J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    長崎

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: \(^.^)/ 2018/04/20(金) 12:20:55.83 ID:CAP_USER9
    ▽V・ファーレン長崎は20日、19日にブンデスリーガのレバークーゼンと育成業務提携を締結させたことを発表した。契約期間は2021年まで。

    ▽長崎は、今回の提携を受けて実施した提携契約の調印式及び記者発表会での高田明社長のコメントを、クラブ公式サイトで以下のように紹介している。

    「今回、レバークーゼンと提携をさせていただいたことを大変うれしく思います。フローリアンさんは、このためにはじめて日本に来てくださいました。昨年4月からの新体制の中で、さまざまなことをゼロから改善しています」

    「その中で、最も大切なことの一つが育成です。アカデミー、スクールを充実させる、子どもたちが成長することは、チーム、そして地域の活性化につながります。『サッカーには夢がある』と私は常々いっていますが、夢に向かっての提携が始まりました。足りないものは謙虚に学んでいきます。欧州には、サッカーの歴史があります。素晴らしい指導者、考え方を学ぶ上で、バイヤー04レバークーゼンとの締結は、誇りに思うものです」

    ▽また、同じく記者発表会に出席したレバークーゼンのマーケティング・コミュニケーション部 ディレクター ブランド統括責任者のフローリアン・デデリッヒス氏と長崎の松田浩育成部長は、以下のようにコメントしている。

    ◆フローリアン・デデリッヒス氏
    「コンニチハ。今回、V・ファーレン長崎と育成業務提携を締結できたことを大変うれしく思います。長崎はいい街ですね。ドイツのレバークーゼンにあるバイヤー04レバークーゼンは、1904年に製薬会社の従業員により、会社のサッカー部として設立されました。エンブレムには、市章のライオンと設立年、チーム名が描かれています」

    「2012ー2013年シーズンには、細貝萌選手が所属していました。育成に力を入れており、アカデミーでは人間教育に注力しています。サッカー選手になることに希望を持っていても、選手として活躍できるのはごく一部です。そのためにも、社会人として生きるために人間力は養うことも重要だと考えています」

    ◆松田浩育成部長
    「フローリアンさんもお話されたとおり、技術力はもちろんですが、人間性を高めることは、V・ファーレン長崎の育成の中でも大きなものの一つです。その中で、育成の力で数々の優勝を勝ち取り、ブンデスリーガのトップで活躍するバイヤー04レバークーゼンと育成業務提携を結んだことは大変心強いことです」

    「5月から具体的に育成業務を行っていきますが、例えば、U-17、U-18の選手の数名を4週間、バイヤー04レバークーゼンに派遣をします。また、バイヤー04レバークーゼンU-17の選手最大35人をV・ファーレン長崎が1週間受け入れます。さらに、バイヤー04レバークーゼンのコーチが長崎に来て、指導者のスキルアップにつなげます。このほか、コーチ、指導者による情報交換やミーティングを行っていき、お互いの育成業務のアップにつなげていきます」

    ◆高田明社長
    「V・ファーレン長崎は、今回の育成業務締結によって、育成にスピードを上げて取り組んでいきます。ダンケ シェーン」

    超ワールドサッカー2018年4月20日10時50分
    https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_310845/

    【<V・ファーレン長崎>ドイツ1部レーバークーゼンと業務提携締結!高田明社長「ダンケ シェーン」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: \(^.^)/ 2018/04/15(日) 23:23:08.20 ID:CAP_USER9
    長崎市の三菱重工業長崎造船所幸町工場一帯の跡地活用を巡り、
    サッカーJ1、V・ファーレン長崎の専用スタジアム建設を目指しているジャパネットホールディングス(佐世保市)を中心とした企業グループが優先交渉権者として有力であることが14日、分かった。
     
    三菱重工は月内に優先交渉権者を決定する。その後、基本協定や、土地の売買契約を結ぶ予定だ。
     
    ジャパネットは不動産会社と連携し、2万3千人収容の専用スタジアムをはじめ、ホテル、アリーナ、マンション、商業施設の整備を計画。
    スタジアム建設については約5年後の実現を目指し、音楽イベントも開く考えを示していた。地元経済界に待望論もあった。
     
