J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    海外サッカー

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2017/05/31(水) 01:32:45.11 ID:CAP_USER9
    ミランは資金力を得て1年越しの交渉をまとめ上がる。

     現地時間5月30日、ミランはビジャレアルからDFマテオ・ムサッキオ獲得したことを発表した。すでに1週間前からメディカルチェクやクラブハウス訪問の模様が伝えられてきたが、16-17シーズン終了を合図にようやく正式リリースされた。
     
     2021年6月まで4年契約で、移籍金は非公表だが現地メディアで1800万ユーロ(約21億6000万円)と報じられている。
     
     現在26歳のムサッキオはアルゼンチンのリーベルの出身で、2009年にスペインのビジャレアルBへ移籍。高さ、スピード、テクニックの三拍子が揃ったCBで、長期離脱する時期もあったがトップチームでの8シーズンで249試合に出場して7得点の成績を残した。
     
     ミランは昨夏もムサッキオを狙っていたが、条件面でビジャレアルと折り合わず破談。しかし、4月13日にシルビオ・ベルルスコーニから中国資本にオーナーシップが移って資金力が増し、1年越しに交渉をまとめ上げた格好だ。
     
     16-17シーズンのミランのCBは、アレッシオ・ロマニョーリこそ好パフォーマンスを見せたが、その相棒はガブリエル・パレッタ、グスタボ・ゴメス、クリスティアン・サパタが揃いも揃って安定感を欠いた。ムサッキオは新レギュラーとして期待される。
     
     中国資本になって最初の補強を完了させたミランは、さらにMFフランク・ケシエ(アタランタ)、DFリカルド・ロドリゲス(ヴォルフスブルク)、FWアルバロ・モラタ(レアル・マドリー)ともすでに個人合意済み。

    ケシエとロドリゲスは近日中にメディカルチェックを受けるとも報じられており、モラタに関するマドリーとの交渉も好感触を得ているようだ。

    SOCCER DIGEST Web 5/30(火) 20:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00026292-sdigestw-socc

    写真
    http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/26292_ext_03_0.jpg

    454306762musacchio

    【<ACミラン>ムサッキオ獲得を発表! 中国資本での補強第一号!モラタ(レアル・マドリー)ともすでに個人合意済み】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/30(火) 05:41:16.04 ID:CAP_USER9
    ブンデスリーガ・昇降格プレーオフ第2戦が29日に行われ、アイントラハト・ブラウンシュヴァイクとヴォルフスブルクが対戦した。

     ブンデスリーガ1部を16位で終えたヴォルフスブルク。ホームでの第1戦は1-0で先勝したが、わずか1点リードで敵地に乗り込むこととなった。最初のチャンスはブラウンシュヴァイク。13分、ペナルティエリア内中央のクリストファー・ニーマンが右サイドからの折り返しに右足で合わせるが、相手GKにセーブされた。

     ヴォルフスブルクは34分、エリア内左でパスを受けたヤニック・ゲルハルトが左足シュートを放つが、相手GKに阻まれる。39分には、右サイドからのFKで、ファーのゲルハルトが頭で折り返し、中央のマリオ・ゴメスが右足で流し込んでゴールネットを揺らすが、その前にファールがあったとの判定で得点は認められなかった。

     後半に入って49分、ついにヴォルフスブルクが先制に成功する。右サイドからの折り返しを受けたユヌス・マッリが、エリア内右で相手2人をかわして角度のないところから右足シュート。これは相手GKにブロックされるが、こぼれ球をヴィエイリーニャが右足ダイレクトで振り抜き、ゴールネットに突き刺した。

     反撃したいブラウンシュヴァイクだったが、82分にマクシミリアン・ザウアーがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場となった。終盤に数的有利となったヴォルフスブルクが優位に試合を進めるが、追加点は生まれず、このまま1-0でタイムアップ。ヴォルフスブルクが2戦合計2-0でプレーオフを制し、クラブ史上初の降格を回避することに成功した。一方、敗れたブラウンシュヴァイクは2013-14シーズン以来の1部復帰を逃した。

    【スコア】
    ヴォルフスブルク 1-0(2戦合計:2-0) アイントラハト・ブラウンシュヴァイク

    【得点者】
    1-0 49分 ヴィエイリーニャ(ヴォルフスブルク)

    SOCCER KING 5/30(火) 5:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00594225-soccerk-socc

    vfl_wolfsburg

    【ヴォルフスブルクが初降格を回避…入れ替え戦を連勝で制し1部残留決定!】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/30(火) 19:54:49.37 ID:CAP_USER9
    バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)が30日、千葉・成田空港に緊急来日した。

