J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    広島

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

    1: \(^.^)/ 2018/04/17(火) 06:21:19.58 ID:CAP_USER9
    大ピンチになりかねない状況を、逆転の発想でチャンスに変えた。というよりも当面は理想を捨て去り、半ば開き直ったアプローチでチーム作りを進める選択が鮮やかに奏功した。
    8試合を終えた段階で7勝1分けと、J1の18チームのなかで唯一、無敗をキープ。2位のベガルタ仙台に勝ち点7差をつけ、独走状態に入りつつあるサンフレッチェ広島の強さの秘密を探っていくと、城福浩新監督(57)が始動前に下した英断に行き着く。

    就任前の段階ですでに決まっていた新チームのスケジュールを見たとき、少なからず驚いたと城福監督はいまでも苦笑いする。全体練習のスタートは1月22日。J1のなかでは最も遅い始動で、2月24日の開幕戦まで1ヶ月ちょっとしかない。
    加えて、全日程が発表されたリーグ戦では、第2節でアジア王者の浦和レッズと敵地で激突。第3節以降は鹿島アントラーズ(2位)、ジュビロ磐田(6位)、川崎フロンターレ(優勝)、柏レイソル(4位)、横浜F・マリノス(5位)と昨シーズンの上位勢との対戦が続く。

    第2節から4連敗を喫するなど、スタートでのつまずきが最後まで響いた昨シーズンは、15位でかろうじてJ1残留を果たした。苦戦が続いた7月には、J1制覇へ3度導いた森保一監督(現U-21日本代表監督)が不振の責任を取る形で辞任している。
    昨シーズンの二の舞を避けるためにも、序盤戦でしぶとく勝ち点を積み重ねる必要があった。理想と目の前の現実を重ね合わせた末に、城福監督は腹をくくった。

    「まずは守備を構築しないと、リーグ戦を戦い抜けないと思いました。対戦カードがはっきりしているなかで、ここ(序盤戦)で守備が危うければ、おそらく黒星が先行する状況で戦っていかなければならない。もちろん攻撃も追い求めていきますけど、
    開幕に間に合わせたのは守備ということです」

    初めてFC東京を率いた2008年から、理想として掲げてきたスタイルがある。人とボールが絶え間なく動き、試合を支配し続けることで見ている人の心をも動かすサッカーを、キャッチーな造語『ムービング・フットボール』とともに標榜してきた。

    ただ、完成させるには相当の時間を要することもわかっている。広島指揮官への就任会見でも「やりたいと思って数週間後にできるほど、ハードルは低くありません」と明言。
    FC東京では監督を2度解任され、J1昇格及び残留に導いたヴァンフォーレ甲府でも具現化できなかった。

    これまでの苦い経験から、現実にもしっかり目を向ける必要性を痛感してきた。だからこそ組織的な守備網の構築を急いだ。
    8試合でわずか2失点、ひとつはPK、対戦相手を零封すること実に6度という群を抜く堅守に、指揮官は「決して守備的に戦っているわけではない」と力を込める。

    「ドン引きして守ることだけが、守備の練習ではありません。いかにして前からボールを奪えるか。
    守備をしているけれども、自分たちがイニシアチブを握っているような場面を作り出せるのか、ということも含めて練習してきました」

     基本陣形を「4‐4‐2」として、2トップには前線からの献身的なプレスを求めた。両サイドハーフに対しても然り。ボランチの一角にはJ1でも屈指の運動量の多さを誇りながら、
    昨シーズンは14試合の出場にとどまった、甲府時代の愛弟子でもある稲垣祥を抜擢した。

     開幕以降も練習メニューに走り込みを入れるなど、リーグ戦と同時進行でスタミナ増強にも徹底して取り組んできた。
    城福監督も「運動量が多ければいい、というわけではない」としながらも、たくましさを増してきた選手たちに手応えを感じている。

    つづく

    4/17(火) 5:00配信 THE PAGES
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000001-wordleafs-socc