    三菱重工は跡地を巡り、長崎県、長崎市の意見を踏まえ「住む」「働く」「楽しむ」を開発コンセプトに設定。
    ジャパネットをはじめ、JR九州など計五つの企業グループが選考対象に絞られていた。
    審査では、地域経済への貢献度や土地取引額が重視されており、ジャパネットの計画が評価を受けているもようだ。
     
    三菱重工は2018年度に建物を撤去し、土壌汚染対策をして土地を売却する予定のため、跡地開発は19年度以降となる見通し。

    4/15(日) 11:29配信 長崎新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000006-nagasaki-l42

    【<V・ファーレン長崎>幸町跡地はジャパネット有力!三菱重工が2万3千人収容の専用スタジアム、商業施設の計画案を評価 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: \(^.^)/ 2018/04/14(土) 10:38:48.38 ID:CAP_USER9
    V・ファーレン長崎の高田明社長は12日夜、長崎市内で講演し、市中心部にサッカー専用のホームスタジアムを建設する計画について「決まれば、相当な決意で進める。皆さんの意向に沿いながら、V長崎を日本有数のクラブにしたい」と改めて強い意欲を示した。
     候補地は三菱重工業長崎造船所幸町工場(幸町)の跡地約7ヘクタール。開発事業者の公募に対し、V長崎の親会社ジャパネットホールディングスのほか、マンションや商業施設、スポーツアリーナの整備を目指す複数の事業者が手を挙げている。4月中に優先交渉権者が決まる予定。
     長崎県民の関心も高く、来場者からは「いつ正式に決まるのか」「できれば諫早から出ていかないでほしい」などの質問が続出。高田社長は「V長崎は21市町全てがホームタウンと捉えている。諫早ではクラブハウスをより充実させて引き続き拠点にするし、五島にはスクールをつくりたい」などと説明した。
     V長崎は講演前日の清水戦で、待望のJ1リーグ戦初勝利を収めた。高田社長は「最後の1秒までドキドキしながら見ていた。本当に感動した。選手、監督の相当な自信につながっている。期待してほしい」と14日のホームG大阪戦への来場も呼び掛けた。
     講演はJリーグのタイトルパートナー明治安田生命の長崎支社が「V長崎を応援する会」と題して開催。顧客、V長崎のスポンサー企業、一般市民ら約400人が聴講した。

    4/14(土) 9:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000003-nagasaki-l42

    【<V・ファーレン長崎の高田社長>長崎市に専用スタジアム、実現へ意欲!日本有数のクラブに「21市町全てがホームタウン」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: \(^.^)/ 2018/03/02(金) 12:44:54.95 ID:CAP_USER9
    サッカーJ1のV・ファーレン長崎は今季、トランスコスモススタジアム長崎(諫早市)で行うホーム戦で、駐車場の一部を有料にした上で事前予約制を導入する。車の来場を規制する取り組みで、懸念される周辺の交通渋滞を緩和するのが狙い。

     有料になるのはスタジアムがある県立総合運動公園内の第1~3駐車場と、野球広場やソフトボール場に設ける臨時駐車場の約1400台分。昨季までは無料で自由に駐車できたが、今季はV長崎のホームページ(HP)での予約が必要となり、試合開始の5時間前からしか駐車できない。料金は障害者専用の第1駐車場が750円、それ以外は1500円に設定した。

    無料駐車場を850台分も用意

     一方、ホーム開幕戦となる3日のサガン鳥栖と10日の浦和レッズ戦では、徒歩10~20分圏内にあるJA長崎県央(栗面町)、市営球場・文化会館(宇都町)、新道駐車場(新道町)に無料駐車場を計850台分用意する。予約は必要ないが、混雑防止のため開場は試合開始5~3時間前に限定する。

     このほか、郊外の津久葉(津久葉町)、JR喜々津駅裏(多良見町)、小野体育館(黒崎町)にも無料駐車場を設ける。計1700台が駐車可能で、スタジアム間を往復するシャトルバス(中学生以上300円)を運行。クラブ側は「できれば公共交通機関を利用してほしい」と呼び掛ける。

