J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    2018年03月

    1: \(^.^)/ 2018/03/28(水) 22:23:19.96 0
    ◆サッカー国際親善試合 日本1―2ウクライナ(27日、ベルギー・リエージュ)

     27日にフジテレビ系で放送されたサッカーの日本-ウクライナ戦の平均視聴率(後9時15分)が11・9%を記録したことが28日、分かった。

     瞬間最高視聴率は午後10時5分、DF槙野智章(30)=浦和=のゴールで1-1の同点に追いついた後、前半42分から43分にかけての攻防で15・1%をマークした。

     日本代表は後半24分に勝ち越しを許し、1―2で敗れた。ロシアW杯1次リーグで対戦するポーランドを想定した相手に敗れ、決定力不足など課題は多く本大会に向け不安は払拭できなかった。
    日本代表は5月14日までにW杯予備登録35人を選び、同30日にガーナ戦(日産ス)を行い、翌31日にW杯メンバー23人を発表する予定。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000099-sph-ent

    【ウクライナ戦視聴率11パーセント、なぜサッカー日本代表は視聴率が取れなくなったの? 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/31(土) 06:45:58.51 ID:CAP_USER9
    「サッカーを知っている」という印象を強く受けた
     
    3月27日から29日にかけて、神奈川県平塚市と茅ヶ崎市の2会場で「U15キリンレモンCUP2018」が開催された。
    全8チームが参加し、湘南ベルマーレU-15や大宮アルディージャジュニアユースといった国内の強豪クラブのジュニアユースのほか、レアル・マドリーのカデーテB(U-15に該当)も含まれた。
     
    マドリーには日本人MFの中井卓大が所属している。9歳で加入して以来、順調に昇格を続けている有望株だ。今回の大会にも帯同し、母国でプレーできる機会を楽しみにしているようだった。

    大会は4チームずつ2グループに分かれ、上位2チームが決勝トーナメントに進出。下位チームも順位決定戦を行なうため、全チームが3日間で5試合を消化するハードスケジュールだ。
    筆者は決勝トーナメントの2試合を取材した。世界有数のエリート集団において、中井はどう振る舞い、どのような役割を担ったのか。その様子をレポートしていく。

     29日の初戦は準決勝、大宮と一戦だった。マドリーの基本システムは4-3-3で、両ウイングがサイドラインに張り付き、ピッチの横幅を最大限に使う。
    一方で、ポジションバランスを崩すことも厭わず、大宮のDFラインと中盤の間のスペースを見つけると、即座にライン間に入り込んでボールを受ける。

    大宮は全体をコンパクトに保っていたが、マドリーの選手たちは易々と前を向いていた。そうした細かいつなぎを見せたかと思えば、最終ラインからロングパス一本で裏に抜け出し、
    圧倒的なスピードで大宮DFを置き去りにする場面も多々。相手チームが嫌がるところを的確に突く頭脳と実力を示し、6-0の圧勝を飾った。
     
    中井はインテリオール(オフェンシブMF)で先発。筆者はYoutubeの映像などから、ドリブル突破に秀でたスタイルをイメージしていたが、実際は的確なポジショニングとボールの置き位置、
    プレーの選択によって、チームに円滑な循環をもたらす存在だった。必要に応じてDFラインに降りてビルドアップに参加することも、ライン間で前を向くこともあり、「サッカーを知っている」という印象を強く受けた。
     
    中盤で2選手に挟まれたところを、機転の利いたヒールパスでかわすシーンがあったが、それ以外は特段目立ったプレーをしたわけではない。
    それでも、日本では到底考えられないほどの強烈な個が居並ぶチームにあって、滞りなく回転する歯車のひとつであり続けた。それ自体が、中井の凄みと言えるだろう。

    つづく

    サッカーダイジェスト 3/31(土) 5:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180331-00037994-sdigestw-socc

    【<R・マドリーの14歳中井卓大>世界有数のエリート集団でいかに振る舞っているのか 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/31(土) 06:39:13.09 ID:CAP_USER9
    川崎フロンターレは30日、翌31日に行われる明治安田生命J1リーグ第5節のサンフレッチェ広島戦のチケットが、予定販売枚数終了となったことを発表した。

