J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    2017年12月

    1: \(^.^)/ 2017/12/02(土) 01:37:05.86 ID:CAP_USER9
     J2名古屋は昇格プレーオフ決勝の福岡戦(3日・豊田ス)に向けて1日、豊田市内で非公開練習を行った。

     FW佐藤寿人(35)は「いつも通りの準備は出来ている。大事な試合だが、普段と変わらずに臨みたい」。
    初のJ2降格から1年での復帰がかかる一戦に、チケットの売れ行きは上々。観客動員数が4万人突破の可能性もあるという。
    大勢のサポーターとホームで迎える大一番に、「勝利で応えたい。J1に戻って、さらに高い位置で共に戦いたい」と力を込めた。

    報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000056-sph-socc
    画像 名古屋のFW佐藤寿人
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171202-00000056-sph-000-1-view.jpg

    yjimage

    【名古屋、J1復帰へ大一番 観客動員数が4万人突破の可能性も 佐藤寿人「準備は出来ている」 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/12/02(土) 07:43:10.41 ID:CAP_USER9
    2017年11月29日、サッカーの元ブラジル代表MFで43歳のゼ・ロベルトが現役引退を発表したことに関連し、同じく1998年のフランスW杯に出場した日本代表メンバーのうち5人がまだ現役でプレーを続けていることが中国のネット上で話題となっている。

    中国のサッカー関連データサイト「搜達足球」は29日、ブラジルのパルメイラスに所属する1974年生まれのゼ・ロベルトが今週、現役引退を発表したとし、スペインの名門レアル・マドリードでチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験したのを皮切りに、レバークーゼン、バイエルン・ミュンヘン、ハンブルガーSVとドイツ・ブンデスリーガで通算336試合に出場。さらにブラジル代表として、1998年フランスW杯と2006年ドイツW杯でプレーするなど、輝かしいキャリアを歩んできたと紹介した。

    その上で、ゼ・ロベルトと同じ98年W杯出場組で現在も現役でプレーする選手は数えられるほど少なくなったとし、イタリアのGKブッフォン(39・ユベントス)、カメルーンのFWエトー(36・アンタルヤスポル)、韓国のFWイ・ドングク(38・全北現代)のほか、日本はMF小野伸二(38・コンサドーレ札幌)、GK川口能活(42・SC相模原)、GK楢崎正剛(41・名古屋グランパスエイト)、FW中山雅史(50・アスルクラロ沼津)、MF伊東輝悦(43・アスルクラロ沼津)の5人がいると驚きをもって伝えた。

    この記事のコメント欄には「日本選手は自己管理能力が高い」「これは認めざるを得ない」「あと10年プレーできる」「(98年W杯メンバーからは落選したが)50歳8カ月のカズも先週、出場したそうじゃないか」「日本選手のプロキャリアの長さが恐ろしい」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/柳川)

    Record China2017年12月1日23時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_223879/

    eeb37369-219e-458a-9f1d-cb27081634f3

    【<あれから19年!>98年W杯メンバー5人がまだ現役の日本に中国ネット驚き 】の続きを読む

    2: \(^.^)/ 2017/11/24(金) 22:56:33.34 ID:rtBZPYd5a
    【ボトムズ八箇条】 
    ★謙虚な気持ちになる 
    ★上位相手に負けても落ち込まない 
    ★最下位との勝ち点差が常に気になる 
    ★J3の昇格争いがとても気になる 
    ★補強話に超敏感 
    ★選手が活躍するとむしろ引抜きを心配してしまう 
    ★ホームで勝てなくても一年までは我慢する 
    ★チームは海岸の砂に描いた絵。波にさらわれまた描き直す

    uniform_1

    【【どうなる群馬】J2ボトムズを語る 1201】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/12/01(金) 06:21:50.74 ID:CAP_USER9
    ロシア・ワールドカップ(W杯)で6大会連続の世界の舞台に立つ日本代表。2002年の日韓大会、2010年の南アフリカ大会で記録したベスト16の壁を越えることができるか、その戦いに注目が集まる。

