J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    2018年01月

    1: \(^.^)/ 2018/01/23(火) 18:14:28.72 ID:CAP_USER9
    サッカーをプレーするのは好きだが、観戦は苦手だという意外な”共通点”が多くのスター選手にみられているようだ。

    取り上げられたのはレアル・マドリードのウェールズ代表MFギャレス・ベイルが、21日に行われたデポルティーボ戦後に残した何気ない一言だった。同選手はアメリカメディア『ESPN』とのインタビューで以下のようなコメントを残している。

    「正直言って、あまりフットボールは見ない。白状するけど、時間があればゴルフを見るよ」

    この事実は驚きをもって伝えられているが、このように「プレーするのは好きだが、観戦するのは好きでない」というスター選手は意外に多いという。その一人がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。フットボール界の顔とも言える選手だが、目立つことを好まないメッシは、自身の人となりを表すような理由で、試合を見ないことを明かした。

    「テレビではフットボールは一切見ない。(妻の)アントネージャが退屈するからね。(長男の)チアゴと一緒にアニメを見る方が楽しいよ」

    また、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールも、メッシと一緒にプレーしていたバルセロナ時代に次のような告白を行っている。

    「バルセロナのものでなければ、フットボールの試合は見たくない。レアル・マドリードの試合は見ないよ。他のチームの試合も見ようとは思わない」

    さらに加えて、先日現役引退を正式に発表した元ブラジル代表FWのロナウジーニョ氏も、自身の性格を良く表したコメントを残した。

    「フットボールを見るのは好きじゃない。プレーするのがいい。テレビの前に90分も居続けるのは耐えられない。好プレー特集しか見る気がしないね」

    彼らのようなスター選手が繰り出す超絶プレーは、常人の理解や想像を超える範疇にある。しかし、こういった一般プレーヤーにもありがちな発言を聞くと、妙に親近感が沸いて来そうだ。

    文=北村敦

    1/23(火) 16:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00705809-soccerk-socc

    yjimage (2)


    【<観戦が嫌い?>多くのスター選手にみられる驚くべき共通点とは 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/23(火) 18:49:42.04 ID:CAP_USER9
    今シーズンのフットボールを語るうえで最大のポイントのひとつがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だ。

    VARは昨年夏に開催されたコンフェデレーションズカップで導入され、またU20ワールドカップといったいくつかの国際大会でも使用が始まった。
    そして今シーズンからヨーロッパでもイタリアのセリエA、ドイツのブンデスリーガ、そしてイングランドのFAカップでも導入されている。

    だがこの新システムをめぐり多くの議論が沸き起こった。FAカップ3回戦、チェルシーがイングランド2部のノリッジをPK戦の末に破った17日の試合での出来事が発端だ。
    この試合の延長戦、チェルシーのブラジル代表MFウィリアンがVAR判定の末PKを取り消され、逆にシミュレーションとして警告を受けた。

    これに対してチェルシーの指揮官アントニオ・コンテは試合後痛烈に批判。VARを導入した3か国を巻き込む騒動となっている。
    結局のところ、VARはフットボールにとって良いものなのだろうか、それとも悪しき存在なのか?

    今回『Goal』では、賛成と反対の立場でVARを考えることにした。
    英語版の編集長サム・ブラウンとインターナショナル版の編集長カルロ・ガルガネーゼがこの問題について二つの立場から意見を述べた。

    ◆賛成派サム・ブラウンの見解は…

    Twitterを見ていると、ファンはビデオ技術云々以前に「より良いレフェリー」の存在を望んでいるようだ。この点から、彼らは現状のレフェリングに満足していないといえるだろう。
    マーク・クラッテンバーグ、フェリックス・ブリヒをはじめとするレフェリーは今日のゲームのスピードに対して例外的ともいえるレベルで対応している。試合においてヒューマンエラーを取り除くことは不可能といえるだろう。

    より良いマッチオフィシャルを望む一方で、我々は競技の中に真のイノベーションを取り入れることを快く思っていない。真のイノベーションとは伝統への信仰から離れて、現状とは根本的に異なるものであるからだ。

    かのヘンリー・フォードが言ったか言わないか、こんな言葉がある。「人々に何を求めるか尋ねたら、彼らはもっと速い馬が欲しいと答えた」。

    VARは試合を改善させる可能性を持っている。そのうえで、我々は新ルールが規定されれば現状考えられるすべての問題が解決するなどという幻想を捨てる必要があるだろう。

    VARはレッドカード、PK、ゴールの有無を検証する際のみに用いられる。非常に重要な場面だけに適用できるというこの解釈は広く周知されている。こうした場面にセーフティネットを加えられるのに、運営組織がそうしない理由などあるのだろうか。

    批判的な者たちは「試合を台無しにする!」と主張する。だが2016年のコパ・アメリカでハンドが見逃されたブラジル代表にも同じことがいえるだろうか。

    4人の審判により2分間議論が交わされたうえでの決定だったが、結局それは間違ったものだった。また2009年ワールドカッププレーオフのアイルランドを思い出す。
    フランスとの試合で、彼らはあと数分で歓喜の瞬間を迎えるはずだった。だがティエリ・アンリの「神の手」から失点を喫し、ワールドカップ本大会進出を逃したのだ。

    VAR実装は完ぺきとは言えない。すぐに完全な形で機能するわけではないのだ。だが、だからといってすぐさま実施を取りやめ、“ゴールデンゴール”が入っている実験失敗のフォルダに突っ込めということでもない。
    もしすすることが歴史から見て正しい姿勢なのだというのなら、勝利時の勝ち点は2のままのはずだし、バックパスルールは空想そのものだろう。

    ブンデスリーガとセリエAは、どちらもVARについて速度の向上や判断決定までのプロセスの改善が必要であることを示している。
    だがそうしたこと以上に、運営組織はこのシステムを用いる際の透明性をファンに示す必要がある。

    VARをワールドカップに導入するのは時期尚早かもしれない。だがもし自身の応援するチームがモスクワの決勝に立ち、試合終了まであと数分のところで明らかなPKを否定されたなら、
    そこにVARというセーフティネットが存在せず、誤りを正す手立てがないことにあなたは怒りを爆発させることだろう。

    つづく

    1/22(月) 14:10配信 Goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00010002-goal-socc

    yjimage (1)

    【<「VAR」ビデオ・アシスタント・レフリー>フットボールにとって正しいもの?魂を殺 すのか or 不正を防ぐか… 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/01/23(火) 23:12:44.97 ID:CAP_USER9

    U23ウズベキスタン 4-1 U23韓国

    33分 1-0
    58分 1-1
    74分 韓国選手退場

    99分 2-1
    110分 3-1
    121分 4-1

    http://www.sosbettingtips.com/result-uzbekistan__u23_-south_korea__u23_-1524477.htm

    DLBUn1AV4AATLpT-54

    【ウズベキスタンが韓国を4-1で下し決勝進出 互いに初優勝かけベトナムと対戦 AFC U23選手権 】の続きを読む

    このページのトップヘ