    【<サンフレッチェ広島>無敗でJリーグ首位独走!なぜ強い? 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/31(土) 06:39:13.09 ID:CAP_USER9
    川崎フロンターレは30日、翌31日に行われる明治安田生命J1リーグ第5節のサンフレッチェ広島戦のチケットが、予定販売枚数終了となったことを発表した。

    川崎と広島の一戦は、等々力陸上競技場にて16時キックオフ予定。川崎は30日、公式HPにて「本日付で全席種の予定販売数を終了(完売)いたしましたので、お知らせいたします」と報告し、 以下のように説明している。

    「全席種、完売のため、当日券販売およびアップグレードサービス・ダウングレードサービスは実施いたしません」

    「予約キャンセルが発生した場合に限り再販売を行う場合があります」

    「最新の情報は『ホームゲームチケット販売状況』または『チケフロ』をご確認ください」

    今季の明治安田生命J1リーグ第4節を終え、3勝1分けと無敗の両チーム。勝ち点「10」で並ぶ首位・2位対決に注目だ。

    3/31(土) 0:01配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00735895-soccerk-socc

    写真
    no title

    【<Jリーグ>川崎フロンターレとサンフレッチェ広島の首位・2位対決、満員の等々力で…チケット完売と発表! 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/30(金) 03:18:09.12 ID:CAP_USER9
    J1広島のサッカー場建設地、決定が難航 3候補地 住民合意などに課題
    3/29(木) 23:36配信
    山陽新聞デジタル

    サッカースタジアムの建設候補地
    http://static.sanyonews.jp/image/box/085855691d0ed5eafa46ab36689d612e.jpg

    J1サンフレッチェ広島の新しい本拠地となるサッカースタジアムの建設地決定が難航している。
    広島県と広島市、広島商工会議所が広島みなと公園(同市南区)、サンフレッチェが旧市民球場跡地(同市中区)を推して意見がまとまらず、
    4者協議で2016年9月、同跡地近くの中央公園広場(同)が候補地に加えられた。
    だが、同広場の地元住民から「一帯のまちづくりの方向性が見えない」などとして撤回を求める声が上がり、地元との協議の進展が見通しにくい事態になっている。

    「候補地から外すこと」―。2月14日、中央公園広場周辺の住民代表でつくる「基町の明日を考える会」の徳弘親利会長ら4人が市役所を訪れ、
    松井一実市長に要望書を手渡し、撤回を求めた。

    同会は17年1月、同広場周辺の騒音や交通渋滞への対策など疑問点をまとめた質問書を市などに提出。
    市はこれまでに2回、地元の会合で質問書に回答してきたが、反対の声は根強い。
    同会によると、要望書とともに提出した反対署名は約1400人分で、今後さらに増える見通しという。

    サッカースタジアム候補地の主な比較
    http://static.sanyonews.jp/image/box/7ede67a3862826e2821ca4ab50c3ab78.jpg

    4者協議

    スタジアムの候補地は、サンフレッチェなどからの建設の要望を踏まえ、県と市、商工会議所、県サッカー協会が、
    学識経験者らによる検討協議会を13年6月に設置して選定を開始。協議会の提言(14年12月)はみなと公園と球場跡地の2カ所を候補地に挙げた。

    これを受けて県、市、商工会議所が15年7月に出した方向性は「みなと公園が優位」。
    整備費が球場跡地に比べ少額なほか、敷地が広く他の機能を併設しやすいことなどが理由だった。
    しかし、16年3月にサンフレッチェが「みなと公園はアクセスが悪く、採算が取れるだけの集客が見込めない」などとして球場跡地を推し、平行線をたどった。

    事態打開へ4者協議で浮上したのが、協議会の審議では候補地から外れていた中央公園広場だった。

    「中央公園広場は190億円程度」。市は17年12月の市議会都市活性化対策特別委員会で、同広場での概算事業費を示した。
    3候補地のうち最も多額な球場跡地の約260億円に比べ70億円節減できる計算だ。

    集客力を重視

    市の試算では、中央公園広場はJRなど公共交通機関が利用しやすく繁華街に近いため、年間集客予測は球場跡地と同じ約45万人。
    「集客力の面で、最も重視している立地条件を満たしており、球場跡地との優劣差はほとんどない」。サンフレッチェ関係者も肯定的に評価する。

