J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    W杯

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2017/05/19(金) 18:46:47.02 ID:CAP_USER9
     親善試合シリア戦(6月7日、味スタ)、W杯アジア最終予選イラク戦(6月13日、テヘラン)に臨む日本代表メンバーが25日に発表されることが決まった。

     通常は23人前後を招集するが、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は「次回のリストは人数を増やすかもしれない。手もとに呼んでプレーできるかを見極めたい」と枠を拡大する方針を示している。左足小指骨折からの復帰を目指す今野(G大阪)らケガ人や、所属クラブで出場機会のない本田(ACミラン)ら欧州組の状態が不透明なため、事前合宿でコンディションを確認する狙いがある。

     イラク戦の会場となるシャヒード・ダストゲルディ・スタジアムはピッチ状態が悪いことが予想されるため、指揮官は「会場に関して心配なところがある。グラウンドは良い状態を期待しない方がいいかもしれない。グラウンドに合わせた部分の戦略も出てくる。悪いグラウンドでも戦える選手を考えないといけない」と攻撃オプションとして空中戦で力を発揮するタイプの選手を招集する可能性も示唆している。

     28日からはシーズンを終えた欧州組による国内合宿を予定。国内組の合流は6月4日のJリーグ第14節後になるため、シリア戦は欧州組中心のメンバー構成となる見通しだ。

    スポニチアネックス 5/19(金) 18:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000131-spnannex-socc

    1444360419

    【<ハリルJ>W杯アジア最終予選イラク戦、25日メンバー発表!「悪いグラウンドでも戦える選手」招集】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/19(金) 17:06:16.90 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3128790?act=all

    【5月19日 AFP】カタールの首都ドーハ(Doha)で19日、2022年のサッカーW杯(2022 World Cup)で会場となるスタジアム第1号がお披露目される。冷房完備の「ハリーファ国際スタジアム(Khalifa International Stadium)」だ。

     1976年に建設された同スタジアムは、W杯招致に当たって改修が行われ、最大4万人収容の施設に生まれ変わった。新設された冷房システムは、1キロ程離れた施設からパイプを通してスタジアムに冷水を送り、この水で冷やした風を約500か所の送風口から噴き出す仕組みで、客席の気温を23度に保つ。

     冷房システムを監督するカタール大学(Qatar University)のサウド・ガニ(Saud Ghani)教授は、「冷房完備の開放型スタジアムは世界に類を見ない」と述べ、世界初の設備だとたたえた。他の冷房設備と比べて最大40%のエネルギー節約になるという。

     ただ、皮肉なことに2022年W杯の開催時期は冬季の11月~12月に変更されたため、観戦客がこの冷房システムを体感する機会はないかもしれない。(c)AFP/David HARDING

    2017/05/19 14:09(ドーハ/カタール)

    公開されたカタール・ドーハの「ハリーファ国際スタジアム」(2017年5月18日撮影)。(c)AFP/KARIM JAAFAR
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/d/-/img_9df4b655c7174e13c9eb43f5606f6c24238629.jpg

    img_9df4b655c7174e13c9eb43f5606f6c24238629

    【 冷房完備のW杯スタジアムお披露目、カタール】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/19(金) 09:40:23.17 ID:CAP_USER9
     【No Ball,No Life】

     9日に行われた国際サッカー連盟(FIFA)の理事会で、出場チームが現行の32から48へと拡大する2026年W杯の大陸別出場枠が決定した。アジアにはストレートイン枠8に加え、プレーオフ出場枠が1つ割り当てられ、最大で9チームの出場が可能となり、現状の4・5から倍増となった。

     日本は初出場だった1998年フランス大会以降、5大会連続でW杯本大会に出場しており、2018年ロシア大会の切符獲得も目前だ。すでにアジアで強豪の地位を築いた日本にとって、最大9にまで本戦出場枠が増えたアジア予選は“ぬるま湯”にも思えるが、予選開催方式次第でアジア予選の難しさは現状維持となる可能性もある。

     真っ先に考えられる不安要素は、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で採用されている東西分割案だ。決勝以外は東と西のクラブが対戦しないACL方式では、アウェー戦での移動距離が短くなり、選手の負担が軽減されるという利点がある。だが東西にそれぞれ4枠と割り振られた場合、日本は韓国、豪州、北朝鮮、中国といったW杯出場経験国に加え、タイのように今後のレベルアップが予想される東南アジア勢との戦いで4位以上をキープし続けなければならなくなる。

     日本協会の田嶋幸三会長も「そうすると本当に強い8チームが(本大会に)行くのか分からない」と安易な東西分割開催にはNOを突きつける方針だという。

     共催が認められやすくなったことも、不安材料となり得る。東南アジア4カ国共催で行われた2007年アジア杯は開催国枠が4となったため、本来なら前回大会王者として予選免除となるはずの日本が予選出場を強いられたケースがあった。

     韓国協会の鄭夢奎会長は2030年大会を日本、中国、韓国、北朝鮮の4カ国で共催しようというプランを勝手にぶち上げているという。さすがにこれが実現する可能性はかなり低いと思うが、本当に4カ国で共催したら、豪州あたりは予選で苦しむはずだ。勝手に共催仲間に組み込まれるのも迷惑な話だが、日本を含まない形でアジアで共催されると、予選は一気に厳しくなる。