    川崎と広島の一戦は、等々力陸上競技場にて16時キックオフ予定。川崎は30日、公式HPにて「本日付で全席種の予定販売数を終了(完売)いたしましたので、お知らせいたします」と報告し、 以下のように説明している。

    「全席種、完売のため、当日券販売およびアップグレードサービス・ダウングレードサービスは実施いたしません」

    「予約キャンセルが発生した場合に限り再販売を行う場合があります」

    「最新の情報は『ホームゲームチケット販売状況』または『チケフロ』をご確認ください」

    今季の明治安田生命J1リーグ第4節を終え、3勝1分けと無敗の両チーム。勝ち点「10」で並ぶ首位・2位対決に注目だ。

    3/31(土) 0:01配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00735895-soccerk-socc

    写真
    no title

    【<Jリーグ>川崎フロンターレとサンフレッチェ広島の首位・2位対決、満員の等々力で…チケット完売と発表! 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/31(土) 07:37:01.77 ID:CAP_USER9
    日本サッカー協会が、W杯に出場した日本代表選手を出した学校、クラブなどに対して“育成費”の支給を検討していることが30日、分かった。

    支給額や、過去の代表選手までさかのぼるか、ロシアW杯から適用するかなどは今後議論を行っていく。

    選手育成のために行った投資や努力への対価で、導入されれば育成する側にとってもモチベーションとなり、田嶋幸三会長(60)が掲げる「育成日本復活」への一助になりそうだ。

     日本協会は今年度で、千葉・幕張に2020年完成予定のナショナルフットボールセンター建設のための積み立てが終了。

    選手育成や指導者養成などを目的としたJリーグとの協働プログラム「JJP」も終了するため、予算を“育成費”などに回せることになった。

    田嶋会長は「W杯は4年に1度の大会。金額がそれほど多くないかもしれないが、育ててくださった組織にお金が入るというシステムにしたい。プロになるまでにトレーニング費用などもかかっているわけだから」と話している。

     日本協会では既に、W杯出場選手に対する年金制度をつくることも検討しており、放映権収入の3~5%を積み立てる方針だ。

    日本は初出場だった98年フランス大会から今年6月14日開幕のロシア大会まで6大会連続でW杯に出場中。代表選手の価値をさらに上げるためにも、育成費と年金のW導入に向けた議論を進めていく。

     ◆主な育成費

     ▽育成補償金 FIFAが制定。23歳以下の選手が移籍した場合、12~21歳に所属したチームの在籍年数に応じて、育成したクラブが補償金を得られる。日本国内の移籍では、移籍先がJ1なら1年あたり800万円。J2は400万円。イングランド、スペインなどは1年あたり9万ユーロ(約1177万円)。

     ▽連帯貢献金 FIFAが制定。12~23歳に所属したチームに対し、移籍金の5%が支払われる(申告制)。12~15歳の所属クラブは1年あたり移籍金の0.25%、16~23歳は同0.5%を移籍先に請求できる。12年にMF香川真司がドルトムントからマンチェスターUに移籍金1000万ポンド(約12億5000万円)で移籍したケースではFCみやぎバルセロナ、C大阪、ドルトムントが受け取った。

    3/31(土) 7:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000025-sph-socc

    【<日本サッカー協会>W杯メンバーの母校&出身クラブへ育成費の支給を検討!育成する側にとってもモチベーションに】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/31(土) 06:33:38.02 ID:CAP_USER9
    ■ハリル日本、3段階選抜へ 香川ら回復確認を想定

    日本代表のロシアW杯メンバー23人が3段階選抜になる可能性があることが30日、分かった。
    Jリーグ各クラブの強化担当者会議が都内で行われ、関係者によると日本サッカー協会の西野朗技術委員長(62)から説明があったという。

    第1の選抜は5月20日のJ1第15節後に始まる代表候補合宿に参加する30人を上限にしたメンバーで、第15節以前に発表される。
    バヒド・ハリルホジッチ監督(65)はガーナ戦翌日の31日にW杯メンバーを発表したい意向を示していたが、メンバーが23人よりも増える可能性を強化担当者会議で報告。

