J2いろいろ

~サッカーJ2を中心にまとめます~

    J2を中心にサッカーをアツくまとめます

    1: \(^.^)/ 2017/09/16(土) 13:44:57.18 ID:CAP_USER9
    【岩政大樹オン・ザ・ピッチ】J2の多くのチームが6位狙いの現実

     J1は9試合、J2も10試合を残すのみとなりました。ここからは優勝争い、残留争い、昇格争いとそれぞれの立ち位置を意識した戦いにスイッチしていきます。
    現実から目を背けることはできず、いやが上にも順位表とにらめっこしながらの戦いとなります。

     J2の昇格プレーオフ進出がかかる6位争いは熾(し)烈を極めています。
    連勝すれば6位に食い込めるチームがかなりの数ひそんでいて、これくらいの勝ち点差ならあってないようなもの。10試合で全てが決まる戦いといえます。

     J2の推移を見ていて、毎年思うことがあります。それは、多くのチームが昇格ではなく、6位を目指してリーグを戦っているということです。
    このレギュレーションでは当たり前かもしれませんが、ほんのわずかのチーム以外は6位ばかりを意識して一年を過ごしているように感じます。

     確かにJ2では各チームの力が拮抗(きっこう)していて、僅差の試合になることが多く、中位のあたりで多くのチームが競うことになるのは論理的だと思います。
    ただ、それ以上に、多くのチームが6位を意識してリーグを戦うことによって6位前後で混戦になっているように思うのです。

     J1で頭一つ抜け出した鹿島には、この点で大きなアドバンテージがあると思います。
    クラブを取り巻くあらゆるものが「2位以下は失敗」という空気で統一されています。
    例えばシーズン途中で2位や3位につけたときに「いい位置だ」と思うことなく「1位を目指さなければ」というムードを作り出してくれます。

     12年間Jリーグでプレーした実感として、「どこを意識するか」の差は小さくも歴然としています。
    選手たちにモチベーションが下がるとかサボるとかいうことは決してありませんが、気づかぬうちに巣食う、無意識レベルのほんの小さな違いなのです。
    しかし、それこそが勝負を分けるディテールになる。今年の順位表を見ながら、そんなことを思い出しています。
    (東京ユナイテッドDF、元日本代表)

    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170915-OHT1T50296.html

    201702030004-spnavi_2017020300014_view

    【J2の多くのチームが6位狙いの現実(岩政大樹オン・ザ・ピッチ)】の続きを読む

    1: \(^.^)/ 2017/09/19(火) 20:13:18.05 ID:CAP_USER9
    「笑うしかない」「雑コラにもほどがある」――。スペインのサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」公式SNSに投稿された一枚のコラージュ画像が、日本のサッカーファンの間で反響を呼んでいる。

     画像に写っているのは、リーガ1部・ヘタフェに所属する柴崎岳(25)。なぜか、人気少年漫画「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空の髪型が合成されており、全身からは金色の「気」が発せられている。

    ■「柴崎岳が悟空になってる!」

     柴崎は2017年9月16日(現地時間)に行われた対バルセロナ戦に先発出場。前半38分、味方が頭で浮かせたボールの落ち際を左足で完璧に捉えた。ペナルティーエリアの外側から放たれた豪快なボレーシュートは、ゴール右上に綺麗に突き刺さった。

     試合は1-2でバルセロナが勝利し、チームは敗北したが、柴崎にとってこのゴールはスペイン1部での初得点。柴崎は後半9分に左足を痛め負傷退場したが、鮮烈なデビュー弾は大きな話題を集めた。

     このゴールを受け、リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターとインスタグラムは9月17日、

      「ガクは公式戦でバルセロナとレアル・マドリードの両方を相手にゴールを決めた初めての日本人だ」(原文はスペイン語、編集部訳)

    などと柴崎を称えた。柴崎は鹿島アントラーズ在籍時の16年12月、クラブワールドカップ決勝で欧州王者のレアルを相手に2ゴールを決めている。

     ただ、この投稿に添えられていた画像は、上述のように柴崎の全身写真とアニメの「孫悟空」をコラージュさせたものだった。この「コラ画像」は日本のサッカーファンの間で大きな話題を呼び、ツイッターやネット掲示板には、

      「柴崎岳が悟空になってる!笑」
      「ドラゴンボールのコラは笑うしかないw」
      「オフィシャルで遊んでるのかよw」

    といった声が相次ぐことになった。なかには、コラージュ画像の出来栄えが雑だとして、「2chでももうちょいマシな雑コラ作ってくるぞ」「リーガ公式がこんなに雑でええんか…」など揶揄するような意見もみられた。

    「Gaku」と「Goku」が似ているため
     なぜ、柴崎と孫悟空をコラージュしたのか。実は、海外のサッカーファンの間では、柴崎の下の名前の「Gaku」(岳)が、「Goku」(悟空)に似ているとして、柴崎と孫悟空を絡めたジョークが以前から交わされていた。

     実際、柴崎がバルセロナ戦でボレーシュートを決めた直後から、ツイッター上では、

      「ガクがゴール!もう彼のことはスーパーゴクウと呼ぼう!」
      「柴崎岳がゴクウのようなゴールを決めた!! 」
      「柴崎ゴクウがやったぞ」

    といった海外ファンの歓声が飛び交っていた。

     そのほか、バルセロナ戦でのゴールについては、リーガ・エスパニョーラ公式SNSだけではなく、米スポーツ専門チャンネルESPNの番組「Sports Center」のスペイン語版公式ツイッターアカウントも17日未明(日本時間)に、

      「彼はガクという名前だが、ゴクウよりも力強い」

    などと投稿。また、アルゼンチンのスポーツメディア「Toda Pasion」も16日深夜に、「ゴクウのゴラッソ(?)」と柴崎のシュートを称えるツイートを投稿していた。

    9/19(火) 19:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000017-jct-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170919-00000017-jct-000-view.jpg


    news_20170919194126_thum800

    【<柴崎岳>「超サイヤ人」に!? リーガ公式「孫悟空コラ」に反響!「オフィシャルで遊んでるのかよw」】の続きを読む

    このページのトップヘ