J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    2018年05月

    1 :豆次郎 ★ 2018/05/26(土) 19:03:13.31 ID:CAP_USER9.net
    5/26(土) 18:55配信
     サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けた親善試合・ガーナ戦に向けた日本代表合宿が26日、千葉県内で行われ、西野朗監督の新戦術がベールを脱いだ。

     システムは「3−4−3」。主力組の1本目は、1トップにFW大迫勇也(28)、右FWに本田圭佑(31)、左FWに宇佐美貴史(26)、左ウイングバックにDF長友佑都(31)、右ウイングバックにMF原口元気(27)が入った。ボランチはMF柴崎岳(26)、MF山口蛍(27)。3バックは左からDF槙野智章(31)、MF長谷部誠(34)、DF吉田麻也(29)が入った。

     「パターン2」では、本田に代わってMF香川真司(29)、柴崎に代わってMF大島僚太(25)、原口に代わってDF酒井宏樹(28)、槙野に代わってDF昌子源(25)が入った。途中で長谷部が右膝を打撲し、大事を取って練習を切り上げ、「パターン3」では、3バックの中央に吉田、右にDF植田直通(23)の並びが試された。

     全員がそろっての戦術練習で、西野監督が初めて笛を吹き「全体をコンパクトにポジショニングを取ろう」など指示を出した。山口は「ポジショニングや受け方など、いろんな部分で合わせていかないといけない」と気を引き締めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00220885-nksports-socc
    【西野ジャパンが新戦術を披露!システム「3-4-3」でCBに長谷部】の続きを読む

    1 :3倍理論 ★ 2018/05/24(木) 13:38:51.87 ID:CAP_USER9.net
    今シーズン限りでアトレティコ・マドリードを退団する、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス選手の移籍先に、Jリーグのサガン鳥栖が浮上している。

    スペイン紙『マルカ』が報じたもので、ヴィッセル神戸入団が注目されるアンドレス・イニエスタ選手とともに、リーガ・エスパニョーラの大物選手が日本にやって来る可能性が出てきた。

    トーレス選手はアトレティコの一員として、2015年にサガン鳥栖との親善試合に出場したことがある。
    リーガ通算100得点も達成した元スペイン代表

    アトレティコの下部組織出身のトーレス選手は、2001年にトップチームデビューを果たし、リーガで5年連続二桁得点をマークした。2000年代後半には活躍の場をイングランドに移してリバプール、チェルシーでプレーした。

    2015年にアトレティコに復帰したトーレス選手は、2018年4月15日の試合でリーガ通算100得点を達成し、アトレティコで最後の試合になった最終節では2ゴールを奪う千両役者ぶりも発揮した。

    スペイン代表としても100試合以上に出場し、欧州選手権(EURO)やワールドカップ(W杯)制覇も経験している。
    大物の来日はDAZNマネー効果?

    まだトーレス選手のサガン鳥栖入りは決定したわけではなく、北米メジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイア入りが有力とする報道もあるが、争奪戦への参加でサガン鳥栖の名前は一躍世界に発信された。

    人口7万3000人の小さな街をホームタウンとする日本の地方クラブに、世界中の注目が集まっている。

    今回のオファーを実現させた背景としてサッカーファンからは、DAZNと放映契約を結んだことによる高額の分配金、いわゆるDAZNマネーの力とする声が出ている。

    出身地のクラブへ積極的に出資

    ヴィッセル神戸を運営するのは楽天ヴィッセル神戸株式会社。インターネット通販大手の楽天市場でも知られる同グループでは、野球の東北楽天ゴールデンイーグルスの運営、FCバルセロナとのスポンサー契約、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのパートナーシップ契約などスポーツ事業へ積極的に投資している。

    ヴィッセル神戸では、昨年元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ選手のJリーグ入りを実現させ、サッカーファンを驚かせた。

    中国スーパーリーグ入りが噂されていたイニエスタ選手を獲得するため、今回も巨額の年俸を用意したと伝えられている。

    一方のサガン鳥栖は『グランブルーファンタジー』などを運営するゲーム会社、Cygamesと2015年7月にスポンサー契約を結んだことが追い風になっている。

    楽天の三木谷浩史会長は神戸出身、Cygamesの渡邊耕一社長は佐賀出身。ともに地元のクラブへ多額の出資を行ってきた。

    過去のインタビューで渡邊社長は、なぜサガン鳥栖のスポンサーになったのかと問われ、元気がなくなっていく地元を元気づけたかったと答えている。

    もちろん選手を獲得するのは活躍してもらって、チーム成績を上向かせたいのが一番の理由だろう。しかし、地方の衰退が叫ばれる昨今、大物選手の獲得はJリーグが地方創生の一翼を担う方法なのかもしれない。

    https://spread-sports.jp/archives/3713
    【イニエスタ、トーレス、Jリーグが恐ろしいくらいヤバい!】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★ 2018/05/26(土) 19:01:02.59 ID:CAP_USER9.net
    |サッカー代表|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

