J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    1: \(^.^)/ 2018/02/15(木) 00:03:31.71 ID:CAP_USER9
    [2.14 ACLグループリーグ第1節 鹿島1-1上海申花 カシマ]

    スタンドの景色は少しだけ寂しかった。
    7年半ぶりに復帰したDF内田篤人の鹿島アントラーズでの公式戦出場は10年5月12日のACL決勝トーナメント1回戦・浦項戦(カシマ)以来、2835日ぶり。
    しかし、気温5.4度の平日ナイターという“悪条件”の中、入場者数は9192人だった。

    昨年2月21日にカシマスタジアムで行われたACL初戦の蔚山現代戦の入場者数は7860人。
    昨季からは上積みされたが、試合後のインタビューで久々にスタンドの鹿島サポーターを見てどう感じたかを聞かれた内田は
    「もうちょっと埋まってほしいね」と冗談交じりに答えつつ、「平日だし、初戦だし、普通の人はなかなかスタジアムに足を運んでくれない」と理解を示すと、
    「一緒に勝ち点3を味わえるように選手が頑張らないと」と強調。
    何よりも選手がピッチでサポーターの心を動かすようなプレーを見せるべく、決意を新たにしていた。

    (取材・文 西山紘平)


    ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?237859-237859-fl
    https://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/238000/237859/news_237859_1.jpg

    news_235844_1

    【Jリーグ復帰の内田篤人(鹿島)、少ない観衆を嘆く 「もうちょっと埋まってほしいね」 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/02/15(木) 18:20:30.97 ID:CAP_USER9
    2/15(木) 18:13配信
    世界上位17カ国に変動なし、ドイツか6回連続で1位の座を死守

     国際サッカー連盟(FIFA)は15日、最新のFIFAランキング(2月分)を発表した。


     1月の発表時に56位だった日本は55位に浮上したものの、アジア三番は変わらなかった。アジア全体では、イランが34位から33位となり依然としてトップをキープ。オーストラリアは36位で変わらず、前回同様にアジア二番手となった。前回59位の韓国は58位、同65位のサウジアラビアは64位。6月のロシア・ワールドカップに出場する5カ国がアジア上位を占めた。

     世界の上位国では、ドイツが9月発表分から6回連続1位でトップの座を死守。2位ブラジル、3位ポルトガル、4位アルゼンチン、5位ベルギーをはじめ、上位17カ国に変動はなかった。

     また6月のロシア・ワールドカップ出場32か国で見ると日本は29番手となり、その下は韓国、ロシア、サウジアラビアとなっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00010018-soccermzw-socc

    title

    【最新FIFAランク発表! 日本は56位から55位浮上、W杯出場32か国中29位に 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/02/15(木) 00:18:28.29 ID:CAP_USER9
    J2昇格の要件緩和
    観客数撤廃、秋田に追い風
    2018/2/14 17:48
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/336429026900231265

    サッカーJ3のブラウブリッツ秋田とJリーグは14日、2018シーズンからJ2昇格の要件が緩和されると明らかにした。「1試合当たりの平均観客数が3千人以上」と「年間広告収入が1億円以上」の要件がなくなる。昨季J3で優勝するも、要件を満たせず昇格を逃した秋田には追い風となりそうだ。

    Jリーグによると、1月30日に開いた理事会で、2要件の撤廃を決めた。クラブの財政状況が良好であるとの要件と重複すると判断したという。

    J2昇格を目指す秋田の昨季の平均観客数は約2400人だった。

    2017gate

    【J2昇格の要件緩和、観客数撤廃 J3のブラウブリッツ秋田に追い風 2018シーズンから[18/02/14] 】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2018/02/15(木) 07:17:24.07 ID:CAP_USER9
    2/15(木) 7:11配信
    ラモス氏、ビーチサッカー日本代表監督就任で中村俊輔&遠藤保仁にラブコール

     ビーチサッカー日本代表監督に就任した元サッカー日本代表MFのラモス瑠偉氏(61)が14日、都内のJFAハウスで就任会見を行った。過去4度W杯で指揮を執り、19年大会(開催地未定)で5度目の出場を目指す。

     09年には元日本代表MF前園真聖氏(44)を招集してW杯で8強入り。今回も「俊輔とか遠藤とかどうかな」と中村俊輔(39)=磐田=、遠藤保仁(38)=G大阪=にラブコールを送った。ラモス氏は16年12月に脳梗塞で倒れたが、リハビリを経て回復。医師の許可も得ての就任となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000034-sph-socc

    20180208_ramos_getty-560x373

    【ラモス氏、ビーチサッカー日本代表監督就任で中村俊輔&遠藤保仁にラブコール 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/02/15(木) 06:47:28.39 ID:CAP_USER9
    2/15(木) 6:36配信
    レアル、3発逆転勝利でネイマール擁するPSG下す! C・ロナウドがCL通算100得点超え

    【レアル・マドリー 3-1 PSG チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】


     現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、レアル・マドリーはパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎えて対戦。

     試合開始して26分、クリスティアーノ・ロナウドがゴール真正面からフリーキックを蹴ったがゴール上に外れ先制ならず。直後の28分にもC・ロナウドに決定的な場面が訪れるが、PSGのGKアルフォンス・アレオラにセーブされて得点が決まらない。

     反対に33分、クロスボールをネイマールがゴール前で落とし、後ろから走り込んできたアドリアン・ラビオが押し込んでPSGに先制点が入った。それでも45分、トニ・クロースがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得すると、このPKをC・ロナウドがしっかりと決めてマドリーが同点に追いつく。

     続く83分、GKアレオラが弾いたボールをC・ロナウドが押し込みマドリーが逆転に成功。さらに86分、味方がゴール前に折り返したボールをマルセロがダイレクトで流し込み3点目が入った。結局、リードを守り切ったマドリーが3-1の勝利をおさめている。2ndレグは現地時間3月6日にPSGのホームで行われる予定だ。

    【得点者】
    33分 0-1 ラビオ(PSG)
    45分 1-1 C・ロナウド(マドリー)
    83分 2-1 C・ロナウド(マドリー)
    86分 3-1 マルセロ(マドリー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256178-footballc-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180215-00256178-footballc-000-1-view.jpg

    GettyImages-906248226a-800x533

    【レアル、3発逆転勝利でネイマール擁するPSG下す! C・ロナウドがCL通算100得点超え 】の続きを読む

    このページのトップヘ