J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    2018年04月

    1: \(^.^)/ 2018/04/22(日) 23:58:15.46 ID:CAP_USER9
    プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。
    4月22日(日)の放送は、前回 https://tfm-plus.gsj.mobi/news/98hm6SIOAV.htmlに引き続き、元サッカー日本代表の“ゾノ”こと前園真聖さんが登場。
    ゴルフにまつわる話から日本サッカー界が世界を相手に戦うために必要なことなど伺いました。

    前園真聖さん(右)と、パーソナリティの丸山茂樹
    no title


    ◆日本のサッカー選手に足りないもの

    丸山:ゾノくん的に、(日本の)サッカー界は世界で通ずるためにどこを良くしたらいいと思う?

    前園:技術的なテクニックの部分は日本人はあると思うんです。上背がなくても予測していいポジションを取るとかチャンスを作れるけど、
    海外選手との一番の違いは、(彼らは)シュートを20本打とうが30本打とうが失敗しても1点入ればいいと思っている。20本の失敗なんて一切気にしていないですから。周りに対して。

    丸山:そうなの?

    前園:“申し訳ない”って気持ちが全くないんですよ。でも日本人はあるじゃないですか。

    丸山:あるある。すぐに思っちゃう(笑)。

    前園:そこが良さでもあるんですけど、フォワードの選手はもっとエゴイスティックに“俺が仕事するんだから10本打って1本入りゃいいだろ。次決めてやるよ”くらいのモチベーションがないと世界で戦えないですよ。

    丸山:なるほど。

    前園:チームとしては、協調性や犠牲心があるのはいいこともあるんですけど、特にフォワードに関しては「自分でやっちゃうよ」くらいのメンタルがないと世界で点は取れないですよ。

    丸山:じゃあ、未来のサッカー界について思うのはそういうところ? もっと堂々と、「俺のやったことに何か文句あんの?」くらいの変わり種がいっぱい増えたほうが?

    前園:そう。「今、外したけど、次は決めてやるよ」と。

    丸山:フィールドでやっているうちはみんな同級生くらいの堂々とした気持ちでね。欧米ナイズされていくようなチーム作りを心掛けていくことによって世界に通ずるというのはゴルフ界もサッカー界も一緒だね。

    前園:海外に出る選手も少しずつ増えてきているので、そういうメンタル的な部分とか“お人好しじゃダメだ”と分かってきていると思うので、これからの成長に繋がるんじゃないかと。

    2018年4月22日 18時0分 TOKYO FM+ 全文はこちら
    http://news.livedoor.com/article/detail/14615265/

    【<前園真聖>日本の選手に足りないもの (海外の選手は)シュートを30本打とうが失敗しても1点入ればいいと思っている】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/22(日) 15:11:24.19 ID:CAP_USER9
    J1浦和のオズワルド・オリベイラ新監督が22日、さいたま市内の練習場で初めて練習を指導。その後、クラブハウスで就任会見を行った。

     オリベイラ監督は07年からの5シーズン、J1鹿島で指揮を執り、07~09年のリーグ3連覇を含め、すべてのシーズンで国内主要タイトルを獲得。母国・ブラジルでも多くの強豪クラブを率いた経歴を持つ。

    中村GMは「このタイミングで『優勝、ACL出場圏内を目指せるか』と話したら『やれます』と話してくれ、さらに浦和で指揮を執りたいという強い気持ちを話してくれた」と招へいした経緯を明かした。

     前日のリーグ・札幌戦は埼玉スタジアムで視察した新指揮官は「また日本に戻ることができてうれしい。浦和はサッカーで呼吸する街で、100年以上の歴史がある。ピッチ上の選手の頑張りと、サポーターが一体となれば、必ず大きな力になる」と独特の言い回しで意気込みを語った。