    マリ、ウクライナに1分け1敗だったベルギー遠征の成果が乏しく、DF吉田麻也、酒井宏樹、内田篤人、MF香川真司、清武弘嗣ら
    負傷中の候補選手の回復具合やコンディションを確認しなければならない状況を想定したようだ。

    これにより直前合宿を張るオーストリアで、最終登録メンバー提出期限の6月4日までに最終選抜が行われる。

    1998年6月2日、岡田武史監督(当時)がフランスW杯に向けたスイス合宿中に25人から22人に絞り
    「外れるのはカズ、三浦カズ」と三浦知良、北澤豪、市川大祐の3人を落選させたようなドラマが起きるかもしれない。

    3/31(土) 6:03配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000030-sph-socc

    ■W杯前最終合宿メンバー5・17発表!25人以上を招集予定

    日本代表のW杯メンバー23人決定前の最後の試合となる5月30日のガーナ戦(横浜)に向けた国内合宿メンバーが、同17日に発表されることが分かった。
    日本協会の西野技術委員長が30日にWeb上で開催されたJリーグ強化担当者会議に出席し、今後の日程を説明。
    合宿は5月21日からで、人数は23~30人と資料に記されていたが、関係者によると25人以上を招集する可能性が高いという。

    W杯メンバーの発表は予定通り、ガーナ戦翌日の5月31日。日本代表は既にガーナ戦事前合宿までの全日程を消化したが、
    主力に故障者が続出しており選手選考は難航。サバイバルの第一関門となる5・17までに各所属クラブでアピールすることが重要になる。

    3/31(土) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000016-spnannex-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180331-00000030-sph-000-view.jpg
    no title

    【<ハリル日本>3段階選抜へ 香川ら回復確認を想定 W杯前最終合宿メンバー5・17発表!25人以上を招集予定】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/31(土) 05:38:47.61 ID:CAP_USER9
    本田、香川、岡崎、メディアが“ビッグスリー”と呼んで注目する3人の明暗が分かれた。
    いずれも昨年11月の欧州遠征(vsブラジル、vsベルギー)では代表から落選した3人だけど、今回の欧州遠征では本田だけが復帰を果たした。

    本田は昨年夏にパチューカに移籍してからコンスタントに試合に出て、結果を出している。
    メキシコのレベルをどう見るかは意見が分かれるかもしれないけど、コンディションはよさそうだし、ハリルホジッチ監督の判断は妥当だと思う。

    一方、香川と岡崎は今回も落選となった。故障中の香川は仕方ないにしても、岡崎は苦しい立場に立たされていることがハッキリした。
    故障も癒え、レスターで試合に出ていないわけではないのに選ばれなかったのだから。

    ハリルホジッチ監督のこれまでの采配を見ると、ワントップには高さのある選手を起用することが多かった。
    単純に大迫や杉本のほうが好みなのだろう。また、岡崎は“汗かき役”として前線での守備は計算できるものの、点を取るということに関していえば、今年に入ってから1点も決めていない。
    それがメンバー発表会見で「得点を取る選手を探している」と語ったハリルホジッチ監督の目には物足りなく映ったのではないか。

    もちろん、岡崎のW杯メンバー入りの可能性が消えたわけではない。大迫も杉本も絶対的な存在ではないし、これから岡崎がレスターで得点を重ねるようなら、世論も盛り上がり、
    ハリルホジッチ監督も無視できなくなる。確かに、今のレスターのチーム状況、岡崎の起用法を見ると、これからアピールするのは簡単なことじゃない。
    でも、彼のことだから、泥くさいプレースタイル同様、最後の最後まで諦めないだろう。

    もっとも、ハリルホジッチ監督がメンバー発表会見で「このチャンスをつかんでほしい」と言っていた本田にしても、故障中の香川にしても、もはや日本代表に絶対欠かせない存在ではない。
    今後の所属クラブでのプレー次第では、W杯メンバーから外れる可能性もある。つまり今の日本代表のメンバー、特に中盤から前のポジションはそれだけだんご状態=激戦ということ。

