダービーマッチをホームで迎える。

    4/3(火) 13:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00737328-soccerk-socc

    yjimage

    【<ジュビロ磐田>大打撃!ムサエフが代表戦で右ひざ負傷…アダイウトンに続く長期離脱 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/09(火) 18:43:59.79 ID:CAP_USER9
    磐田がDFギレルメと元熊本FWモルベッキを獲得「とても嬉しく光栄です」
    1/9(火) 13:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-01649168-gekisaka-socc
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?235729-235729-fl

    ジュビロ磐田は9日、昨季ロアッソ熊本に所属していたFWモルベッキ(20)が完全移籍、パイサンドゥ(ブラジル)からDFギレルメ(29)が期限付き移籍で加入することを発表した。

    クラブを通じてモルベッキは「はじめに、信頼とチャンスを与えてくれたジュビロ磐田に感謝します。このチームでプレーすることをとても楽しみにしています。サポーターの皆さんにたくさんの喜びを運んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします」と意気込みを語った。

    また、ギレルメは「ジュビロ磐田のユニフォームを着てプレーすることは、とても嬉しく光栄です。家族と一緒に来日することを楽しみにしています。そして、私たちの目的を達成するため、早くチームに合流して頑張りたいと思います。よろしくお願いします」とコメントしている。

    ●FWモルベッキ
    (GABRIEL MORBECK)
    ■生年月日
    1997年8月20日
    ■出身地
    ブラジル
    ■身長/体重
    185cm/78kg
    ■経歴
    ビトーリアU-20-熊本
    ■出場記録
    J2リーグ:6試合
    天皇杯:1試合

    ●DFギレルメ
    (GUILHERME SANTOS)
    ■生年月日
    1988年2月5日
    ■出身地
    ブラジル
    ■身長/体重
    173cm/69kg
    ■経歴
    バスコ・ダ・ガマ-アルメリア(スペイン)-バジャドリー(スペイン)-アトレティコMG-フィゲイレンセ-サントス-アトレティコGO-バイーア-フルミネンセ-アバイ-クリシューマ-サンパイオ・コへイア-アノルトシス・ファマグスタ(キプロス)-トンベンセ-フォルタレーザ-パイサンドゥ

    yjimage (1)

    【ジュビロ磐田がDFギレルメと元熊本FWモルベッキを獲得「とても嬉しく光栄です」[18/01/09] 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/08(月) 09:43:18.40 ID:CAP_USER9
    ジュビロ磐田は7日、2018シーズンシートについて、全ての券種において予定販売数に達したため、受付を終了したと発表した。

     シーズンシート完売にあたり、磐田は「多くの皆様にご継続、ご購入いただき、誠にありがとうございました。なお、2018ハーフシーズンシートの販売は行いません。ご了承くださいますようお願い申し上げます」と公式HPに記している。

     シーズンシートの受付は今月7日に全券種において予定販売数に達した。期待の高さを感じさせながら、磐田が2018シーズンへ臨む。

    1月8日(月) 1:47配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00698123-soccerk-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180108-00698123-soccerk-000-1-view.jpg

    yjimage

    【<ジュビロ磐田>2018シーズンシート受付終了…全券種で予定販売数に到達 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/03(水) 16:28:33.71 ID:CAP_USER9
    J1磐田がJ1名古屋の元日本代表MF田口泰士(26)を獲得することが2日、濃厚となった。関係者によると、残留か悩んでいた田口が移籍を決断したという。

     田口は正確なパスと強烈なミドルが持ち味のボランチ。流通経大柏高から2009年に加入した名古屋一筋でプレーし、16年には主将を務めた。昨季はJ2で34試合9得点。攻守両面で存在感を見せ、1年でのJ1復帰に貢献した。

    14年には国際Aマッチ3試合に出場している。磐田は昨季32試合で4得点を挙げたボランチ川辺が、広島からの期限付き移籍期間の満了に伴って退団。上田もJ2岡山に移籍し、中盤が補強ポイントだった。

    1/3(水) 8:00配信 静岡新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000016-at_s-socc

    yjimage

    【<ジュビロ磐田>元日本代表MF田口泰士(名古屋グランパス)の獲得濃厚!昨季J2で34試合9得点。J1復帰に貢献 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/12/31(日) 07:54:19.78 ID:CAP_USER9
    磐田が来季J1に昇格する名古屋の元日本代表MF田口の獲得に動いていることが30日、分かった。関係者によると既に正式にオファーを提示済み。名古屋からも契約延長のオファーを受けているという。

     田口は流通経大柏高から09年にJ1だった名古屋入り。今季はJ2リーグ34試合に出場し9得点を上げ、1年での1部復帰に貢献した。磐田は今季32試合に出場したMF川辺が期限付き移籍期間満了による広島復帰が決まっており、中盤の補強が急務となっている。

    12/31(日) 5:50配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000005-spnannex-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171231-00000005-spnannex-000-1-view.jpg

    yjimage (2)

    【<ジュビロ磐田>元日本代表MF田口に正式オファー!今季は名古屋グランパスでJ1昇格に貢献 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/25(木) 19:44:45.07 ID:CAP_USER9
    ジュビロ磐田は25日、MF中村俊輔が負傷したことを発表した。

    中村は23日に行われたトレーニング中に受傷し、浜松市内の医療機関にて検査の結果、左ハムストリングス肉離れと診断された。トレーニング復帰には3週間程度かかる見通しだ。

    今季から磐田に加入した中村は、リーグ戦12試合中11試合に先発出場し、2ゴールをマーク。第8節の鹿島アントラーズ戦で決めたミドルシュートが、4月の月間ベストゴールに選ばれるなど、新天地でも活躍を見せていた。

    磐田は同日、FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017に参加しているFW小川航基が左ひざ前十字じん帯断裂および左ひざ半月板損傷により、負傷離脱することを発表しており、続けざまにケガ人が出た格好だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000026-goal-socc

    86ffce02

    【磐田MF中村俊輔が左太もも負傷で3週間の離脱…小川航に続く手痛いケガ人】の続きを読む

    このページのトップヘ