     練習前には、選手たちに対して30分ほどのミーティングを実施。DF槙野が「早速オリベイライズムをくみ取ってやりたい」と話すなど、鹿島を数々のタイトルに導いた勝者のメンタリティーを説いた。オリベイラ・レッズの初陣は、25日のアウェー・柏戦となっている

    4/22(日) 14:15配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000058-dal-socc

    写真
    no title

    【<浦和レッズ>オズワルド・オリベイラ新監督が就任会見「浦和はサッカーで呼吸する街」大槻“組長”ヘッドコーチに就任】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/23(月) 06:52:38.61 ID:CAP_USER9
    [4.22 ベルギーリーグPO1第5節 シャルルロワ2-1ゲント]

    ベルギーリーグは22日、優勝を争う「プレーオフ1」の第5節を行った。FW久保裕也の所属する3位ゲントは敵地で6位シャルルロワと対戦。
    1-2で敗れ、3戦未勝利(1分2敗)となった。6試合ぶりに先発復帰した久保は0-2の後半15分に得点をマーク。4試合ぶりのゴールで今季9得点目とし、同27分までプレーした。

    ゲントは前半23分、シャルルロワのカウンターからFWママドゥ・ファルに決められ、先制点を献上。
    後半9分にも敵陣でボールを引っ掛けられ、スルーパスで抜け出したFWダビ・ポレに追加点を奪われる。

    苦しい展開となったが、後半15分にゲントもカウンターを発動。
    MFブレヒト・デヤーゲレから久保への浮き球のスルーパスが相手DFに当たって右ポストを叩くと、諦めずに走り込んでいた久保が跳ね返りを左足で押し込んだ。

    久保は1日の第1節アンデルレヒト戦(2-0)以来、4試合ぶりの得点で今季9ゴール目。後半18分にはPA内でドリブルを仕掛けて倒される。
    しかし、シミュレーションの判定でイエローカードを受け、PK獲得とはならず。同27分に交代でベンチに退いた。試合はそのまま1-2で終了。チームは2戦ぶりの黒星を喫した。

    4/23(月) 6:25配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-01653007-gekisaka-socc

    写真
    no title

    【<FW久保裕也>4試合ぶりのゴールで今季9得点目!ゲントは追撃及ばず2戦ぶり黒星】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/19(木) 09:00:16.45 ID:CAP_USER9
    今年6月に開催されるロシアワールドカップから、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で新たな取り組みを行うようだ。18日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

     これまでVARを使用した判定では、主審だけしかリプレイ映像を確認することが出来なかったため、スタジアムで観戦しているファンも選手も監督も、どのように主審が判定を下したのかわからなかった。しかし同紙によると、ロシアワールドカップからはその仕組みが変わると言う。

     主審がVARを使用して判定を下した経緯について、リプレイ映像がスタジアムにある大型ビジョンに説明文付きで表示されるとのこと。また、例外的な状況においてのみだが、試合後にVAR判定に関する記者会見を行う場合もあるようだ。

    4/19(木) 8:20配信 FOOTBALLチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00266005-footballc-socc

    写真
    no title

    【<VARに新たな改革!> リプレイ映像が説明付きで大型ビジョンに。ロシアW杯から導入】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/22(日) 17:59:45.01 ID:CAP_USER9
    サッカー元日本代表で、現在は日本サッカー協会の理事も務める北沢豪氏が22日、日本テレビ系の「シューイチ」(日曜、前7時30分)で、サッカー日本代表のハリルホジッチ前監督の解任について、言及した。昨年12月の東アジアE-1選手権で韓国に1-4で敗れた際にすでに監督交代が協会内で話合われていたことを明かした。また、来日しているハリルホジッチ前監督が協会に対して怒りをあらわにしているが、「お涙頂戴という話ではないのかなと思う」と感想を述べた。

     監督交代について「非常に残念ですよね。ロシアW杯までハリルホジッチ監督でいくべきだとは思うんですけど、なぜこのタイミングでというのはあると思うんですが」と見解を述べた上で、東アジアE-1選手権の話題に触れた。