     スペイン紙「マルカ」は、12月1日(日本時間2日午前0時)に行われる本大会の組み合わせ抽選会を前に、全32カ国の紹介記事を展開。「日本、固定された20年間」と見出しでハリルジャパンをクローズアップしている。欧州メディアから見ても、日本は“常連国”という立場を築いたようだ。

    「1998年から日本代表はW杯を逃していない。もちろん、彼らはロシアにも出場する。バヒド・ハリルホジッチとそのチームは、ほぼ苦労することなくグループB首位で出場権のチケットを手にした」

     W杯アジア最終予選の初戦UAE戦で波乱の黒星スタートを切った日本だが、最終節を残して本大会出場を決めたこともあってか、ロシアへの道のりは至難ではなかったと記している。

    「準々決勝進出は彼らの夢」

    注目選手の筆頭として香川、岡
    崎、本田、柴崎、清武の名前を挙げ、活躍を予想している

     注目選手の筆頭に挙げられているのは、日本が世界に誇る“小さな魔法使い”だ。

    記事では、「シンジ・カガワはユナイテッドでは陰に隠れていたが、ドルトムントでの第1ステージでの姿に戻りつつある」と分析。さらに、「オカザキ、ホンダ、キヨタケ、シバサキ。このフットボーラーの世代はW杯の舞台で見事に輝くだろう」と香川に続いてFW岡崎慎司(レスター)、FW本田圭佑(パチューカ)、MF清武弘嗣(セレッソ大阪)、MF柴崎岳(ヘタフェ)の名前を挙げ、活躍を予想している。

     指揮を執るハリルホジッチ監督については、2014年ブラジル大会でアルジェリア代表を史上初のベスト16に導いた手腕を「偉大なパフォーマンス」と称賛。その一方で、16強進出では日本代表にとっては大いなる達成とは呼べないとしている。

    「日本がそれを再現してもユートピア(理想郷)にはならない。侍軍団のレベルの高さ、そして、(16強が)前人未到ではないことが理由だ。2002年と2010年に彼らはすでに達成している」

     記事では最後に、本大会の展望について言及。「グループリーグを乗り越え、16強に進出することは日本人にとって満足いくものだろう。準々決勝進出は彼らの夢だが、その目標を叶えるにはグループリーグ突破が求められる」と記している。

     W杯ベスト8という“夢”を叶えるためにも、まずはグループリーグ突破が不可欠になる。

    11/30(木) 21:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171130-00010015-soccermzw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171130-00010015-soccermzw-000-7-view.jpg

    design_main_visual

    【<W杯常連国”日本をスペイン紙はどう見た?>「ベスト16を再現しても理想郷にはならない」「準々決勝進出は彼らの夢」 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/11/25(土)16:41:34 ID:IT4
    元日本代表DF加地亮(37)が25日、所属先のJ2岡山を通じて
    今季限りで現役を引退することを発表した。27日に記者会見を行う。

    兵庫県出身の加地は滝川二高から1998年にC大阪入りし、
    その後、大分、FC東京、G大阪に在籍。
    14年には米国でのプレーも経験し、15年から岡山に在籍していた。
    リーグ戦の通算成績はJ1が300試合3得点、J2が199試合4得点。


    全文はスポニチでお読みください。
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/11/25/kiji/20171125s00002014204000c.html

    ーーー以下他紙情報ーーー
    デイリースポーツ
    ・J2岡山 元日本代表代表DF加地亮が現役引退 06年ドイツW杯出場
    https://www.daily.co.jp/soccer/2017/11/25/0010763055.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/soccer/2017/11/25/Images/10763076.jpg

    1192625175

    【J2岡山DF加地亮 今季限りの引退を発表。現役20年国内リーグ戦499試合出場】の続きを読む

    このページのトップヘ