J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    海外サッカー

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2018/04/18(水) 06:48:05.87 ID:CAP_USER9
    マンチェスター・シティは今季のプレミアリーグで優勝を達成した。
    ジョゼップ・グアルディオラ監督は新たなトロフィーをコレクションに加えている。スペイン『マルカ』が伝えた。

    今季のプレミアリーグは33試合を消化した時点で優勝チームが決定した。
    シティは28勝3分け2敗と圧倒的な強さを誇示。その間、93得点25失点と驚異的な攻撃力に支えられての栄冠だ。

    これでグアルディオラ監督は名将たちに肩を並べている。スペイン、ドイツ、イングランドのリーグ戦で優勝を達成したグアルディオラ監督は、
    スペイン、イタリア、イングランドで優勝を経験したジョゼ・モウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)、イタリア、ドイツ、イングランドで優勝したカルロ・アンチェロッティ氏に並び、
    欧州5大リーグのうち3つのリーグでタイトルを獲得した指揮官となった。史上3人目の快挙である。

    グアルディオラ監督の初タイトルは、2008-09シーズン、バルセロナで獲得したリーガ制覇のトロフィーだ。
    以降、同監督は実に23タイトルを獲得。ローラン・ブラン氏(15タイトル)、モウリーニョ監督(13タイトル)、
    アンチェロッティ氏(11タイトル)、ジネディーヌ・ジダン監督(8タイトル)、ディエゴ・シメオネ監督(6タイトル)を凌ぎ、この10年で最多タイトルを獲得している。

    なお、グアルディオラ監督は今季の優勝について「プレミアリーグの優勝は、私の最大の功績のひとつだ。
    天候、スタジアムの状態、試合数...。ラ・リーガやブンデスリーガより難しかった」と語っている。

    4/18(水) 0:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000031-goal-socc

    【<直近10年で驚異のタイトル獲得数を誇る指揮官とは?>シメオネ、ジダン、モウリーニョでも歯が立たず. 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/18(水) 07:50:05.95 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180418/k10011407811000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

    4月18日 6時05分
    サッカーのワールドカップを2か月後に控えたロシアで、プロサッカーの試合の開会式にサーカス団のクマが登場し、「おもしろい」と歓迎する声が上がった一方で、「動物虐待にほかならず、時代遅れで恥ずかしい」と批判する意見が寄せられるなど、物議を醸しています。

    ロシア南部の都市、ピャチゴルスクで14日、プロサッカーの試合の開会式に、サーカス団のクマ1頭が登場しました。

    クマは、選手たちが見守る中、2本足で立ち上がってボールを審判に手渡し、拍手するパフォーマンスを見せ、会場を沸かせました。

    その動画を、試合を行ったチームがインターネット上で公開したところ、「なんてすばらしいクマなんだ。おもしろい」と歓迎する声が上がった一方で、「動物虐待にほかならず、時代遅れで恥ずかしい」と批判する意見が寄せられるなど、物議を醸す事態となりました。

    これについて、首都モスクワの市民の間では、「クマはロシアのシンボルだ。試合を盛り上げるためにクマを使うのはよいアイデアだ」とか、「動物を見せ物として使うべきではない」といった賛否両論の反応が聞かれました。

    試合を行ったチームは、ことし6月にモスクワで行われるサッカーのワールドカップの開会式にも、このクマが登場するとしていますが、イギリスの公共放送、BBCによりますと、FIFA=国際サッカー連盟は、これを否定しているということです。

    no title

    【サッカー試合開会式にクマ登場で物議 動物虐待? 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/17(火) 13:58:12.59 ID:CAP_USER9
    サッカーのメキシコ1部リーグ前節のベストイレブンが16日に発表され、3-1で快勝した14日のサントス・ラグナ戦で先制点を挙げ、2点目にも絡んだパチューカの本田圭佑が選ばれた。2節連続の選出。(共同)
    https://www.sankei.com/sports/news/180417/spo1804170022-n1.html

    【本田圭佑が2節連続のベストイレブン メキシコ1部 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/16(月) 21:10:47.10 ID:CAP_USER9
    ・英メディア「HITC」が「地球上で最も優れたアジア人選手ベスト7」を選出
    ・2位に香川真司、5位に酒井高徳、6位に武藤嘉紀、7位に岡崎慎司が入った
    ・栄えあるトップは韓国のソン・フンミンとなった


    7位に岡崎が入るなど、日本人選手がベスト7の半数を占める結果に

     現在、欧州トップリーグでは韓国代表FWソン・フンミン(トットナム)や日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)、MF香川真司(ドルトムント)など多くのアジア人選手が活躍している。

     英メディア「HITC」は「地球上で最も優れたアジア人選手ベスト7」を選出した。

     ACミラン時代に10番を背負ったパチューカの日本代表FW本田圭佑、AFCチャンピオンズリーグにも出場する中国代表FWウー・レイ(上海上港)やUAE代表MFオマル・アブドゥラフマン(アル・アイン)など、欧州でも名が知られる選手たちがランク外となったなか、ベスト7の半数は日本人選手が占める結果となった。

     7位にはレスターのFW岡崎慎司がランクイン。2015-16シーズン“奇跡の優勝”を成し遂げた際にクラウディオ・ラニエリ監督の重要な選手の一人だったこと、日本代表で111試合50得点を記録している実績が認められた。