     「韓国に大敗した。そのところで話し合いはされていた。この方向だとW杯は難しいんじゃないかと。改善しなければいけないんじゃないかということで3月(欧州遠征)を迎えたわけです」

     欧州遠征ではマリには1-1で引き分け、ウクライナには1-2で敗北。スコア以上に試合内容も乏しかった。北沢氏は「そこで改善されていなかったので、今回、こういうことになった。急ではなくて、前から話し合われていたんだけど、結果、改善されないから、このままではW杯で勝つことはできないから、ということで監督交代になった」と経緯を説明した。

     なお、日本協会の田嶋幸三会長は9日の会見で、「選手とのコミュニケーションや信頼関係が多少薄れてきたこと」と、「今までのさまざまなことを総合的に評価」したことを理由にハリルホジッチ前監督を解任したと説明している。

     また、北沢氏はハリルホジッチ前監督が「私をゴミ箱に捨てた」などと協会に対して強い不快感を示していることについては、「自分(ハリルホジッチ前監督)のキャリアというところで、これから仕事をしていく中でこういう辞め方は難しくなるので、ちょっと言い方が極端になっているかなと思う」と心中を察した。ただ、27日に行われるハリルホジッチ前監督の会見を受け、日本協会の対応が変わることは「ないですね」と断言。「勝負の世界には契約があるので、うまくいかなくなったら監督が交代することはあることなので。ちょっと、お涙頂戴という話ではないのかなと思う」と語った。

    4/22(日) 10:00配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000035-dal-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180422-00000035-dal-000-2-view.jpg

    【サッカー】<ハリルホジッチ前監督 >日本サッカー界から“追放”!?27日に会見
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524378181/

    【<北沢豪氏>怒るハリル氏に「お涙頂戴という話ではない!」 年末から解任議論と説明】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/22(日) 23:34:43.17 ID:CAP_USER9
    新シーズンが開幕し1ヶ月弱が経過したアメリカのMLS。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのロサンゼルス・ギャラクシー加入も注目を集めている。
    そうしたなか、4月15日に行われたアトランタ・ユナイテッド対ニューヨーク・シティFCの試合では、スタジアムがもの凄い雰囲気に包まれていた!

    メルセデス・ベンツ・スタジアムに詰めかけた4万5001人の大観衆。彼らが一体となって見せたのは「バイキング・クラッピング」だ。

    動画
    https://twitter.com/alecko11/status/985653174613749760

    EURO2016でアイスランド代表サポーターが見せ、一大ムーブメントになったパフォーマンスだが、スタジアムの全員でやるケースはかなり珍しい。
    ちなみに手拍子に合わせてコールしているのは、アトランタの略称“A・T・L”である。

    ファンが一斉にライトアップするパフォーマンスなども! 最高の雰囲気だ。以下は試合のハイライト。
    https://www.youtube.com/watch?v=mveRWP3ecYs



    2018年4月21日 22時0分 GetNavi web
    http://news.livedoor.com/article/detail/14612506/

    【<アメリカのサッカーファンも凄い! >4万5001人の大観衆が見せた“手拍子”「バイキング・クラッピング」が鳥肌モノ】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/22(日) 06:38:11.45 ID:CAP_USER9
    <月刊セルジオ>

     監督交代劇のあった日本代表はどう変わるのか。とりあえず雰囲気は変わる。新鮮なムードになる。西野監督は日本語で直接伝えられるから、時間がない中、その点は好材料だろう。

    【写真】自宅の玄関に仁王立ちし、日本協会への不満をぶちまけるハリルホジッチ氏

     選手選考について、本来新監督というのは選手の評価をフラットに戻し、自分の色を出すために変えるはずだ。ただ、今の日本は誰が指揮しても変えるのは難しい。選手層の厚さがないから。特に攻撃陣にね。

     長谷部がテレビ番組の取材に答えて「8年前の状況と似ている」と話した。10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の前も不安材料ばかりが取りざたされたが、本番直前に川島や本田の抜てき、長谷部の主将指名など“ショック療法”もあり、1次リーグを突破した。本当に似ているかな? 今は当時の3人のような起爆剤になる若手がいるか? むしろ、その3人や長友を超える選手が8年間出てないというのが現実ではないか?