     日本としてはFIFAランキング上位国はシード権を得て、最終予選のみの出場という形が理想だ。現行では日本はアジア予選を最低でも18試合も戦わなければならないが、予選期間が短くなれば欧州、南米勢との親善試合を増やせる。強豪との親善試合は強化だけでなく、日本協会の収入にも大きな影響を及ぼす。

     予選開催方式で外堀を埋められ、鄭夢奎会長の共催プランに乗らざるを得ないというのが一番怖い。“絶対に負けられない戦い”は、予選そのものではなく、開催方式を巡る外交だ。(清水公和)

    サンケイスポーツ 5/18(木) 15:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000530-sanspo-socc

    QF

    【<2026年W杯アジア予選>“絶対に負けられない戦い”は予選そのものではなく開催方式を巡る外交!】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/18(木) 18:36:10.46 ID:CAP_USER9
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が、20日に行うJ1第12節で“はしご視察”を行うことが判明した。

     6月にW杯予選を戦う日本代表メンバーの見極めのために奔走する。ハリルホジッチ監督は20日14時キックオフの埼玉スタジアムで行う浦和レッズ対清水エスパルスに訪れたあと、16時にキックオフの大宮アルディージャ対セレッソ大阪を行うNACK5スタジアムに移動。移動時間を考慮して埼玉スタジアムは遅くとも後半が始まるころには離れる予定だという。

     またハリルホジッチ監督は前日19日にカシマスタジアムで行う鹿島アントラーズ対川崎フロンターレも視察予定。

     日本代表メンバーは25日15時より発表を予定している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-01639845-gekisaka-socc

    spo15031408510010-m4

    【ハリル、メンバー見極めに奔走…埼スタ→NACKはしご視察】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/05/15(月) 22:55:22.44 ID:CAP_USER9
    FIFA理事会が、参加チーム数が48か国に拡大されることが決まっている2026年ワールドカップの大陸別出場枠を決定した。

    3月末に突然発表されたインファンティノ会長からの提案をそのまま追認したもので、アジア枠は現在の「4.5」(プレーオフ枠を含む)から「8」に拡大されることになった。

    ロシア・ワールドカップ予選ではどういうわけか大苦戦中の日本代表だが、出場枠が「8」になれば出場権は約束されたも同然になることだろう。めでたし、めでたし…。

    しかし、「ワールドカップに出場するだけで嬉しい」というのなら、たしかに「めでたし、めでたし」なのだが、「日本代表を強化して、将来的には優勝を目指そう」という気持ちが少しでもあるのなら、そんな微温湯のような予選しか戦えないようでは困る。

    数少ない出場枠を目指してイランや韓国といった強豪と激しい戦いを繰り広げて、お互いに切磋琢磨してこそ、強化が可能となるのではないだろうか? 

    いや、できればアジアの枠を離れて世界の強豪と常に真剣勝負を戦うことが必要だ。つまり、予選は大陸別ではなく「世界予選」形式にして、ヨーロッパや南米の強豪と真剣勝負をできる環境を作ってほしいのだ。

    さて、アジア以外の大陸の枠はアフリカ枠が「5」から「9」、北中米カリブ海が「3.5」から「6」、オセアニアが「0.55」から「1」とそれぞれほぼ倍増。南米も「4」から「6」と50%の増加になる。

    それに対して、実力的に圧倒的な優位にあるヨーロッパ大陸の枠は「13」から「16」と「微増」にとどまった。要するに、サッカー後進地域が優遇されたのである。

    もし、ワールドカップがサッカーの実力世界一を決める世界選手権であるのなら、やはり世界最強のヨーロッパにはさらに多くの出場枠を与えるべきだったはずだ。そして、2014年のブラジル大会で惨敗したアジア大陸の枠は本来なら縮小されるべきものだった。

    それでも、ヨーロッパを微増にとどめたのは、FIFAはこのワールドカップという大会をスポーツの選手権としてではなく、サッカー普及の(あるいは金儲けの)ためのイベントと考えているからなのだろう。この辺りに、まさにFIFAの出場国拡大の思惑が透けて見える。

    豊富な資金を投入して有名選手を「爆買い」したり、多くの強豪クラブを買収したりと、ヨーロッパのサッカー界に巨額の資金を投資しているのが中国やカタールをはじめとした中東産油国である。

    だが、現状では中国も中東産油国も、ワールドカップ・アジア予選を突破して本大会に出場することは難しそうだ。それでは、彼らの「サッカー熱」もいつ冷めてしまうかわかったものではない。

    たとえば、中国では「サッカー好き」と言われる習近平国家主席の号令の下、国策として「サッカー強国化」プロジェクトが推進されている。中央政府の政策に従って地方政府や大企業も多額の資金をサッカーにつぎ込んでいるのだ。

    つづく
     
    2017年05月15日17:35
    http://www.jsports.co.jp/press/article/N2017051511134602.html

    後藤

    【<後藤健生>W杯出場枠拡大は歓迎すべきことか? ヨーロッパのビッグクラブはどう思う? 】の続きを読む

    このページのトップヘ