J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    2017年04月

    1: \(^.^)/ 2017/04/28(金) 15:27:59.12 ID:CAP_USER9
    久保裕也の市場価格は4か月で1.75倍に。

     いま市場価値がもっとも高い日本人フットボーラーは誰か?  ヨーロッパの移籍市場開幕を控えて気になる部分をランキング形式でおさらいしよう。
     
     参考にしたのは、世界中の移籍情報を扱うウェブサイト『transfermarkt』の推定市場価格。近年の成績、年齢、ポテンシャル、サイト読者の声、移籍市場での人気度、そして実際の移籍金などを総合して算出した“選手の価値”には、世界中のサッカー関係者が高い信頼を寄せている。
     
     トップに輝いたのは、1300万ユーロの香川真司(ドルトムント)。日本人ではただひとり1000万ユーロを超えたMFは、チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝のモナコ戦(第1レグ)で1得点・1アシストをマークするなど、ここにきて改めて存在感を示している。
     
     500万ユーロ差の800万ユーロで続いたのが、レスターの岡崎慎司だ。一般的に、30歳を超えると市場価格が大きく下落してしまうケースが少なくない。4月16日に31歳になったにもかかわらず、それほど価値が下がっていないのは、レスターのCL8強進出に貢献した献身的なプレーが評価されている証しだろう。
     
     3位は、今冬に欧州を離れてセレッソ大阪に復帰した清武弘嗣。500万ユーロでJリーガーでは唯一のトップ10入りを果たした。
     
     昨年6月に30歳になったとはいえ、7月の時点では700万ユーロの価値があった本田圭佑は、一気に350万ユーロへ半減し7位タイに。ミランでほとんど出場機会を与えられていない状況では致し方なしか。
     
     同じ7位でも、価値が急騰しているのが久保裕也だ。1月に移籍したヘントでここまで8得点とゴールを量産し、入団時は200万ユーロだった市場価格が、約4か月で1.75倍に。今夏には4大リーグへの移籍も期待され、今後も上昇していくのは間違いだろう。
     
     トップテンは以下の通り(1ユーロ=120円で換算)。
     
    1位:香川真司(ドルトムント/MF)1300万ユーロ(約15億6000万円)
     
    2位:岡崎慎司(レスター/FW)800万ユーロ(約9億6000万円)
     
    3位:清武弘嗣(セレッソ大阪/MF)500万ユーロ(約6億円)
     
    4位:武藤嘉紀(マインツ/FW)450万ユーロ(5億4000万円)
     
    5位:長友佑都(インテル/DF)430万ユーロ(5億1600万円)
     
    6位:吉田麻也(サウサンプトン/DF)400万ユーロ(4億8000万円)
     
    7位:本田圭佑(ミラン/MF)、久保裕也(ヘント/FW)、大迫勇也(ケルン)350万ユーロ(4億2000万円)
     
    10位:乾貴士(エイバル/MF)、原口元気(ヘルタ・ベルリン/MF)、酒井高徳(ハンブルク/DF)300万ユーロ(3億6000万円)
     
    文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

    SOCCER DIGEST Web 4/28(金) 11:24
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170428-00025066-sdigestw-socc

    香川

    【<日本人選手の市場価格TOP10>3位:清武弘嗣、2位:岡崎慎司、1位は?急落の本田圭佑、高騰中の久保裕也は何位? 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/04/28(金) 18:27:48.65 ID:CAP_USER9
    J2千葉 MF本田獲得を発表「これからも常に上を目指す」
    スポニチアネックス 4/28(金) 18:17配信

    J2千葉は28日、四国学院大香川西高のMF本田功輝(17)が2018年シーズンから加入することが内定したと発表した。

     徳島県出身の本田は2000年3月8日生まれの17歳で、身長1メートル71、体重68キロ。

     クラブを通じ、「夢だったプロサッカー選手になれることを嬉しく思います。関わってくれたすべての人に感謝しこれからも常に上を目指し頑張ります」とコメントしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000127-spnannex-socc

    じゅんいち

    【J2千葉 MF本田獲得を発表】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/04/28(金) 12:55:39.42 ID:CAP_USER9
    Jリーグにおける外国籍選手といえば、ブラジル人や韓国人のイメージが強い。しかし、近年その傾向は弱まり、ヨーロッパからも多くの選手が日本でのプレーを選ぶようになった。
    彼らはどんな思いを胸にJリーグのピッチに立っているのだろうか。第2回はJ2のFC岐阜で抜群の存在感を発揮するスペイン人MFシシーニョのJリーグへの憧れに迫った(不定期連載です)。(取材・文:舩木渉)