    建設地は3案の中から絞り込まれるが、同広場には地元住民の合意という壁がある。

    騒音や交通渋滞などを懸念する声に対し、市は防音壁設置といった対策を示しているが、「基町の明日を考える会」は2月の松井市長への要望書提出に際し
    「建設ありきの協議はおかしい」と指摘。市長は「まちづくりの方向性を提示した上で、候補地として理解を求めていく」と述べた。

    残された課題は住民合意だけではない。多額の事業費の財源をどう確保するのか、市民に開かれた施設としてサッカー以外にどんな機能を持たせるのか―。
    スタジアム建設のゴールはまだ見えてこない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00010002-sanyo-l34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00010002-sanyo-l34&p=2

    【J1サンフレッチェ広島のサッカー場建設地、決定が難航 中央公園周辺住民「候補地から外せ」】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/15(木) 20:55:57.59 ID:CAP_USER9
    14日にエディオンスタジアム広島で行われたルヴァン杯第2節のサンフレッチェ広島対名古屋グランパスの入場者数が7777人だった。

     ラッキーセブン。2016年5月8日のJ3第6節の盛岡対鹿児島(いわスタ)の一戦で、入場者数777人を記録したことはあったが、ぞろ目で7が4つ揃うのはJリーグ主要大会では初の出来事。スタジアムで入場者数が発表になると、驚きの声が上がった。

     広島のアンバサダーを務める森崎浩司氏も試合後にSNSを更新。現役時代、広島の背番号7として活躍した同氏は、インスタグラム(@koji.morisaki77)に写真と共に「今日の入場者数やば」「俺の日だったのかな」と投稿した。

     試合は広島が2-1で勝利。今季の公式戦5戦5勝と記録を伸ばした。なお広島は77分に失点している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-01651511-gekisaka-socc

    【J史上初! 広島で入場者数7777人の奇跡】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/12(月) 12:24:18.23 ID:CAP_USER9
    明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、サンフレッチェ広島は鹿島アントラーズを1-0で下した。古巣復帰以降、川辺駿は出色の働きを見せ続けている。この日も常勝軍団を相手に効果的なプレーを何度も披露し、3連勝達成に大きく貢献した。15日には欧州遠征に臨む日本代表メンバーが発表されるが、川辺は今、J1で最も勢いのある選手の一人ではないだろうか。

    ●日本代表候補を多数擁する相手にクオリティを発揮

     着ているユニフォームも、出場したポジションも異なる。だが、放つ存在感は“あの時”と変わらなかった。

     2017年12月2日、ジュビロ磐田と鹿島アントラーズが対戦したリーグ最終節のピッチに彼は立っていた。読みの鋭さと激しさを掛け合わせたボール奪取を見せたかと思えば、果敢な攻撃参加からフィニッシュに持ち込んだ。 後半終盤にベンチへ退くまで、彼は縦横無尽に走り続けた。最後はエネルギータンクが枯渇し、交代直前には珍しく足がつっていた。

     この10日後、川辺駿のサンフレッチェ広島への復帰が発表された。鹿島戦は、3年に渡る磐田での期限付き移籍生活のラストゲームであり、最後だからこそ持てる力を全て出し切ろうとしたように映った。だが今考えれば、あのパフォーマンスも彼にとっては普通のことだったのかもしれない。

     2018年3月10日、明治安田生命J1リーグ第3節・鹿島戦。広島のユニフォームに袖を通した川辺は、日本代表候補を多数擁する常勝軍団を相手に高いクオリティを発揮している。

    「自分で仕掛けられるかなと思ったので行こうと。間合いもあったし、相手のカバーもいなかったので。それが結果的にゴールに繋がって良かった」

     試合が動いたのは、0-0で迎えた51分のことだった。きっかけを作ったのは、右サイドで勝負に出た川辺だ。キックフェイントを入れると縦に加速し、山本脩斗を抜きにかかる。日本代表サイドバックに粘られていい態勢でクロスを上げることはできなかったが、相手のパスをカットした和田拓也が右足を振り抜きネットを揺らした。

