J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    海外サッカー

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2018/03/18(日) 00:40:32.15 ID:CAP_USER9
    スペイン国家検察局が、元スペイン代表MFシャビ・アロンソ氏の懲役8年を求刑していることが明らかとなった。スペイン『エル・コンフィデンシアル』が報じている。

    国家検察局はX・アロンソ氏がレアル・マドリーに在籍していた2010~2012年に、肖像権収入をポルトガル・マデイラの会社に振り込み、スペイン財務省に対して不正な納税申告をしたことを告発。249万ユーロ(約3億2400万円)を脱税したと指摘している。

    X・アロンソ氏の脱税疑惑は当初、犯罪の証拠がないとみなされ、罪に問われることがなかった。しかし、その後にマドリードの裁判所が裁判の再開を決定し、国家検察局は同氏が脱税によって三つの犯罪行為を犯したとして、懲役8年を求刑するに至っている。

    国家検察局は最近にレアル・マドリーDFマルセロ、同MFルカ・モドリッチ、前バルセロナMFハビエル・マスチェラーノらの脱税を告発してきたが、ほぼすべての選手が収監を逃れるために一定の額を支払い、検察局と和解してきた。だがX・アロンソ氏はレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドと同様に、無実であることを主張し続けている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000024-goal-socc

    【スペイン国家検察局、元代表MFシャビ・アロンソに懲役8年を求刑…約3億2400万円を脱税した疑い】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/18(日) 04:44:02.07 ID:CAP_USER9
    3/18(日) 4:26配信
    ヘタフェ、第3節以来となるアウェー戦勝利…4試合連続でベンチスタートの柴崎岳は79分から出場/リーガ第29節

    ■リーガエスパニョーラ第29節 レアル・ソシエダ 1-2 ヘタフェ

    レアル・ソシエダ:ウィリアン・ジョゼ(22分)

    ヘタフェ:ジェネ(45+1分)、アンヘル(51分)

    17日のリーガエスパニョーラ第29節、ヘタフェは敵地アノエタでのレアル・ソシエダ戦に臨み、2-1で勝利を果たした。日本人MF柴崎岳は79分から出場している。

    柴崎を4試合連続でベンチスタートとしたヘタフェは前半、レアル・ソシエダが実践するポゼッションフットボールに苦しむ。中盤でボールを奪って速攻に転じるという得意のプレーを見せられず、幾度も決定機を許すと、22分に失点。スベルディアのクロスからウィリアン・ジョゼにヘディングシュートを突き刺された。

    その後も自分たちのプレーを実現できず、第3節レガネス戦以降、勝利から見放されているアウェー戦での脆弱さを露呈するヘタフェ。しかし前半アディショナルタイムにCKを得ると、ジェネが打点の高いヘディングシュートでモジャを破り、スコアをタイに戻して前半を終えた。

    ヘタフェはさらに51分、チーム内得点王のアンヘルのゴールでスコアをひっくり返すことに成功。ピッチ中央でボールを受けた背番号9はペナルティーエリアまでドリブルまで進み、右足のシュートでネットを揺らした。アンヘルにとってこのゴールは、今季のリーガ12点目となった。

    逆転したヘタフェはその後、レアル・ソシエダの攻撃を受けながらカウンターから追加点を目指す。ボルダラス監督は79分、アンヘルとの交代で柴崎を投入。4-4-2を使用するヘタフェで、柴崎はホルヘ・モリーナと2トップを組んだ。

    レアル・ソシエダに攻め込まれる展開で、柴崎はプレッシングで相手のビルドアップを阻害することを主な役割とする。そうしてヘタフェは1点リードを維持したまま、エストラーダ・フェルナンデス主審による試合終了の笛を迎えた。半年ぶりにアウェー戦勝利を果たしたヘタフェは、勝ち点を29として暫定で9位に浮上している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000027-goal-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180318-00000027-goal-000-2-view.jpg

    【ヘタフェ、第3節以来となるアウェー戦勝利…4試合連続でベンチスタートの柴崎岳は79分から出場/リーガ第29節】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/17(土) 21:13:47.82 ID:CAP_USER9
    レバンドフスキのRマドリー移籍、個人間では合意か

    バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レバンドフスキとレアル・マドリードの間ではすでに移籍で合意に達していると、17日のスペイン紙ムンド・デポルティボが伝えたと、独紙ビルトが報じた。残るはBミュンヘンとのクラブ間交渉だという。

     ただ問題はレバンドフスキはBミュンヘンとの21年まで契約しており、クラブは手放すつもりはない。レバンドフスキは代表取締役カールハインツ・ルンメニゲと会長のウリ・ヘーネスに移籍の許可を取り付け、Rマドリードは最低でも1憶ユーロの移籍金を準備しなければならない。