    ◆Jリーグとの出会いは3年前。福岡がお気に入りに

    「こんにちは! あなたとコンタクトを取りたいのですが、僕はどうすればいいですか?」
    これを読んでいる皆さんは覚えているだろうか。2016年9月のこと、ある1人の外国人選手が当時J1のアビスパ福岡にツイッターでラブコールを送った。

    シシーニョ・ゴンザレス・マルティネス。
    スペイン・カスティーリャ=ラ・マンチャ州のアルバセテ出身で、“シシ”という愛称で知られている。
    U-17スペイン代表時代にはダビド・シルバ(現マンチェスター・シティ)やセスク・ファブレガス(現チェルシー)、
    ホセ・マヌエル・フラード(現エスパニョール)らと共にU-17世界選手権準優勝を経験しているMFだ。

    バレンシアの下部組織時代にはスペイン最高の才能と称賛を浴びた小柄なコンダクターは今季からFC岐阜に加入し、「シシーニョ」という登録名で早くもチームの中心の1人として活躍している。
    本人曰く「念願叶って」のJリーグ移籍はいかにして実現したのだろうか。

    「スペインにいた時、日本人の友だちがアビスパ福岡のファンだった。それで3年前からアビスパ福岡の試合を見始めて、チームの動向を追いかけていたんだ」

    いまから3年前、シシーニョはスペイン1部のオサスナに在籍していた。その年の夏、所属クラブは1部から2部へ降格してしまうのだが、
    当時日本で販売されていた欧州サッカーの選手名鑑に名前や写真が載っているほど実績のある選手である。そんな彼はアビスパ福岡のファンになった。

     その後2015年の後半は韓国2部の水原FC、2016年はポーランド1部のレフ・ポズナンとギリシャ1部のヴェリアで半年ずつプレーし、今年念願のJリーグ移籍を叶えた。
    福岡へのアプローチは実らなかったが、どういった経緯で来日を実現させたのだろうか。

    「日本でプレーしたくて、『Jリーグに行きたい!』と代理人に話しをしたんだ。そうしたら彼が日本の代理人やクラブに連絡をとってくれて、オファーをもらえた。その時は本当に嬉しかったね」

    シシーニョはFC岐阜加入後、すぐさま主力に定着した。身長168cmのMFは、Jリーグのピッチでも小柄さが一際目立つ。基礎技術のレベルが高く、簡単にボールを奪われない。
    両足から繰り出される高精度のパスはJ2のレベルを飛び越えて、世界基準を示してくれる。

    >>2以降につづく   全文  フットボールチャンネル 4/28(金) 7:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170428-00010002-footballc-socc&p=1

    シシーニョ

    【<YOUはどうしてJリーグに?>FC岐阜の元スペインU-21代表MFシシーニョ。ついに叶った日本移籍】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/04/21(金) 12:57:16.72 ID:CAP_USER9
    大相撲が稀勢の里フィーバーに沸いている。相次ぐ不祥事で人気が低迷した時代がウソのようだ。

    3年前から人気が戻り始め、「スー女」なる言葉も飛び出した。
    ただ大相撲の復活は「土俵の充実」あってのもの。Jリーグが大相撲に学ぶとすれば「ピッチの充実」である。

    J1の16位とJ2の3位による入れ替え戦が来季、10年ぶりに復活する可能性があるという。

    筆者は賛成の立場だ。J1昇格プレーオフ(3~6位によるトーナメント)は12年から採用されているが、
    勝ち上がってきた大分、徳島、山形、福岡は翌年いずれも最下位に終わり、降格の憂き目にあっている。

    今年こそC大阪が健闘しているとはいえ、近年の状況を考えても制度を見直すにはいいタイミングだった。

    無論、J2だけを考えればプレーオフは悪くない制度だといえる。
    J1より4チーム多い22チームで構成されており、6位まで昇格の可能性を残すとなると“消化試合”は減る。
    プレーオフ進出が懸かることで観客動員につながるなどメリットは多い。

    だが、Jリーグの顔はあくまでJ1だ。1チームでもレベルがグッと落ちてしまうと「ピッチの充実」は満たさない。
    白熱した試合をファンに一つでも多く提供して「J1の充実」を図ることが、人気回復の一助になると筆者は考える。

    最後の入れ替え戦となった08年の磐田―仙台は忘れもしない。死力を尽くした好ゲームだった。

    2戦合計2―3で敗れ、昇格を逃した手倉森誠監督が「シーズンを最後までやり切った」と胸を張ったことが強い印象として残っている。
    仙台は翌年にJ2を制して7年ぶりに昇格を果たし、以降ずっとJ1に定着している。入れ替え戦の悔しさが、彼らの糧となったことは言うまでもない。