     クラブによると、3日のサガン鳥栖戦は有料駐車場がほぼ満杯の状態。無料駐車場も含めた当日の混雑状況は公式HPで周知する。

    3/2(金) 11:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00010005-nishinpc-soci



    【<V・ファーレン長崎>ホーム戦で駐車場有料に!一部の1400台分、予約も必要 渋滞緩和が狙い 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: \(^.^)/ 2018/03/03(土) 06:24:55.19 ID:CAP_USER9
    クラブ創設14年目にして初めてJ1の戦いに挑んでいるV・ファーレン長崎が3日、トランスコスモススタジアム長崎におけるホーム開幕戦で、隣県のサガン鳥栖との「九州ダービー」に臨む。

     敵地で行われた2月24日の開幕戦では、同じ昇格組の湘南ベルマーレに1‐2で惜敗した。
    しかし、試合終了まで白熱の攻防を展開した戦いぶりに、通信販売大手「ジャパネットたかた」(本社・長崎県佐世保市)の創業者としてお茶の間でもお馴染みで、昨年4月から長崎の代表取締役社長を務め、経営危機から脱出させた高田明氏(69)は手応えを感じている。

    「負けて悔しい、ということはありません。強がりでも何でもなく、連携の部分ではすごくよかったというか、新しく加わった選手たちが違和感なく動いていた。ホームでファンやサポーターの方々の声援があれば、サガン鳥栖さんとはいえ、十分に面白い試合をするんじゃないかと思っています」

     未知なるJ1の舞台で「冒険」を続けながら、同時進行で異なる次元での戦いにも挑んでいる。県内で人口が最も多い長崎市内における、サッカー専用の新スタジアム建設だ。開幕直前に表面化した構想について、湘南戦を見届けた高田社長は笑顔を浮かべながらこう言及している。

    「結果がどうなるか、これはわかりません。非常にハードルが高いですけれども、記事でどんどん書いていただければ。(メディアの)皆さんも我々の応援団だと思っていますので」

     新スタジアムの建設構想はJ1開幕へ向けて、先月22日に高田社長が長崎市の田上富久市長を表敬訪問した際に明らかにされた。JR長崎駅の北約500メートルの距離にあり、今月末に閉鎖される三菱長崎造船所幸町工場跡地での建設へ向けて、三菱重工業が公募する事業者に入札したとされている。

     世界数80ヶ国で不動産事業を展開する、アメリカのジョーンズラングラサール社の日本法人との共同で応札したのは、高田社長の長男・旭人氏が代表取締役社長を務め、長崎の親会社でもあるジャパネットホールディングス。約7ヘクタールの敷地にスタジアムを中心として、ホテルやマンション、商業施設などを備えた複合施設を建設する青写真が描かれているという。

     具体的なプランこそ伏せられているものの、応募そのものが先月16日に締め切られたこともあり、高田社長も「そういうお話をちょっとしてもいいのかな」と表面化させるに至った。

    「ジャパネットホールディングスがやろうとしているスタジアム構想は、ビジネスという視点で考えれば、投資としては厳しいです。でも、その(ビジネスの)部分じゃないんですよね。私とジャパネットホールディングス、まあ長男ですけれども、考えていることは一致していますから。
     ジャパネットホールディングスがV・ファーレン長崎に抱く思いは、一企業としてじゃないんです。長崎県のなかでV・ファーレン長崎を確かなものにして、サッカーを通して何ができるか、いまの長崎を元気にするにはどうするべきか、ということに本気で取り組む姿だと考えていただければ」

    つづく

    3/3(土) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000004-wordleafs-socc

    【<V・ファーレン長崎>“あの”高田明社長が描く新スタジアム構想とは? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: \(^.^)/ 2018/02/27(火) 20:59:02.45 ID:CAP_USER9
    V・ファーレン長崎が先週、長崎市へのスタジアム建設構想を表明したことを受け、27日の長崎市議会では積極的な支援を求める意見が出されました。

