J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    鹿島

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2017/05/31(水) 13:56:51.91 ID:CAP_USER9
    J1鹿島は31日、昨季チームをリーグ優勝に導いた石井正忠監督(50)の解任を発表した。初制覇を狙ったアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)での
    30日の敗退が決め手となった。後任には大岩剛コーチ(44)が昇格する。

     石井監督は2015年7月に就任し、ヤマザキナビスコ・カップ(現YBCルヴァン・カップ)で優勝。昨季はJ1と天皇杯全日本選手権を制し、
    クラブワールドカップ(W杯)も準優勝と実績も残した。大型補強を行った今季だが、レオシルバら主力に故障者も出て、ここまでリーグは7勝5敗の7位。
    5敗は全てホーム試合だった。〔共同〕

    http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK30332_R30C17A5000000/

    s-sato2016082011mu-ogp_0

    【J1鹿島、石井監督を解任 後任に大岩コーチ】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/23(火) 07:50:52.31 ID:CAP_USER9
    アジア・チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦◇第1戦 広州恒大―鹿島(23日、広州天河体育中心)

     【広州(中国)22日=内田知宏】鹿島MF三竿健斗(21)が自身初のセンターバックで広州恒大戦に先発することが22日、有力になった。この日の公式練習で主力組に入った模様。センターバックの植田、町田が負傷離脱し、経験者の西も負傷で帯同していない。ブエノは助っ人枠で登録外だ。

     本職が昌子しかいない中で抜てきされる三竿健は「紅白戦ではやったことがある。もともと守備が好きで自分の特長。(本職の)ボランチでもセンターバックでも自分の良さを出せる」と意気込んだ。決勝T1回戦は過去に4度敗れている鬼門。石井正忠監督(50)は「最低でも勝ち点を取る」と選手の奮闘を期待した。

    スポーツ報知2017年5月23日07時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/20170523hochi026/

    【サッカー】<ACL>決勝トーナメントに鹿島、浦和、川崎の3チーム挑む!将来の出場枠かかる重要な戦い
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495463095/

    pAZOzUZx

    【<ACL>鹿島アントラーズ、広州恒大戦...MF三竿健、初のCB先発有力!「もともと守備が好き」植田、町田、西が負傷離脱】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/10(水) 14:30:17.52 ID:CAP_USER9
    ゴールデンウィーク期間中に行われたJ1の大一番、浦和レッズ対鹿島アントラーズ戦。

    会場となった埼玉スタジアム2002には今季最多となる5万7447人が押し寄せるなど、注目度の高さが窺えた。

    金崎夢生のゴールや森脇良太の騒動ばかりが話題になっているこのゲームだが、鹿島DF昌子源が見せた足技が密かに反響を呼んでいる。

    https://www.youtube.com/watch?v=CAc0VHwPtMc



    0-1とリードし迎えた34分、関根貴大からボールを奪った昌子。

    するとトランジションの早い浦和はFW武藤雄樹が前線からすぐさまチェックに行くも、昌子は冷静にボールをコントロール。その後も武藤に積極的にプレッシャーをかけられたものの、昌子は最終的に華麗なターンで振り切ることに成功した。

    自陣でもボールを失わない技術力と落ち着きは素晴らしいが、すぐ大きく蹴り出さないという判断も評価に値する。そして、こうしたシーンをしっかりと紹介してくれるJリーグのYouTubeチャンネルもナイスな選択だ!

    昨年のクラブワールドカップで堂々とした守備力を披露し、株を上げた昌子。しかし今季はとくに足技で違いを見せつけており、ベガルタ仙台戦では得点に直結するプレーも。これは来月初旬に行われる日本代表戦での活躍も楽しみだ!

    http://qoly.jp/2017/05/09/gen-shoji-skills-vs-urawa-reds-kwm-1

    昌子源

    【鹿島DF昌子、足技がハンパない!6万人がザワついた「神プレー」が話題】の続きを読む

    このページのトップヘ