    中盤から後ろ、守備的なポジションでは軸になる選手が見えている。GK川島、DFは右から酒井宏、吉田、槙野、長友、ボランチは長谷部と山口。
    このメンバーならある程度計算が立つし、今までの使われ方を見ても、W杯本番でもスタメンになると思う。

    問題はやはり攻撃陣。誰が中心になるのか、本番でどんなスタメンを組むのか、まだまだ見えてこない。こんなことは過去に出場したW杯では一度もなかったことだ。
    中田英や中村(俊輔)、前回大会の本田、香川のように目玉となる選手がいない。

    それどころか、ハリルホジッチ監督がメンバー発表会見で「(誰々を)見たい」と何度も口にしていたように、メンバーの最終登録を約2ヵ月後に控えたこの期に及んでテストを続けている状況だ。
    極端な例だけど、早々と2月に23人中15人のメンバーを公表したブラジル代表とは対照的。心配になるよ。

    今回の欧州遠征で結果を出した選手がロシア行きに近づくのは当然。でも、香川、岡崎以外にも今回招集されなかった乾、故障中の清武なども含めて、W杯メンバー争いは最後までもつれるだろう。

    (構成/渡辺達也)

    3/29(木) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00102045-playboyz-socc

    写真
    no title

    【<セルジオ越後>「(ハリル監督は)この期に及んでテストを続けている状況」「ブラジル代表とは対照的。心配になるよ」】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/03/31(土) 05:17:07.25 ID:CAP_USER9
    3月シリーズを終え、自身の公式ツイッターに胸中を綴る「改善する為の魔法はない」
     
    日本代表は3月シリーズを1分1敗と未勝利で終え、ロシア・ワールドカップ(W杯)へ向けて不安が募る結果となった。

    5月31日と目される本大会登録メンバー23人の発表まで、試合は残すところ同30日のガーナ戦のみとなったなか、
    FW本田圭佑(パチューカ)が自身の公式ツイッターを更新。「改善する為の魔法はない」と自分自身が一番の敵であると説いた。

    昨年9月のW杯アジア最終予選サウジアラビア戦以来、約6カ月ぶりの代表復帰を果たした本田。
    23日のマリ戦(1-1)では後半25分から途中出場、27日のウクライナ戦(1-2)では右ウイングで先発して後半19分までプレーした。

    チームメイトのDF長友佑都(ガラタサライ)はウクライナ戦後、「圭佑のサイドから起点を作っていた。
    チームに変わった部分があった」と、改めてその影響力の大きさを口にしていた。

     チームの結果と自身のパフォーマンスについて「個人的にはもちろん満足できない」と話していた本田だが、
    30日に自身の公式ツイッターを更新。3月シリーズを終えた今の心境を綴っている。

    「勝てなかったこと、良いプレーが出来なかったことには必ず理由があるわけやけど、改善する為の魔法はない。どんな状況であるにせよ、
    一番厄介な敵が自分自身であるという事実は変わることがない」(原文ママ)

    「本田圭佑は多くの人間の思いを背負ってる」と期待大
    苦境から脱するための“特効薬”はなく、自らに厳しく成長を求める意思を表明。これには、返信欄にファンからの熱いメッセージが並んだ

    「他人ではなく自分に求めるところが流石」
    「やっぱ今の代表には貴方が必要です。この現状変えてくれるって信じてます」
    「本番のW杯で1番なんかやってくれるのは本田さん」
    「本田圭佑は、多くの人間の思いを背負ってる。それを力にするチカラは、本田圭佑にはある」
    「最後の山登りですね」

    これまで、自らに高いハードルを課し、そのプレッシャーをことごとくはね除けてステップアップを続けてきた本田。
    2010年南アフリカ大会、14年ブラジル大会に続く3度目のW杯出場を果たし、力強くチームを牽引する背番号4の姿を多くのファンが待ち望んでいる。

    3/30(金) 17:20配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00010013-soccermzw-socc

    写真
    no title

    【<本田圭佑>「一番厄介な敵は自分自身」“決意表明ツイート”に反響「代表には貴方が必要」】の続きを読む

    このページのトップヘ