     長谷部は「2~3週間あれば間に合う」とも言う。日本の主将はまるで学級委員長みたいだ。今のブラジル代表では主将は試合ごとに代えている。各クラブの主将級の集団だし、主将=コイントスをする人という程度の感覚だ。

     そもそも代表チームというのはクラブと違って、メンバー発表があってから発足し、大会が終わったら解散する。その繰り返し。それを次も選ばれる前提なのか「この反省を生かして、次は頑張ります」と言う選手が日本には多い。長谷部や本田がそうだ。勘違いしちゃいけない。メッシやロナルドならいいが、今の日本選手には「次も選ばれたら」と前置きするくらいの気持ちが大事だ。

     日本代表カレンダーというのがあるが、これも不思議だ。今後のメンバー選考は分からないのに、まるで固定メンバーがいるかのような錯覚を与える。こうした製品があるのは日本くらい。「○○ジャパン」と監督の名前をはめ込む呼び方と同じく、代表チームをクラブ化し、マンネリ化させている。

     連日、エンゼルス大谷選手の話題が日本中をにぎわせている。一方で日本サッカー界にはスターがいない。スターとは結果を出す人。そういう選手がいなくて、W杯の試合に勝つことは難しい。今回の人事が「監督を代えれば、チームも変わる」という発想なら、根拠がなさ過ぎる。(日刊スポーツ評論家)

    4/21(土) 8:26配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00185618-nksports-socc

    写真
    no title

    【<セルジオ越後>「この反省を生かして、次は頑張ります」と言う選手が日本には多い。勘違いしちゃいけない】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/04/20(金) 00:36:55.61 ID:CAP_USER9
    好パフォーマンスを続けるパチューカの日本代表FW本田圭佑に対し、ロシアW杯の対戦国が警戒心を示している。

    ポーランド『プシェグロント・スポルトビ』では本田を「W杯でライバルとなる日本で再び重要な存在になるかもしれない」とし、「ポーランド代表にとって良いニュースではない」と伝えた。

    本田にとって代表戦でのゴールは、2016年9月1日に行われたW杯アジア最終予選のUAE戦(1-2)が最後。出場機会も激減し、W杯メンバーの当落線上にいると見られていた。

    しかし、所属するパチューカでは後期リーグに入ってから15試合で7ゴール7アシストと大暴れ。同メディアも本田のこうした活躍に触れつつ、バヒド・ハリルホジッチ前監督の解任も追い風になるのではないかとレポートしている。

    「監督がバヒド・ハリルホジッチだった時、攻撃的MF(本田)は重要な試合で起用されなかったこともあり、W杯に出場できないだろうと思われていた。バルカン半島の指揮官(ハリルホジッチ)が仕事を失った後、

    日出ずる国では、その理由の1つが本田と冷たい関係だったことかもしれないと推測された。西野朗がチームを引き継いだことで、これは変わるだろう」

    また、同メディアは「西野がロシア大会に彼を呼ぶのはほぼ確実だ」「彼はチームに良い影響を与えるリーダーの資質を持つフットボーラーである」といったジャーナリストの言葉も紹介し、本田への警戒を強めた。

    4/19(木) 22:59配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-01652872-gekisaka-socc

    写真
    no title

    【<W杯ライバル国が本田圭佑の復活を警戒!>「ハリル解任理由は彼との“冷戦”か」 「西野が呼ぶのは確実」】の続きを読む

    このページのトップヘ