     梅雨を思わせるしつこい雨がやむことなく降り続いていた西野ジャパン合宿3日目。ピッチに姿を現したのは、招集メンバー27人のうち15人だった。しかも、故障を抱える乾貴士と岡崎慎司は別メニュー。この日合流した3人(井手口陽介、遠藤航、槙野智章)も、身体慣らしに終始した。

     全体練習に参加したのは吉田麻也、酒井高徳のDF2人と、香川真司、本田圭佑、宇佐美貴史、原口元気、浅野拓磨、武藤嘉紀、大迫勇也のアタッカー陣7人。乾、岡崎が調整中とはいえ、これでアタッカー陣はすべて合宿入りしたことになる。

    合宿で西野朗監督から説明を受ける日本代表の選手たち そこは競争が最も熾烈なポジションだ。W杯の23人の枠から外れるのは、全9人中、少なくとも2人。こうした前提にもとづき、この日のメイン練習であるセンタリング&シュートに目を凝らした。アタッカー7人を右、真ん中、左に分け、真ん中の選手がクロスに飛び込むごく一般的な練習である。

     7人の適性は一般的にはこう考えられる。

     右=本田、(浅野)、真ん中=大迫、武藤、浅野、左=宇佐美、原口、香川。

     香川の適性は4−2−3−1の1トップ下がベストと思われるが、3FWとなれば左。別メニューの乾は左。岡崎は真ん中だ。

     前にも述べたが、右候補である本田の優位は明らかだろう。一方、左は激戦だ。中島翔哉が落選した理由でもある。

     西野監督はメンバー選考に際し、ポリバレントという言葉を多用した。複数のポジションをこなすことができる多機能な選手の優位性について、その点だけは珍しくハッキリと言い切った。

     採用する布陣が4−2−3−1なのか4−3−3なのか、はたまた4−4−2なのか定かではないが、4−2−「3−1」なら「3−1」のところを、試合中、状況に応じて動かしたがっている口ぶりだった。

     実際、たいていのチームのメンバー交代は「3−1」に集中する。後ろ目に位置する選手より、前目に位置するアタッカー陣を動かすことが、オーソドックスな采配だ。

     西野監督もそれに従おうとする様子である。センタリング&シュート。大迫こそ真ん中の位置に固定されたままだったが、その他の選手は右でも左でもプレーした。適性が左にありそうな選手も、右からクロスを送り込み、右に適性がありそうな選手も、左からクロスを送り込んだ。

     人形がディフェンダーという緩い設定の中で行なわれた練習ながら、西野監督が各選手の適性をチェックするいい機会、まさにテストになっていた。

     左、真ん中、右。対応の幅が広い選手は誰か。2トップ、3トップ、1トップ。いずれにもフレキシブルに対応できる選手は誰か。合宿初日の練習後、西野監督は「ポリバレント」がひとり歩きしていることを察してか、「もちろんスペシャリストも必要だ」と述べたが、それはどちらかと言えば、後ろで構える選手にあてはまる。

     アタッカー4人の中で、動かせない選手の数が多いほど、交代の選択肢は減る。全員がすべてのポジションをこなすことができれば、選択肢は膨らむ。ベンチに下げる選手と異なるポジションの選手を投入する戦術的交代も行ないやすくなる。戦術的交代が決まれば、攻撃の目先は大きく変わる。相手を驚かす効果がある。

    続きはこちらで↓
    https://sportiva.shueisha.co.jp/smart/clm/football/jfootball/2018/05/25/post_11/
    【本田>岡崎>浅野=武藤。西野ジャパンの「ポリバレント度」を判定 】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★ 2018/05/27(日) 05:38:10.90 ID:CAP_USER9.net
    UEFAチャンピオンズリーグ
    FINAL
    レアルマドリード×リヴァプール


    レアル・マドリッド 3−1 リヴァプール


    【得点者】
    カリム・ベンゼマ (後半6分) レアル
    サディオ・マネ (後半10分) リヴァプール
    ガレス・ベイル (後半19分) レアル
    ガレス・ベイル (後半38分) レアル



    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/41
    【レアルが前人未到のCL3連覇!途中出場ベイルが2発!】の続きを読む

    このページのトップヘ