     今季公式戦23試合で9得点を奪っているマインツのFW武藤嘉紀が6位で、「勤勉で多才」と称賛されている。また、5位にはハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が入った。右サイドからの攻撃的な姿勢と危険なクロス、ハンブルガーSVだけでなくシュツットガルト時代の活躍も合わせて評価されたようだ。



    日本人最高位となる2位には香川がランクイン

     4位、3位は一転して日本以外の外国籍選手がノミネート。プレミアリーグのハダースフィールドで30試合に出場し、4得点3アシストの記録を残しているオーストラリア代表MFアーロン・ムーイが4位に顔を出し、3位には韓国代表として65試合に出場して19得点を挙げているドイツ1部のアウクスブルクMFク・ジャチョルが選ばれた。

     2位にはドルトムントのMF香川真司がランクイン。マンチェスター・ユナイテッドでは大きなインパクトを残すことができず、その後ドルトムントに帰還してからも本来のトップフォームに戻ることに時間がかかっていたが、昨年12月にペーター・シュテーガー監督が就任すると状況は一変。現在は足首の負傷で離脱中だが、記事はチームの中でも素晴らしいパフォーマンスを見せているとしている。「攻撃的MFとして多くの才能や冷静さ、トリッキーさを持つ」と表現された。

     栄えあるトップは韓国のソン・フンミンだ。プレミアリーグで最も活躍するアジア人選手の称号を手にした。

     日本人選手は最も多い4人が選出されるも、今回のランキングでは1位に選ばれることはなかった。現在も多くの日本人選手が世界で戦っているが、今後アジア最高の称号を手にする選手は現れるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14587861/

    【英メディア選出「アジア人選手ベスト7」に日本人4人選出! 1位に君臨するのは?】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/16(月) 01:56:03.78 ID:CAP_USER9
    プレミアリーグは15日に第33節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに0-1と敗戦。この結果、マンチェスター・シティのリーグ優勝が決まった。

    先日首位のマンチェスター・Cがトッテナム相手に勝利したため、負ければライバルの優勝が決定するという状況で試合に臨んだマンチェスター・U。

    本拠地「オールド・トラッフォード」での一戦では、序盤から主導権を握るもなかなかゴールを奪えない。すると73分、ジェイ・ロドリゲスにゴールを決められ痛恨の先制点を許してしまう。

    結局、最後まで1点の遠かったマンチェスター・Uは、ホームの観衆の前で最下位相手に敗れた。

    この結果、首位のマンチェスター・Cのプレミアリーグ制覇が決定。ジョゼップ・グアルディオラ体制2年目にして、33試合消化時点で2位に16ポイント差をつける圧倒的な強さで、4シーズンぶりにリーグ優勝を達成した。

    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000036-goal-socc

    【マンUがWBAに敗戦した結果、マンチェスター・シティの4季ぶりプレミアリーグ優勝が決定 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/15(日) 22:26:46.71 ID:CAP_USER9
    ブンデスリーガ2部は14日に試合が行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフはハイデンハイムと対戦した。

    連敗中のなか、敵地に乗り込んだデュッセルドルフでは、原口元気・宇佐美貴史の両日本人選手が先発。原口がトップ下に、宇佐美は左サイドにポジションをとった。

    開始5分、原口はミドルシュートを放つなど積極的な入りを見せる。宇佐美も18分、原口が競ったボールを受けると、得意のカットインからミドルシュート。惜しくも枠を外れたが、果敢にゴールを狙っていく。

    試合を優位に進めていたデュッセルドルフだったg、22分に失点。右サイドを突破されると、クロスボールのクリアが味方に当たり、こぼれたボールを押し込まれた。前半はリードを許して折り返す。

    得点がほしい後半立ち上がり、宇佐美はエリア内でボールを拾ってシュートまで持ち込むが、ここはGKに阻まれる。直後に原口がエリア外から狙ったが、ここもGKにセーブされた。

    すると51分、宇佐美が待望の同点ゴールを挙げる。ゴール左手前でフリーで受けた宇佐美は、エリア外から右足で狙う。美しい軌道のボールは、ネットに吸い込まれた。宇佐美にとってこれが今季7ゴール目となっている。

    しかし、リードは長く続かない。5分後には失点し、再びリードを許す。さらに78分には3失点目を喫し、差を広げられる。

    結局、このまま追いつくことはできず。宇佐美のゴールも及ばず、デュッセルドルフは3連敗を喫した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000032-goal-socc

    【宇佐美貴史の芸術ミドルも…原口元気も先発したデュッセルドルフは3連敗/ブンデスリーガ2部 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/15(日) 23:28:38.64 ID:CAP_USER9
    エールディヴィジは15日に第31節が行われ、フローニンゲンのMF堂安律がゴールを決めた。

    ローダ戦で13試合連続先発出場を果たした堂安は15分、今季8ゴール目となる先制ゴールを奪った。

    なお、堂安は今季リーグ戦25試合出場、8ゴール4アシストを記録。データサイト『Opta』によると、アリエン・ロッベン(現バイエルン)に並び、10代の選手としてリーグ歴代3位タイのゴール数となった。

    4/15(日) 21:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000031-goal-socc

    写真
    no title

    【<堂安律>今季8ゴール目!ロッベンに並び10代選手としてリーグ歴代3位の得点数に】の続きを読む

    このページのトップヘ