J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    鹿島

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2018/01/19(金) 21:12:45.15 ID:CAP_USER9
    鹿島アントラーズは19日、豊川雄太がベルギーリーグ1部・KASオイペンに完全移籍すると発表した。

     豊川は大津高出身の23歳。同高校でチームメイトだった日本代表の植田直通とともに2013年に鹿島へ入団。1年目こそ出番を得られなかったが、2年目から出場機会を得ると得意のドリブルで攻撃に変化を付ける存在として重宝された。

     そして、2016年からの2シーズンはファジアーノ岡山に期限付き移籍。チームの得点源として活躍を見せ、昨季は35試合で8得点を挙げていた。

     また、U-23日本代表の経験もあり、リオ五輪出場こそ逃したが本大会の出場権が掛かった2016年1月のU-23アジア選手権に参戦。イランとの準決勝では途中出場ながら値千金の決勝点を決めるなど、印象的な活躍を見せていた。

     豊川はクラブを通じ、下記のようにコメント。

    「2013年に新人として加入してから今まで、本当にお世話になりました。鹿島アントラーズでプレーできたことはすごく幸せでしたし、とても有意義な時間を過ごすことができました。

    一緒に戦ったチームメート、スタッフ、プロになるきっかけを与えてくれたスカウトの方々には心から感謝しています。

    サポーターの皆さんは常に力強い声援を送ってくれ、特に2014年開幕戦でスタメン出場した時の温かいサポートは、今でも忘れることができません。

    海外でプレーすることは小さい頃からの夢で、言葉や生活を含めて、いつか厳しい環境に身を置いてサッカーをやりたいと思っていました。

    今回、ベルギーでプレーするチャンスがもらえたので、自分の持ち味であるアグレッシブさや動き出し、シュートまで持っていく積極的なプレーをどんどん出していきたいです。

    壁にぶち当たっても、これまでと同じように一歩一歩、成長できたらと思います。自分のキャラクターを生かして頑張りますので、海外に行っても是非応援してもらえるとうれしいです」

     鹿島と岡山で多くの経験を積んだ若武者が選んだ初の欧州挑戦。ベルギーの地で豊川がどのようなプレーを見せるのか注目が集まる。

    1/19(金) 15:51 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180119-00034883-sdigestw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180119-00034883-sdigestw-000-4-view.jpg

    20180119-00034883-sdigestw-000-4-view

    【<豊川雄太(鹿島アントラーズ)>ベルギー1部へ!KASオイペンに完全移籍「厳しい環境に身を置いてサッカーをやりたい」 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/14(日) 12:46:04.06 ID:CAP_USER9
    2018年シーズンの開幕へ向けて各クラブが戦力を補強するなかで、実力と人気を兼ね備える内田篤人が10年夏以来のJリーグ復帰を果たした。古巣の鹿島アントラーズに舞い戻った29歳の元日本代表は、所属クラブだけでなくJリーグ全体に大きな影響をもたらすだろう。

    実力はいまだトップレベル

    今年3月に30歳の誕生日を迎える内田は、ブラジルW杯後の14-15シーズンからケガとの格闘を強いられてきた。所属するシャルケ(ドイツ)のゲームで彼を見る機会は限られ、昨夏に移籍したドイツ2部のウニオン・ベルリンでも定位置確保に至らなかった。

    内田はもう、全盛期を過ぎてしまったのか。

    否、そうではない。ウニオン・ベルリンで出場機会を得られなかったのは、あくまでもチーム事情によるものだった。ドイツ・ブンデスリーガの1部でも、十分にプレーできるレベルにある。現在の彼に足りないものは実戦経験で、ゲームを重ねていくことで本来のプレーを取り戻していくに違いない。

    三つの立場を知る稀有な存在
    鹿島にとっては最高の補強である。

    右サイドバックとしての実力は前述したとおりだ。07年から09年のJ1リーグ3連覇に貢献した内田は、鹿島が伝統とする“勝者のメンタリティ”を知る選手だ。チームが苦境に立たされたときに、その存在は際立っていくだろう。守備にも攻撃にもスキのない本来のプレーを見せていけば、日本代表への復帰も見えてくるはずだ。

    若年層から日本代表に選出されてきたエリートだが、挫折知らずではない。10年の南アフリカW杯では、直前でスタメンから降格した。ウニオン・ベルリンでも、控えに回ることが多かった。

    ケガによる離脱も経験してきた。ピッチに立てない歯がゆさに、チームの練習に参加できない寂しさに、内田は触れてきた。

    試合に出る選手の責任感と自覚を知り、控えの立場からチームを支える重要性を理解し、ケガで離脱する選手の気持ちも汲み取ることができるのが、内田という選手なのである。サッカー選手が経験する三つの立場を、知り尽くしていると言っていい。

    しかも、欧州5大リーグのひとつに数えられるブンデスリーガで8シーズンを過ごし、ワールドカップの舞台にも立っている。彼の行動と言葉には、圧倒的なまでの説得力がある。