    これは長崎市議会一般質問で幸大助議員が、市のV・ファーレン長崎への支援策について質した際に要望したものです。V・ファーレンの髙田明社長は先週、田上市長を表敬訪問した際に、親会社のジャパネットホールディングスが建設主体となって、長崎市内に専用スタジアムを建設する構想を表明しました。

    建設場所は三菱長崎造船所の幸町工場跡地で、ジャパネットホールディングスは世界80か国で不動産事業を展開するJLL=ジョーンズ・ラング・ラサール社の日本法人と共同で今月、跡地活用事業者に応募、スタジアムを中心として、ホテルやオフィス、マンション、商業施設などを備えた複合施設を建設する構想です。これを受けて幸議員は長崎市に対し、V・ファーレンへの更なる支援を検討するよう求めました。

    「すぐにでも連絡を取って頂いて、長崎市が協力できることはどういうことかを、直ちに始めて頂きたい」(幸大助長崎市議)

    幸町工場跡地の事業者については、今年5月頃までには決定されると見られています。

    2/27(火) 19:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000551-nbcv-l42

    GD5_4610

    【<V・ファーレン長崎>長崎市でのスタジアム建設構想...長崎市議会から市に支援求める声「直ちに始めて頂きたい」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: \(^.^)/ 2018/02/23(金) 07:13:44.92 ID:CAP_USER9
     23日開幕のJ1に初参戦するV・ファーレン長崎の高田明社長は22日、長崎市の田上富久市長を訪れ、同市内にホームスタジアム
    建設を検討していることを明らかにした。関係者によると、親会社ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)などが、JR長崎駅
    に近い三菱重工業工場跡地での建設に向け、三菱側が行う事業者公募に応札したもよう。

     高田氏は面会で、被爆地の長崎県唯一のクラブであることを強調し「(新スタジアム建設で)本気で長崎から平和を発信しようと考え
    ていることを伝えたい」と述べた。完成時期や場所は明かさなかった。

     現在の本拠地は長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎だが、高田氏は報道陣に「素晴らしいスタジアムだがアクセスが問
    題。全国のJ1チームやサポーターがストレスなく来場できることも大切」と語った。

     三菱重工が公募しているのは、JR長崎駅の北約500メートルにあり、本年度末に閉鎖する長崎造船所幸町工場跡約7ヘクタール。
    今月16日に応募を締め切り、県や長崎市の意向も踏まえ4月にも事業者を決定する。

     複数の関係者によると、公募にはジャパネットホールディングスを含む企業グループやJR九州など複数が応募。ジャパネット側は新
    スタジアムのほか商業施設やマンションなどを検討し、観光名所の稲佐山にあるロープウエーの延伸構想も持っているという。


    西日本新聞:
    https://www.nishinippon.co.jp/nsp/v-varen/article/396364/

    yjimage

    【V・ファーレン長崎が新スタジアム建設検討 高田社長表明 JR長崎駅から500メートル 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: \(^.^)/ 2018/02/05(月) 17:07:19.86 ID:CAP_USER9
    V・ファーレン長崎は5日、韓国の蔚山現代よりDFチェ・キュベックが完全移籍で加入することを発表した。

    チェ・キュベックは韓国出身の24歳。2016年に大邱大学から全北現代に加入し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でFC東京と対戦した経験を持ち、同年に開催されたリオ・オリンピックにも韓国代表として3試合に出場。2017年からは蔚山現代に所属し、リーグ戦で11試合に出場していた。

    長崎加入にあたり同選手は「アンニョンハセヨ。この度V・ファーレン長崎に移籍することになったチェ・キュベックと申します。Jリーグでプレーしたいという気持ちがあり、V・ファーレン長崎からオファーをいただいた時はうれしかったですし、本当に感謝しています。V・ファーレン長崎のために、個人としても成長して、チームの勝利に貢献できるように精一杯いっぱい頑張りますのでよろしくお願いいたします」と抱負を語っている。

    2/5(月) 11:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000010-goal-socc

    20180205-00000010-goal-000-3-view


    【<V・ファーレン長崎に188cmの大型DFが加入!>リオ五輪代表DFキュベックを完全移籍で獲得 】の続きを読む

    このページのトップヘ