     一方でドルトムントでオバメヤンやデンベレが起こしたストライキを、Bミュンヘンとしては何としても防ごうとしている。

     スペイン紙によると、レバンドフスキの新しい代理人ピニ・ツァハビとRマドリード会長の右腕ホセアンゲル・サンチェスとの間で何度も話し合いがあったという。2年契約+1年のオプション。年俸1600万ユーロでオファーされているようだ。また、Rマドリードののほかにパリサンジェルマン、アーセナル、チェルシーとも話し合いがあったようだ。レバンドフスキはRマドリード移籍を熱望しているが、レアルの第一候補はトットナムのハリー・ケーンだという。トットナム会長のダニエル・レビーはケーンを手放すつもりはなく、ケーン自身もイングランドを(まだ)去るつもりはないという。レアルはネイマールの獲得も画策中。こちらは19年までは可能性はないようだ。そうした流れからレアルはレバンドフスキに狙いを定めてきている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00152678-nksports-socc

    【レバンドフスキのレアル・マドリード移籍、個人間では合意か】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/17(土) 22:55:02.75 ID:CAP_USER9
    スペイン1部リーグ・エイバルの日本代表MF乾貴士が、ベティスへの移籍騒動の影響で今節先発メンバーから外された可能性があると
    同国セルビアのスポーツ紙エスタディオ・デポルティボなどが17日までに報じた。

    同紙などによると、乾が契約延長しない旨を通告したことなどベティス移籍が事実上決定したとされる状況を、エイバルのメンディリバル監督が考慮した。
    乾は常時先発出場していたが、16日のレバンテ戦はベンチスタート。後半13分からの途中出場にとどまり、エイバルは1-2で敗戦した。

    エイバルは乾の移籍報道に不快感を見せており、ベティスへの移籍が浮上しているMFダニ・ガルシアにも同様の“制裁”が下される可能性があるとしている。

    3/17(土) 18:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000125-dal-socc

    【<ベティス移籍の報復?> エイバル・乾がレギュラー落ち】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/17(土) 01:54:25.50 ID:CAP_USER9
    スペイン代表 27歳アロンソを初選出!負傷ブスケツはメンバー外に
    2018年3月17日 00:56 スポニチ Sponichi Annex サッカー
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/03/17/kiji/20180317s00002000039000c.html

    スペイン代表に初選出されたチェルシーのマルコス・アロンソ(AP)
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/03/16/jpeg/20180317s00002000042000p_view.jpg

    スペインサッカー協会が16日、今月末に行われる国際親善試合に臨むメンバー24人を発表。チェルシーで活躍するも、これまで一度も招集されなかったDFマルコス・アロンソが27歳にして初選出された。

    昨季チェルシーに加入したアロンソは左サイドで躍動。左足からのクロスや強力なセットプレーなどによって、ウィングバックながらリーグ戦で6得点。プレミアリーグ制覇に大きく貢献した。

    今季も公式戦7得点と活躍中。1メートル88センチと体格にも恵まれスタミナも豊富で、いつ代表に招集されてもおかしくない状況だった。

    アロンソの他にはMFダニエル・パレホ(バレンシア)とMFロドリ(ビジャレアル)が初招集。

    セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)やイニエスタ(バルセロナ)など主力は順当に選出されたが、14日の欧州CLチェルシー戦で負傷交代したMFセルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)はメンバー外となった。

    スペイン代表は23日にドイツ代表、27日にアルゼンチン代表と対戦する。メンバーは以下のとおり。

    【GK】ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)、ホセ・マヌエル・レイナ(ナポリ)、ケパ・アリサバラガ(アスレティック・ビルバオ)

    【DF】ジョルディ・アルバ(バルセロナ)、ジェラール・ピケ(バルセロナ)、アルバロ・オドリオソラ(レアル・ソシエダ)、ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、ダニエル・カルバハル(レアル・マドリード)、セサル・アスピリクエタ(チェルシー)、マルコス・アロンソ(チェルシー)

    【MF】イスコ(レアル・マドリード)、マルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)、アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)、サウール・ニゲス(アトレチコ・マドリード)、コケ(アトレチコ・マドリード)、ロドリ(ビジャレアル)、ダニエル・パレホ(バレンシア)、チアゴ・アルカンタラ(バイエルンM)、ダビド・シルバ(マンチェスター・C)

    【FW】イアゴ・アスパス(セルタ)、ロドリゴ・モレノ(バレンシア)、ジエゴ・コスタ(アトレチコ・マドリード)、ルーカス・バスケス(レアル・マドリード)

    【スペイン代表 27歳アロンソを初選出!負傷ブスケツはメンバー外に】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/17(土) 00:08:00.31 ID:CAP_USER9
    ドイツサッカー連盟(DFB)は16日、スペイン(24日)とブラジル(27日)との国際親善試合に向けたメンバー26名を発表した。

    ワールドカップ欧州予選は全勝で終えたドイツだが、昨年11月に行われたイングランド戦(0-0)、フランス戦(2-2)は未勝利。それ以来となる今回の強化試合に向けて、ヨアヒム・レーブ監督は合計26名の選手を招集した。

