J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    海外サッカー

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2018/01/29(月) 19:06:59.61 ID:CAP_USER9
    パチューカFW本田圭佑の活躍に、イタリアメディアも注目しているようだ。

    今シーズンから、活躍の場をメキシコに移した本田。初挑戦のリーガMXの舞台で序盤戦は負傷で出遅れはしたが、ここまで公式戦22試合に出場し、7ゴール4アシストを記録。後期リーグに入ってからは、4試合で2ゴール3アシストと、チームを引っ張る存在となっている

    この活躍に、イタリアメディアも注目。『コリエレ・デッロ・スポルト』や、『トゥットスポルト』らは、「ミランのホンダがメキシコで生まれ変わった!」と27日のティグレス戦でのゴールを動画付きで紹介している。

    2014年から2017年までプレーしたミランでは、公式戦92試合で11ゴール14アシストを記録した本田だが、背番号「10」へのプレッシャーや、その発言がファンの反感を買うこともあり、チームの不調も手伝って批判にさらされることも多かった。

    それでも、本拠地「サン・シーロ」最後の試合ではFKからゴールも記録し拍手を浴び、さらにミラン最後の試合ではキャプションマークも巻いた本田。イタリアを離れた後も現地で取り上げられるように、日本代表FWがイタリアに残した功績は大きかったようだ。

    1/29(月) 11:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000004-goal-socc

    20180129-00000004-goal-000-3-view

    【<本田圭佑>直近4試合2G3A!大活躍に伊メディアも注目「メキシコで生まれ変わった!」 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/29(月) 17:03:40.60 ID:CAP_USER9
    1/29(月) 16:30配信
    CR7 歴代最多PKキッカー、PKでの通算100ゴールを達成

    周知の通りクリスティアーノ・ロナウドは、レアル・マドリードでPKから多くのゴールを奪っている。そして、CR7が新たな記録を樹立している。敵地メスタージャで行われたバレンシア戦の22分にCR7は2本のPKを蹴り、チームにリードをもたらしている。この2ゴールでリーガ史上最多PKキッカー(72本)となっている。


    『Mister Chip』の統計によれば、これまでの最多PKキッカーは同じくマドリディスタのウーゴ・サンチェスであり、71本蹴って56ゴールを挙げている。一方のCR7は72本蹴って60ゴールを決めており、12本ミスしている。

    なお、CR7はメスタージャでPKでの100ゴールを記念している。
    PKでキャリア通算100ゴール目と101ゴール目を決めており、そのうち76本がレアル・マドリード、17本がマンチェスター・ユナイテッド、7本がポルトガル代表という内訳になっている。そして、この数字に到達するためにキャリア通算121本のPKを蹴っている。

    (文:SPORT)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00010007-sportes-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180129-00010007-sportes-000-1-view.jpg

    20180129-00010007-sportes-000-1-view

    【クリスティアーノ・ロナウド 歴代最多PKキッカー、PKでの通算100ゴールを達成 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/29(月) 01:34:24.47 ID:CAP_USER9
    1/29(月) 1:27配信
    先発出場の武藤、3戦連続ゴールはならず…マインツはレヴァークーゼンに完封負け

     ブンデスリーガ第20節が28日に行われ、FW武藤嘉紀が所属するマインツはレヴァークーゼンと対戦した。武藤はこの試合でも先発に名を連ねている。

     試合が動いたのは48分。右サイドでパスを受けたレオン・ベイリーが、カットインからミドルシュートを放つ。狙い澄ましたシュートが鮮やかにゴールに突き刺さり、見事な個人技を見せたレヴァークーゼンが先制に成功する。

     先手を取ったレヴァークーゼンは、67分に相手を突き放す絶好のチャンスを得る。マインツのジュリオ・ドナーティがペナルティエリア内で相手選手を押さえ込んだとして、主審はPKを宣告。キッカーを任されたウェンデルが冷静に決め、レヴァークーゼンが追加点を手にした。

     武藤は得点を挙げられないまま、75分に交代でピッチを後にすることに。前節では2ゴールを記録するなど好調を維持していた武藤だったが、この試合では不発に終わって3試合連続ゴールを達成することはできなかった。

