J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    2017年12月

    1: \(^.^)/ 2017/12/29(金) 16:31:41.86 ID:CAP_USER9
     モンテディオ山形は29日、清水エスパルスを退団することが発表されていたGK櫛引政敏(24)を獲得することが決まったと発表した。2016年のリオ五輪にも出場した世代きっての守護神は、生まれ育った東北の地で再スタートする。

     青森山田高出身の櫛引は2011年、清水に加入。3年目の13年にJリーグデビューを果たすと、14年までレギュラーに定着した。ところが15年にサブ起用が続くと、16年に鹿島、17年は岡山に期限付き移籍。ここでも出番は限られ、ついに今季限りでの退団が決まっていた。

     櫛引は山形の公式サイトを通じて、「チームが多くの試合に勝つために、自分のできることをやり切りたいと思います。そして、東北は自分が生まれた地域でもあるので、新たな気持ちで多くのことに挑戦していきたいと思います!」とコメントしている。

    12/29(金) 14:46配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-01648508-gekisaka-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171229-01648508-gekisaka-000-1-view.jpg

    yjimage (5)

    【<モンテディオ山形>リオ五輪代表GK櫛引政敏を獲得!生まれ育った東北の地で再スタート!世代きっての守護神 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/12/29(金) 23:07:55.46 ID:CAP_USER9
    組み合わせ
    http://www.jfa.jp/match/alljapan_highschool_2017/window.html

    年末年始の風物詩となる全国高校サッカー選手権。今年で96回目となる大会は12月30日に開幕する。

    遡(さかのぼ)れば、2005年度に野洲(滋賀県)が頂点に立ってから、高校サッカー界は群雄割拠の時代に突入した。
    以降、この大会では2016年度までの12年間のうち、野洲を含めてなんと10校が初優勝。まさにどこが栄冠を手にしてもおかしくない、戦国の様相を呈している。

    前回大会も、万年優勝候補止まりだった青森山田(青森県)が悲願の優勝旗を手にする一方で、
    ダークホースの東海大仰星(大阪府)や佐野日大(栃木県)が4強入りするなど、戦前の予想を覆(くつがえ)す波乱の大会となった。

    迎える今大会、昨季の覇者・青森山田が再びV候補に挙げられているが、はたして連覇を遂げることができるのか。
    あるいは、またも思わぬ伏兵校が台頭し、新たな初優勝校が誕生するのか。どちらにしても、近年の傾向どおり、熾烈な争いになることは間違いない。

    連覇を狙う青森山田は今年も磐石の布陣となっている。
    中心は、ヴィッセル神戸入りが内定しているU-18日本代表MF郷家友太(ごうけ・ゆうた/3年)。セカンドストライカーとしての役割を担い、ユース年代のトップリーグ・高円宮杯U-18プレミアリーグEASTでは得点王になった逸材だ。

    その郷家とともに注目を集めているのが、モンテディオ山形入りが内定しているFW中村駿太(なかむら・しゅんた/3年)。小学生時代からモンスター級の活躍を見せてきたストライカーで、フィジカルの強さを生かした強引な突破が光る。
    柏レイソルの下部組織育ちだが、高校選手権に憧れて、今年の春に青森山田に転籍してきた。

    このふたりを軸とした攻撃力は相当な破壊力がある。片や守備もそれに劣らず、安定感抜群。プレミアリーグEASTでは鹿島アントラーズユースに次ぐ、失点の少なさだった。
    攻守ともに充実した戦力で、プレミアリーグEASTでは最後まで優勝争いを演じてきた(最終的には3位)。実力の高さはすでに証明されており、2年連続で王者に輝くことも決して夢ではない。

    この青森山田の最大のライバルと目されているのは、西の雄・東福岡(福岡県)だ。

    チームの軸は、ガンバ大阪入りが内定しているMF福田湧矢(ふくだ・ゆうや/3年)と、ファジアーノ岡山入りが内定しているDF阿部海大(あべ・かいと/3年)。
    主将も務める福田は、ドリブル、パス、シュートと三拍子そろったゲームメーカー。阿部は、U-20日本代表にも名を連ねる大型のセンターバックで、高さと強さが売りだ。

    このふたりがセンターラインで存在感を示して、チームの攻守を支える。他にも技術の高い選手がそろっていて、左MF木橋朋暉(きはし・ともき/3年)と右MF沖野直哉(おきの・なおや/3年)による、伝統のサイド攻撃も健在。
    高校同士の対戦であれば、相手に主導権を握られることはほとんどない。2年ぶりの王座奪還も大いにある。