    その中、マルコ・ロイス、マリオ・ゲッツェ、アンドレ・シュールレとボルシア・ドルトムントの選手たちは落選となっている。レーブ監督はロイスについて、「マルコに関しては、慎重に、そして重圧がかからない状況で最高レベルに戻って、安定することが大切」と言及。また今回の選出について次のように説明した。

    「複数ポジションにおいて非常に多くのオプションがある一方、そうでないポジションもある。だから、フレキシブルに起用できる選手たちが必要だ。代表チームへのドアは閉ざされておらず、何人かにおいては視察を続け、今後数週間でアピールすればチャンスはあるはずだ」

    なおドイツ代表招集メンバー26名は以下のとおり。

    GK
    ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
    マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)
    DF
    ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
    マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    ヨナス・ヘクトル(ケルン)
    マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
    ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
    マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー)
    ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
    MF/FW
    ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    エムレ・カン(リヴァプール)
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
    マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
    サミ・ケディラ(ユヴェントス)
    トニ・クロース(レアル・マドリー)
    トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
    メスト・エジル(アーセナル)
    セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
    リロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
    ラース・シュティンドル(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    サンドロ・ヴァーグナー(バイエルン・ミュンヘン)
    ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
    (※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000030-goal-socc

    【スペイン&ブラジルと戦うドイツ代表がメンバーを発表…ロイスらドルトムント選手は落選】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/17(土) 09:15:42.35 ID:CAP_USER9
    セビージャが監督モウリーニョのユナイテッドを欧州CLから一掃した。イングランドでは監督に批判の雨が降っている。

    元サッカー指導者フランク・デ・ブールを試合前に厳しく口撃していたモウリーニョだが、敗戦後逆に人々からの批判を受けることになった。

    フランク・デ・ブールはこのチャンスを逃さず、モウリーニョにこれまで多くの監督が天狗になった結果、地方のマイナーチームでキャリアを終えることになっている、と言う警告を送った。

    今シーズンのユナイテッドは悲惨としか言いようがない。前シーズンこそ補強に3億6,500万ユーロ(約480億円)を投じた結果、コミュニティシールドやFAカップ、UEFAヨーロッパリーグでの優勝を果たしたものの、人々の期待に応えたとは言いかねる。

    レッドデビルスことユナイテッドが選手たちにつぎ込んだ資金は次の通りだ。

    ポール・ポグバ:1億2,000万ユーロ(約158億円)、ルカク(約111億円)、マティッチ:4,500万ユーロ(約59億円)、バイリー:3,800万ユーロ(約50億円)、リンデロフ(約46億円)、ムヒタリアン:4,200万ユーロ(約55億円)。この中には既にユナイテッドに在籍していない選手もいる。

    上記はほんの一例であり、近年選手の補強に多額の資金が費やされている。
    しかしその甲斐も無く、ユナイテッドは現在宿敵マンチェスターシティにプレミアリーグで勝ち点16の差をつけられており、2部リーグのブリストルシティによりELFカップをベスト8戦で離脱している。

    ユナイテッドにとって次の試練は3月17日のFAカップ準々決勝のブライトン戦だ。

    インテルミラノで8年前に欧州の覇者となったモウリーニョ。しかし、ユナイテッドに4億500万ユーロ(約533億円)もの資金を投じさせた上、結果が伴わないのに責任を感じる風でもない態度は、大きな批判を生んでいる。

    3/15(木) 17:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00010008-sportes-socc

    写真
    no title

    【<マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督>約533億円投じて失敗!批判が集中】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/16(金) 21:42:19.81 ID:CAP_USER9
    ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の組み合わせ抽選会が16日にスイス・ニヨンで行われた。

     日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは、欧州大会初参加であるライプツィヒと対戦する。一方、FW南野拓実の所属するザルツブルクはラツィオと激突。

     ミランを退けてベスト8入りを果たしたアーセナルは、かつて日本代表MF本田圭佑が所属していたCSKAモスクワと相対する。

     準々決勝ファーストレグは4月5日に行われ、セカンドレグは4月12日に開催される予定だ。

    ■EL準々決勝
    ライプツィヒ(ドイツ) vs マルセイユ(フランス)
    アーセナル(イングランド) vs CSKAモスクワ(ロシア)
    アトレティコ・マドリード(スペイン) vs スポルティング(ポルトガル)
    ラツィオ(イタリア) vs ザルツブルク(オーストリア)

    3/16(金) 21:12配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00730002-soccerk-socc

    【サッカー】<UEFA-CL>ラウンド8の組み合わせが決定!レアルvsユーヴェ再び、イングランド勢が対決
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521199109/

    【<UEFA-EL>準々決勝の対戦カード決定!酒井宏樹のマルセイユはライプツィヒ...南野拓実のザルツブルクはラツィオと激突】の続きを読む

    このページのトップヘ