     試合はそのまま終了し、上位争いを演じているレヴァークーゼンが大きな勝ち点3を手にした。無得点に抑え込まれたマインツは、20日のシュトゥットガルト戦に続く連勝を飾ることはできなかった。

     マインツは次節、2月3日にバイエルンとホームで対戦する。

    【スコア】
    レヴァークーゼン 2-0 マインツ

    【得点者】
    1-0 48分 レオン・ベイリー(レヴァークーゼン)
    2-0 68分 ウェンデル(レヴァークーゼン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00708051-soccerk-socc

    20180129-00708051-soccerk-000-1-view


    【先発出場の武藤、3戦連続ゴールはならず…マインツはレヴァークーゼンに完封負け 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/29(月) 06:57:57.68 ID:CAP_USER9
    [1.28 リーガ・エスパニョーラ第21節 バルセロナ2-1アラベス]

     リーガ・エスパニョーラ第21節3日目が28日に開催され、無敗(17勝3分)で首位を独走するバルセロナがアラベスをホームに迎えた。前半23分に先制を許したバルセロナだったが、後半27分にFWルイス・スアレス、同39分にFWリオネル・メッシがゴールを奪い、2-1の逆転勝利を収めた。

     バルセロナは、この試合がバルセロナでのリーガデビューとなるMFコウチーニョを先発起用。しかし、前半23分に試合を動かしたのはアウェーのアラベスだった。バルセロナに押し込まれながらも、メッシのコントロールミスを拾ってカウンターを発動。FWイバイ・ゴメスの鋭いスルーパスからFWジョン・ギデッティが抜け出すと、PA内まで運んで右足シュートを突き刺して先制に成功した。

     1点を追いかけるバルセロナは前半43分にメッシが直接FKでゴールを脅かしたものの、枠を捉えたシュートは横っ飛びしたGKフェルナンド・パチェコに左手1本ではじき出されてしまい、同点ゴールを奪うには至らなかった。

     0-1とアラベスにリードされたまま後半を迎えると、同7分にバルセロナベンチが動き、ベンチスタートとなっていたMFセルジ・ロベルトとDFジョルディ・アルバを同時投入して状況を打開しようと試みる。しかし、バルセロナが圧力を強めながらも、守備に重心を置くアラベスを崩し切れずになかなか決定機を創出できない。

     後半21分にはコウチーニョに代えて、最後のカードとなるFWパコ・アルカセルをピッチへと送り込み、アラベスゴールをこじ開けようとする。同23分にはメッシのスルーパスからPA内に走り込んだL・スアレスが狙うも、シュートはパチェコの右足に阻まれてしまう。さらに同25分にはFWジェラール・ピケのラストパスを受けたMFパウリーニョが至近距離から放ったシュートが、パチェコにストップされるなど同点ゴールを奪えない。

     しかし後半27分、左サイドを突破したMFアンドレス・イニエスタのクロスをファーサイドのL・スアレスが右足ボレーで合わせてゴールを陥れ、ついにバルセロナが同点に追い付く。さらに同39分にはメッシが狙った直接FKが、パチェコに触れられながらもネットを揺らして逆転に成功。エースの今季20得点目が決勝点となり、バルセロナが苦しみながらも2-1の逆転勝利を収めた

    1/29(月) 6:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-01650004-gekisaka-socc

    20180129-01650004-gekisaka-000-3-view


    【<メッシの今季20点目が決勝点!>バルセロナ、アラベスに苦しみながらも、残り20分の逆転勝利で無敗キープ 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/29(月) 06:46:30.00 ID:CAP_USER9
    【ミラノ(イタリア)28日=倉石千種】地元メディアは28日、インテルのスパレッティ監督が、日本代表DF長友佑都の移籍を容認したと報じた。

     同国メディアなどによると、スペイン1部ベティスやトルコ1部フェネルバフチェが長友獲得に名乗りを上げている。スパレッティ監督は長友の移籍について問われると「長友はいい選手。でも私は、何も彼に約束できない。彼はプレーできるチームを探しているみたいだ。選手はプレーできるところへ行けるなら、行かなければならない」と、移籍を容認するような発言をしている。

    1/29(月) 6:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000035-sph-socc

     

    【<インテルのスパレッティ監督>長友移籍容認発言!「私は、何も彼に約束できない」ベティスやフェネルバフチェが名乗り 】の続きを読む

    このページのトップヘ