     これが決勝点となり、広島は開幕3連勝を達成した。22歳のMFは喜びを浮かべながら、反省の弁も口にしている。

    つづく

    3/12(月) 10:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180312-00010000-footballc-socc

    写真no title

    【<サンフレッチェ広島・川辺駿はハリルの目に留まるか?>日本代表DFと互角のバトル、今J1で最も「ノッてる」男】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/15(月) 21:00:07.66 ID:CAP_USER9
    J1広島、経産省の「地域未来牽引企業」に選定。「大変光栄に思う」
    1/15(月) 16:07配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00251358-footballc-socc

    サンフレッチェ広島のサポーター【写真:Getty Images for DAZN】
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20180115-00251358-footballc-000-view.jpg

    J1のサンフレッチェ広島は15日、同クラブが経済産業省による「地域未来牽引企業」に選定されたとして発表を行った。

    経産省では昨年12月22日に、全国から2148社の「地域未来牽引企業」を選定したと発表。選定基準は、「地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開すること、または、今後取り組むことが期待される企業」だとされている。

    地域密着を理念の中核に据えるJリーグクラブにとっては、その取り組みが認められたものとして名誉ある選定だと言えそうだ。「この度の選定を大変光栄に思うとともに、今後とも、広島市民、県民の方々のご期待にお応えすべく、『サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献する』というクラブ理念に基づいた諸々の事業を推進し、より一層、地域経済及びスポーツ文化の発展に寄与していく所存です」と広島はコメントを述べている。

    経産省の公表しているリストによれば、サッカー関連では他にモンテディオ山形、鹿島アントラーズ、水戸ホーリーホック、レノファ山口FC、FC今治、鹿児島ユナイテッドFCなどの運営会社も「地域未来牽引企業」に選定されている。

    yjimage (5)

    【サンフレッチェ広島、経産省の「地域未来牽引企業」に選定。「大変光栄に思う」[18/01/15] 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/14(日) 15:46:04.72 ID:CAP_USER9
    広島は14日、新シーズンに向けた新加入選手発表記者会見を行った。
    J2徳島から加入したDF馬渡和彰(26)は「J3からキャリアをスタートして、やっとたどり着いたJ1の舞台なので頑張りたい。
    サイドでの攻撃的なプレーがストロングポイントです」と抱負を語った。

    市立船橋高、東洋大を経て14年にJ3鳥取に加入した馬渡は、16年にJ2金沢、17年にはJ2徳島へ移籍。
    昨季は徳島で両サイドバックなどをこなし、4得点9アシストと持ち味の攻撃力をいかんなく発揮した。

    その一方で、最も世間の注目を集めてたのが、昨年4月29日の千葉戦(フクアリ)。

    前半14分、馬渡は左サイドに出たパスを相手GKと競り合って追いかけ、ボールはタッチラインを割った。
    相手GKがゴール前に戻る前に、すぐ試合を再開しようとしたが、そこでボールボーイからスムーズに新たなボールが供給されず。
    思わずボールボーイに詰めより、軽く肩を小突いてボールを奪い取ってしまった。

    この行為でレッドカードを受け、2試合の出場停止処分に。ボールボーイにも謝罪し、それ以上の大きな騒動とはならなかったが
    「迷惑をかけてしまった。大人にならないといけないと、強く思いました。自分をコントロールできないと、相手をコントロールできるはずがない」と深く反省。

    その後、ピッチでは出場停止2試合を除いた39試合にフル出場。そのプレーが広島の目に留まり、念願のJ1からオファーを受けた。

    「あの時は自分が未熟でした。それでもオファーをくれた広島には、感謝しています。
    徳島のみなさんには、迷惑をかけてしまったけど、J1は目標だったので(移籍を)決断しました」と
    神妙な面持ちで語った馬渡。

    J2屈指の“攻撃的サイドバック”は、城福新監督を迎えて昨季の15位からの浮上を狙う広島で、初の自身初となるJ1に挑む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000137-sph-socc

    yjimage (7)

    【ボールボーイを小突いた馬渡、徳島から広島に移籍 「自分が未熟だった。広島には感謝しかない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