    だからといって、自分の意見を押し付けるようなタイプではない。周囲と調和しながら勝利に向かっていくのが、内田という男である。監督からすれば、これほど頼もしい選手はいないだろう。

    ケガと向き合ってきた日々は、メディカルスタッフとの共闘でもあった。周囲の支えがあって選手はピッチに立てることを、内田は身体に刻み込んでいる。彼のさりげない気遣いが、スタッフを含めたチーム全体の一体感を高めていくに違いない。

    内田が復帰した鹿島の18年は、例年にも増して注目である。

    2018年1月13日 20時25分 All About
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14154145/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/5/a5f7b_300_7be68b5a_cf3b7cd1.jpeg

    yjimage

    【<内田篤人>もう、全盛期を過ぎてしまったのか?復帰が、鹿島アントラーズにとって「最高の補強」である理由 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/10(水) 14:44:33.79 ID:CAP_USER9
    1/10(水) 14:30配信
    【鹿島】今季の背番号発表 FW金崎夢生が10番!内田は2番

     鹿島の新体制発表会が10日、鹿嶋市内で行われ、FW金崎夢生が今季から10番を背負うことが発表された。ドイツ2部ウニオン・ベルリンから加入のDF内田篤人は2番。

     新加入、背番号変更選手は以下の通り。

    GK沖悠哉(鹿島ユース→) 31番

    DF内田篤人(ウニオン・ベルリン→) 2番

    DF安西幸輝(東京V→) 32番

    DF犬飼智也(清水→)39番

    FW金崎夢生 10番

    FW山口一真(阪南大→)19番

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000112-sph-socc

    original

    【≪鹿島アントラーズ≫ 今季の背番号発表 FW金崎夢生が10番!内田篤人は2番! 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/05(金) 07:02:36.23 ID:CAP_USER9
    J1清水エスパルスのDF犬飼智也(24)が鹿島に移籍することが4日、濃厚となった。名古屋など複数のクラブからオファーを受け、
    契約を残す清水からも強く慰留されていたが、複数の関係者によるとこの日までに鹿島入りを決断したという。

    犬飼は清水ジュニアユース、同ユースを経て、12年にトップ昇格。13年夏から松本に期限付き移籍すると徐々に頭角を現し、
    14年には42試合に出場して6得点をマーク。15年から清水に復帰し、翌年からは副将に就任するなどDFリーダーとしてチームを支えてきた。

    下部組織出身で清水への愛着は人一倍持っていたが、日本代表入りを見据え、ステップアップのために強豪・鹿島への移籍を決断した模様だ。
    清水はすでに元韓国代表DFファン・ソッコの獲得を発表。DF立田ら若手も含めセンターバック陣の奮起が求められそうだ。

    1/5(金) 6:06配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000301-sph-socc

    yjimage

    【<DF犬飼智也(清水エスパルス)>鹿島アントラーズ移籍濃厚!強く慰留受けたが代表入り見据え決断 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/06(土) 19:21:30.30 ID:CAP_USER9
    ベルギー1部のオイペンは5日、鹿島アントラーズに所属していたMF豊川雄太を獲得したことを発表した。だが、
    同選手の移籍をめぐってイングランドのメディアやファンの間に少々混乱が生じている模様だ。


    現在23歳の豊川は2013年に鹿島に加入し、2016年と17年はファジアーノ岡山へ期限付き移籍していた。
    オイペンは、豊川が「イングランド2部のリーズへ移籍し、リーズからオイペンへレンタルされる」と公式サイドで発表を行っている。

    リーズは今月4日に、ガンバ大阪から日本代表MF井手口陽介を獲得することを発表。続いてスペイン2部のクルトゥラル・レオネサが井手口を今季末までの期限付き移籍で獲得することを発表した。
    井手口も豊川も英国でプレーするために必要な労働ビザを取得することが現時点で不可能なため、同様のルートで他国のクラブへ一旦レンタルされる形となる。

    だが問題は、リーズが井手口の獲得を発表しながらも、豊川の獲得は発表していないことだ。

    オイペンからの獲得発表は行われているが、経由クラブとなるリーズからの発表がないことに対し、不可解だという見方が生じている。なお、鹿島や岡山からも発表は行われていない。

    英メディア『リーズライブ』は、リーズのクラブに近い筋の関係者が「ベルギーからの発表に当惑するリアクションを見せた」「クラブは豊川獲得の憶測をすぐに打ち消した」と伝えている。
    『BBC』記者のアダム・ポープ氏のものだとされるツイッターアカウントでも、「オイペンはレンタルを発表したが、リーズはFW豊川雄太とサインはしていないと言っている」とツイートされている。

    オイペンからの発表によれば、豊川は7日からチームに合流し、正式に手続きを済ませてプレー可能となる見通しだという。その予定通りにベルギーでのプレーを開始することになるのだろうか。

    1/6(土) 17:32配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00250069-footballc-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180106-00250069-footballc-000-view.jpg

    yjimage (6)

    【<豊川雄太の欧州移籍めぐり混乱>ベルギークラブは発表も「リーズは契約していない」? 】の続きを読む

    このページのトップヘ