J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    1: \(^.^)/ 2017/09/19(火) 20:13:18.05 ID:CAP_USER9
    「笑うしかない」「雑コラにもほどがある」――。スペインのサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」公式SNSに投稿された一枚のコラージュ画像が、日本のサッカーファンの間で反響を呼んでいる。

     画像に写っているのは、リーガ1部・ヘタフェに所属する柴崎岳(25)。なぜか、人気少年漫画「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空の髪型が合成されており、全身からは金色の「気」が発せられている。

    ■「柴崎岳が悟空になってる!」

     柴崎は2017年9月16日(現地時間)に行われた対バルセロナ戦に先発出場。前半38分、味方が頭で浮かせたボールの落ち際を左足で完璧に捉えた。ペナルティーエリアの外側から放たれた豪快なボレーシュートは、ゴール右上に綺麗に突き刺さった。

     試合は1-2でバルセロナが勝利し、チームは敗北したが、柴崎にとってこのゴールはスペイン1部での初得点。柴崎は後半9分に左足を痛め負傷退場したが、鮮烈なデビュー弾は大きな話題を集めた。

     このゴールを受け、リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターとインスタグラムは9月17日、

      「ガクは公式戦でバルセロナとレアル・マドリードの両方を相手にゴールを決めた初めての日本人だ」(原文はスペイン語、編集部訳)

    などと柴崎を称えた。柴崎は鹿島アントラーズ在籍時の16年12月、クラブワールドカップ決勝で欧州王者のレアルを相手に2ゴールを決めている。

     ただ、この投稿に添えられていた画像は、上述のように柴崎の全身写真とアニメの「孫悟空」をコラージュさせたものだった。この「コラ画像」は日本のサッカーファンの間で大きな話題を呼び、ツイッターやネット掲示板には、

      「柴崎岳が悟空になってる!笑」
      「ドラゴンボールのコラは笑うしかないw」
      「オフィシャルで遊んでるのかよw」

    といった声が相次ぐことになった。なかには、コラージュ画像の出来栄えが雑だとして、「2chでももうちょいマシな雑コラ作ってくるぞ」「リーガ公式がこんなに雑でええんか…」など揶揄するような意見もみられた。

    「Gaku」と「Goku」が似ているため
     なぜ、柴崎と孫悟空をコラージュしたのか。実は、海外のサッカーファンの間では、柴崎の下の名前の「Gaku」(岳)が、「Goku」(悟空)に似ているとして、柴崎と孫悟空を絡めたジョークが以前から交わされていた。

     実際、柴崎がバルセロナ戦でボレーシュートを決めた直後から、ツイッター上では、

      「ガクがゴール!もう彼のことはスーパーゴクウと呼ぼう!」
      「柴崎岳がゴクウのようなゴールを決めた!! 」
      「柴崎ゴクウがやったぞ」

    といった海外ファンの歓声が飛び交っていた。

     そのほか、バルセロナ戦でのゴールについては、リーガ・エスパニョーラ公式SNSだけではなく、米スポーツ専門チャンネルESPNの番組「Sports Center」のスペイン語版公式ツイッターアカウントも17日未明(日本時間)に、

      「彼はガクという名前だが、ゴクウよりも力強い」

    などと投稿。また、アルゼンチンのスポーツメディア「Toda Pasion」も16日深夜に、「ゴクウのゴラッソ(?)」と柴崎のシュートを称えるツイートを投稿していた。

    9/19(火) 19:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000017-jct-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170919-00000017-jct-000-view.jpg


    news_20170919194126_thum800

    【<柴崎岳>「超サイヤ人」に!? リーガ公式「孫悟空コラ」に反響!「オフィシャルで遊んでるのかよw」】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/09/19(火) 12:15:07.94 ID:CAP_USER9
    “来季昇格できない”沼津がJ3首位に! 彼らはなぜ熱く、勝利へ邁進できるのか
    9/19(火) 6:43配信

    ・4位・富山との上位対決は2-0の勝利。

    J3に『下からの風』が巻き起こっている。23節を前にして、17チーム中の首位はブラウブリッツ秋田で、2位がアスルクラロ沼津。
    いずれも2018シーズンのJ2ライセンスを取得する見込みが立っていないクラブだ。J3からJ2への自動昇格枠は『2』だが、両クラブがこのまま走れば昇降格枠は『0』になる。

    沼津は2014年に地域リーグからまずJFLに入会。J3発足によってクラブが抜け、JFLの枠が空いたことによる昇格だった。
    昨季のJFLで年間3位の成績を収めて昇格し、今季はJ3初年度を迎えている。
    とはいえチームを取り巻く状況は吉田謙監督が「Jリーグ全体の中でも下位の下位の下位の悪環境」と語るレベルだ。
    午前中にボールを蹴り、午後は仕事に向かうというサイクルで、選手たちは生活している。
     
    17日の23節、沼津は愛鷹広域公園多目的競技場にカターレ富山を迎えた。富山は沼津から勝点5差の4位。
    こちらにとっても4年ぶりのJ2復帰に向けて、上位を叩かねばならないという大一番だった。
     
    台風18号の影響でスタジアムには強烈な風が吹き荒れており、ピッチサイドの看板はすべて撤去。
    バックスタンドと両ゴール裏の芝生席は入場禁止で、チームフラッグも掲揚されていなかった。
     
    風上を取った沼津が、試合の立ち上がりからラッシュをかける。沼津の先制点は開始45秒。
    相手のパスを中盤で奪って右サイドに運び、白石智之がクロスボールを送る。上手く裏を取った青木翔太が、ボレーを合わせた。
     
    吉田監督の妙手が先制点につながった。クロスを上げた白石智之は
    「左で出るはずだったけれど、相手が(中村)亮太の対策をしてきたので右サイド(MF)に入った」と振り返る。
    空中戦の強い中村に対して、富山は左SBに柳下大樹を起用する対策を採っていた。その裏を突いた試合直前の『サイド入替』が先制点につながった。
     
    後半は逆に強い向かい風を受けることになったが、押し込まれつつ隙を見せない試合運びで逃げ切った。
    経営規模や「J2で6年戦ったクラブを倒した」という事実を見ればジャイアントキリングかもしれないが、沼津が戦術と内容の両面で上回った2-0の完勝だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170919-00030126-sdigestw-socc

    C9qBtLOUMAAHRkQ (1)

    【“来季昇格できない”沼津がJ3首位に! 群馬県出身白石「沼津と秋田が1位2位でザスパのJ3降格はなくなる」】の続きを読む

    このページのトップヘ