    人気回復へ「ピッチの充実」は、待ったなしだ。入れ替え戦の復活は、外せない重要案件である。(スポーツライター)

    スポーツ報知 4/21(金) 12:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000061-sph-socc

    ◆J1、J2入れ替え戦10年ぶり復活も…契約者担当会議で提案

    Jリーグは19日、都内で契約担当者会議を開き、
    J1の下位3チームが自動降格する制度を来季から変更し、J1の16位とJ2の3位による入れ替え戦を実施する案が提示された。

    今後の実行委員会や理事会で承認されれば、2008年まで行われた入れ替え戦が10年ぶりに復活する。

    関係者によるとJ2の3~6位、もしくは3~5位による昇格プレーオフにJ1の16位を組み込む案も検討されている。
    J1の17、18位の自動降格とJ2の1、2位の自動昇格は維持する。

    入れ替え戦が廃止された09年以降、J2の3~6位で昇格したクラブはすべて翌年にJ2へ逆戻りした。
    一方、J1の16位で降格したクラブは昨季の松本を除き1年でJ1に復帰しており、3枠目で入れ替わったチームの実力差が指摘されてきた。

    スポーツ報知 4/20(木) 6:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000042-sph-socc

    サッカー 相撲

    【<Jリーグ>大相撲に学ぶとすれば「ピッチの充実」 入れ替え戦の復活は、外せない重要案件】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/04/21(金) 01:12:11.74 ID:jXrxqOYv0
    殺伐とした雰囲気もいいんだが お隣の様子も気になるのが九州人の性。
    ここは九州のJクラブ及びJを目指すクラブ及びJに興味があるクラブのサポが
    マターリと交流する紳士の社交場です。
    殺伐なしのマターリ進行でお願いします。

    九州のサッカーシーンを熱くする「九州J-Park」
    http://www.kyushu-j.jp/

    ↑更新停止中。J's GOAL見てちょ

    ガンバロウ九州



    【【J1鳥】九州のJ交流スレ18【J2蜂長馬酉J3波薩琉】】の続きを読む

    2: U-名無しさん 2017/04/14(金) 13:20:56.68 ID:h+E55Aoh0
    【ボトムズ八箇条】 
    ★謙虚な気持ちになる 
    ★上位相手に負けても落ち込まない 
    ★最下位との勝ち点差が常に気になる 
    ★補強話に超敏感 
    ★選手が活躍するとむしろ引抜きを心配してしまう 
    ★ホームで勝てなくても一年までは我慢する 
    ★チームは海岸の砂に描いた絵。波にさらわれまた描き直す 
    ★名無しは荒らしと思え!


    ボトムズ 2
    【J2ボトムズを語る 0428】の続きを読む

    432: \(^.^)/ 2017/04/23(日) 20:21:45.00 ID:KtaYo3hn0
    今節の俺たちのJリーグ 

    J1 
    第8節04/21 
    川崎フロンターレー清水エスパルス   等々力   17,358 
    ガンバ大阪-大宮アルディージャ    吹田S    13,074 
    第8節04/22 
    浦和レッズ-北海道コンサドーレ札幌  埼玉    36,880 
    ヴァンフォーレ甲府-セレッソ大阪   中銀スタ   11,038 
    サンフレッチェ広島-ベガルタ仙台   Eスタ    10,814 
    鹿島アントラーズ-ジュビロ磐田    カシマ    18,276 
    柏レイソル-横浜F・マリノス       柏      10,268 
    アルビレックス新潟-FC東京     デンカS    18,292 
    サガン鳥栖-ヴィッセル神戸     ベアスタ    11,088 
                       総来場147,088   平均16,343 


    J2 
    第9節04/22 
    水戸ホーリーホック-アビスパ福岡   Ksスタ    3,023 
    名古屋グランパス-レノファ山口FC  パロ瑞穂    8,883 
    東京ヴェルディ-ザスパクサツ群馬  味スタ      2,786 
    FC町田ゼルビア-徳島ヴォルティス  町田      2,710 
    京都サンガF.C-松本山雅FC      西京極     7,625 
    愛媛FC-V・ファーレン長崎       ニンスタ    2,280 
    湘南ベルマーレ- 大分トリニータ    BMWス    7,101 
    横浜FC-ジェフユナイテッド千葉    ニッパツ    5,367 
    第8節04/23 
    ファジアーノ岡山-モンテディオ山形  Cスタ      8,104 
    カマタマーレ讃岐-FC岐阜       ピカスタ     3,006 
    ツエーゲン金沢-ロアッソ熊本     石川西部    3,322 
                       総来場54,207     平均4,928

    吹田スタジアム


    【2017Jリーグの観客動員を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