     今回の来日は、サポート契約を結ぶ寝具メーカー、東京西川のプロモーションのため。ネイマールが午後5時48分に到着口に姿を見せると、ロビーは大挙したファンの“ネイマールコール”に包まれた。

     ネイマールは到着したばかりで、やや疲れた表情を見せつつも、ファンのサインの求めに意欲的に応じた。その後、日本の取材陣の呼び掛けには応じず、空港を後にした。

    取材陣の中には、テレビ東京系「YOUは何しに日本へ?」の撮影クルーも来ていた。ネイマールは翌31日に都内でイベント「東京西川 AiR 夢のすいみん学校」を開催する。

     ネイマールは、27日の国王杯決勝アラベス戦で決勝ゴールを決め、チームを3連覇と史上最多29度目の優勝に導いた。リーグ戦こそ3連覇には失敗したが、30試合に出場し13得点11アシストを記録。4月3日のグラナダ戦では、13年5月のバルセロナ加入から約4年でクラブでの公式戦通算100ゴールを達成した。

     バルセロナは29日(日本時間30日)に、退任したルイス・エンリケ監督の後任に、16-17シーズンにビルバオを率いた、OBのエルネスト・バルベルデ新監督(53)の就任を発表した。【村上幸将】

    日刊スポーツ 5/30(火) 18:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-01832205-nksports-socc

    写真
    http://cache8.nipc.jp/soccer/world/news/img/neiP2017053002273-w300_0.jpg

    Bt2d9nVCIAE9fKv

    【<ネイマール緊急来日!>何しに日本へ?テレビ東京「YOUは何しに日本へ?」の撮影クルーも来た 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/30(火) 20:52:19.45 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 5/30(火) 20:33配信

     日本代表MF香川真司(28)が所属するドルトムントは30日、トーマス・トゥヘル監督(43)の退任を発表した。事実上の解任で、後任は未定。

     トゥヘル氏は30日、自身のツイッターで「美しく、波乱に富み、エキサイティングな2年に感謝している。続けられないのは残念だ。応援してくれたファン、チーム、スタッフにありがとう。ドルトムントの幸運を祈っている」と2年間率いたクラブに別れを告げた。

     トゥヘル氏は、日本代表FW岡崎(現レスター)が所属したマインツを09~14年に指揮。地方の小クラブを10~11年にクラブ最高の5位に導くなど若き名将と評価され、15年にドルトムントの監督に就任していた。2年目の今季はドイツ杯優勝でチームに5季ぶりのタイトルをもたらしたものの、地元メディアではバツケ社長、選手らとの関係悪化が伝えられていた。

     地元紙ビルトでは、後任候補にニースのルシアン・ファブレ監督(59)、FW大迫が所属するケルンのペーター・シュテーガー監督(51)らが挙っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000146-spnannex-socc

    borussiadortmundold

    【ドルトのトゥヘル監督が退任決定!「美しく、波乱に富み、エキサイティングな2年に感謝」】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/30(火) 22:18:59.43 ID:CAP_USER9
    オーナーのクロンケ氏と会談し合意、31日に正式発表の見込み

     アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が今季限りで契約満了となるなか、去就問題に注目が集まっていたが、新たに来季から2年契約を結ぶことで合意に達した。英公共放送「BBC」が報じている。

     ベンゲル監督は今季のプレミアリーグで5位に終わり、来季UEFAチャンピオンズリーグ出場権をアーセナル就任21年目にして初めて逃していた。「ベンゲル・アウト」というサポーターの解任騒動も起きるなど、その立場は厳しさを増していたが、FAカップ決勝でチェルシーを2-1で撃破。監督として史上最多7度目の同杯優勝を成し遂げていた。

     そしてベンゲル監督は、30日にオーナーのスタン・クロンケ氏と会談し、2年契約で合意に達した。31日に正式発表される見込みだと報じられている。名古屋グランパスの監督を退任後、1996年からアーセナルを率いるベンゲル監督は、現代サッカー界で唯一無二の長期政権を維持しており、今回の契約を全うすれば“23年体制”となる。

    Football ZONE web 5/30(火) 22:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00010028-soccermzw-socc

    F05SNK0005_3

    【<アーセナル>ベンゲル監督の続投決定! 2年契約合意とBBC報道、“23年政権”へ】の続きを読む

    このページのトップヘ