    >>2以降につづく

    12/28(木) 17:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171228-00010005-sportiva-socc

    yjimage (7)

    【<全国高校サッカー選手権>12月30日に開幕!今年で96回目「2強」の青森山田、東福岡を倒せるのはどこか? 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/12/29(金) 21:49:27.12 ID:CAP_USER9
    2017シーズンから千葉を率いてプレーオフ進出「日本で素晴らしい1年を過ごした」

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171229-00010014-soccermzw-000-7-view.jpg

    J2ジェフユナイテッド千葉は、アルゼンチン人のフアン・エスナイデル監督に率いられてリーグ6位でJ1昇格プレーオフに進出したが、準決勝で名古屋グランパス(2-4)に敗れた。惜しくも涙を呑む形となったが、エスナイデル監督は日本での生活に満足しており、「できれば長期間、日本にいたい」と絶賛しているという。アルゼンチン紙「ラ・キャピタル」が伝えた。

    エスナイデル監督を直撃した母国メディアは、現役時代に計5カ国を渡り歩いた経験豊富な指揮官を「世慣れ人」と称して次のように紹介している。

    「若い頃から夢を追求するために街を出た。ブエノスアイレスでの滞在後、スペインのマドリードを旅し、イタリア、ポルトガル、フランスなど、様々な都市のチームでプレーした」と言及。スペインのレアル・マドリードやアトレチコ・マドリードをはじめ、イタリアのユベントス、ポルトガルのポルト、フランスのアジャクシオに在籍した経験を持つ。

     エスナイデル監督はヘタフェのアシスタントコーチとして指導者の道を歩み始め、レアル・サラゴサやコルドバ、ヘタフェで指揮。2017シーズンから千葉の監督としてチームを率いるが、日本での生活を問われると笑みを見せながら次のように答えたという。

    「日本で素晴らしい1年を過ごした。私のキャリアの中でもベストだった」

     目標としていたJ1昇格は惜しくも果たせなかったが、それでも指揮官にとっては充実の日々だったようだ。「なぜ日本での1年が良かったのか?」と訊かれ、エスナイデル監督はその理由を明かしている。

    日本サッカーは「情熱に満ちている」

    「なぜなら、日本でのサッカーは驚くべきものだった。情熱に満ちており、暴力やクレームもない。誰もが夢見るほど全てがポジティブだったよ。私がいるクラブは最高で、全てを提供してくれるから、感謝と満足の気持ちしかない。素晴らしい1年を過ごし、来年はもっと良くなることを望んでいる」

     現役時代にレアルやユベントスなど世界的名門でプレーし、スペインのクラブで指揮を執ってきたエスナイデル監督にとって、日本は驚きに満ちた場所だったようだ。あらゆるものがポジティブに映ったと手放しで称賛している。

     話題はアジアサッカーへと移り、「日本で起きたブームが去った後、アジアの中心は中国になった」と振られ、エスナイデル監督はその事実は肯定した。しかし、日本の選手を称えつつ、サッカーの質も底上げが進んでいると指摘する。

    「ただ、日本には中国よりも良い国内選手が揃っている。中国は巨額を海外選手に費やしているが、日本には良い選手が揃っているし、サッカーも成長していると思う」

     さらにエスナイデル監督は就任1年目ながら、日本での生活に満足し、指揮官としても良い経験を積んでいると力説する。

    つづく

    12/29(金) 18:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171229-00010014-soccermzw-socc

    yjimage (4)

    【<千葉のエスナイデル監督>Jリーグと日本を絶賛!「私のキャリアの中でもベストだった」できれば長期間、日本にいたい」 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/12/29(金) 19:33:06.90 ID:CAP_USER9NIKU

    12/29(金) 19:27配信
    読売新聞

     サッカーJ1・G大阪の日本代表MF井手口陽介(21)が、イングランド2部のリーズへ完全移籍することが決まった。

     近く記者会見を行う予定。

     井手口はG大阪の下部組織出身で、今季はリーグ戦30試合4得点。以前から欧州のクラブでのプレーを希望していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00050071-yom-socc
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    yjimage (3)

    【井手口、イングランド2部のリーズに完全移籍 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/12/29(金) 20:48:25.01 ID:CAP_USER9
    ヴィッセル神戸は29日、ベガルタ仙台からMF三田啓貴を完全移籍で獲得したと発表した。

     現在27歳の三田は明治大学を卒業後、2013年にFC東京に加入した。2016年には仙台へ期限付き移籍を経験し、今季からは同チームに完全移籍を果たしていた。今季の明治安田生命J1リーグでは33試合に出場し5得点を記録している。

     三田は神戸の公式サイトを通じて以下のように抱負を語っている。

     「初めまして。ベガルタ仙台から加入することになりました三田啓貴です。ヴィッセル神戸でタイトルを獲るために覚悟を持って移籍してきました。どんな時でもひたすらに、がむしゃらにプレーすることが自分の特徴です。神戸の皆さんに認めてもらえるような活躍をしたいと思いますので応援よろしくお願い致します」

     また、三田は仙台の公式サイトにも次のようにコメントを述べた。

     「2年間という短い期間でしたが、お世話になりました。監督をはじめスタッフ、チームメート、フロントスタッフ、ファン、サポーター、スポンサーのみなさまにはどんな時も支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。チームが変わってもベガルタ仙台を応援し続けます。今まで本当にありがとうございました。」

    12/29(金) 15:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00691838-soccerk-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171229-00691838-soccerk-000-1-view.jpg

    yjimage (2)

    【<ヴィッセル神戸>ベガルタ仙台からMF三田啓貴を完全移籍で獲得!「タイトルを獲るために覚悟を持って移籍…」 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/12/29(金) 08:44:29.13 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3156975?act=all

    【12月29日 AFP】西アフリカのリベリアの選挙管理委員会は28日、大統領選挙の決選投票で、世界的に有名な元サッカー選手、ジョージ・ウェア(George Weah)候補(51)が勝利したと発表した。

     開票率98.1%の時点で、ウェア氏の得票率は61.5%と推計されている。対立候補のジョゼフ・ボアカイ(Joseph Boakai)現副大統領の得票率は38.5%で、大差での勝利となった。

     ウェア氏は、FIFA年間最優秀選手賞(FIFA World Player of the Year)とバロンドール(Ballon d'Or、欧州年間最優秀選手賞)を獲得したアフリカ史上唯一の選手。現役時代はフランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(PSG)やイタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)など欧州の一流チームでプレーしていた。

     平和的な政権移譲が実現すれば、リベリアでは過去70年で初となる。(c)AFP

    2017年12月29日 4:15 発信地:モンロビア/リベリア

    https://static01.nyt.com/images/2017/12/29/world/29LIBERIA-01w/merlin_131634002_7b023367-b9c5-43ca-8afe-636fe81888e2-articleLarge.jpg?quality=30&auto=webp

    yjimage (1)

    【【リベリア大統領選】元サッカー選手のジョージ・ウェア氏(51歳)が勝利 バロンドールを獲得したアフリカ史上唯一の選手 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/12/29(金) 11:01:00.78 ID:CAP_USER9
    1996年にスペインのFCバルセロナへ移籍し、1シーズン在籍したロナウド・ルイス・ナザーリオ・デ・リマ。
    当時のバルサのテクニカル部門長はサー・ボビー・ロブソンだった。

    シーズン2002-07にはレアル・マドリードに所属したロナウドは、インタビューで、FCバルセロナよりもマドリーに親しみを感じると述べた。

    『Esporte Interativo』のインタビューでロナウドは次のように語った。
    「僕はバルセロナよりもマドリーにずっと親しみを感じているし、感謝している。バルセロナではキャリア最高の瞬間を迎えたけれど。
    バルサでの僕の時代の終わりは、非常に悪い形で起きた。ネイマールの離脱の時にも似ている。」

    「(当時のFCバルセロナの幹部は)ロマーリオやロナウジーニョにしたような邪魔を僕にもした。
    いずれにせよ、バルセロナの街は信じられないくらい素晴らしい。
    だが、僕はよりマドリーに親しみを感じている。このクラブのアンバサダーとして活動もしている。」

    「(マドリーのアンバサダーとしての活動について)特にアジア方面で活動をしている。サッカーとまた関係することができて嬉しい。
    僕の人生はサッカーなんだ。サッカーが発展し、世界中のあらゆる地域で育つことが嬉しい。」

    2017年12月29日10時07分 SPORT
    http://sport-japanese.com/news/id/14587

    写真
    http://sport-japanese.com/uploads/media/news/0001/18/thumb_17598_news_main.jpeg

    yjimage (1)

    【<怪物ロナウド >レアル好き暴露!「僕はバルセロナよりもマドリーにずっと親しみを感じている。」 】の続きを読む

    このページのトップヘ